結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-07-30 06:11
投稿日:2021-07-30 06:00
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、「疫病神」としか思えなかったという夫を見限った30代後半女性の離婚事情に迫ります。

元夫との奇妙な出会い

変なの拾っちゃったな…(写真:iStock)
変なの拾っちゃったな… (写真:iStock)

「こういうことを言うと、宗教や自己啓発にハマりすぎた人って目で見られることもあるのですが、元夫は“疫病神”でした」

 Eさんは離婚した夫と3年半ともに暮らし続けた女性。コロナ禍に突入して1年ほど経ったところで夫に離婚を切り出し、協議で別れました。

「出会いは、深夜のバル。友人と飲みに行っていたときに、たまたま隣の席に座った元夫と意気投合して、その日は深夜まで飲み続けました。

 それで、時間も遅いしそろそろ帰ろうってなったときに『いいよ』って言っていないのに、私のタクシーに転がり込んできて。『家に帰りたくないから、付いていく』って言われて、こっちも酔っていたし、まぁいいかって感じで、ウチに泊めました。 

 カラダを求められたけど、そこは頑なに拒否しました。翌朝もなかなか帰ろうとしないので『変なのを拾ってきちゃったなぁ…』って後悔したのを、今でも痛烈に覚えています」

流されるまま入籍

突然押しかけてきて…(写真:iStock)
突然押しかけてきて… (写真:iStock)

 ひょんな出会いだったふたり。その後、何度か連絡を取りあっていると、約束もしていないのに元夫が家に突然押しかけてくることが増え、気づけばそのまま居着いていたとか。

「同棲しようって話したわけでもなかったし、気づいたらウチに住んでいましたね。それで今度は『入籍したい』って、記入済みの婚姻届を渡されて。プロポーズもなかったので『え?』って感じでしたけど、もともと私は流されやすい性格のせいか『まぁいっか』って感じで入籍しちゃったんです」

 もともと、親との関係が良くないというEさん。18歳で実家を出てからは親と会うことも話すこともほとんどなかったことから、結婚前に元夫を親に会わせることもしなかったそう。また、元夫もなぜか自分の家族の話を避けていたので、相手の親にも会わずに結婚をしたそうです。

「ところが、そんな元夫と結婚してから、私の身に“災い”ばかりが起きるようになったんです……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性が遠ざかる…非モテ女子の特徴3つ&モテるための秘訣♡
 美人で可愛くても、なぜかまったくモテない「非モテ女子」。女性から見るとどうして?と思ってしまいますが、そこには男性を遠...
恋バナ調査隊 2021-09-26 06:00 ラブ
眞子さまのご結婚問題に思う…結婚を反対してはいけない理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年...
山崎世美子 2021-09-25 06:00 ラブ
結婚を望まれても…半同棲中の恋人との別れを意識する男性
「冷酷と激情のあいだvol.57〜女性編〜」では、恋人がおかした過去の過ちをどうしても許せずに苦しむ女性・Eさんの胸中を...
並木まき 2021-09-26 05:34 ラブ
過去の浮気は許せないけど…彼のプロポーズを待つ女性の胸中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-25 06:28 ラブ
不倫相手の図々しいLINEに戦慄…妻が怒りで我を失った内容5つ
 旦那の不倫——。ただでさえ辛いのに、引いてしまうような図々しい発言をする不倫相手も多いようです。最近では不倫相手と直接...
恋バナ調査隊 2021-09-25 06:28 ラブ
結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ