沖縄気分を満喫! 2021.8.15(日)

コクハク編集部
更新日:2021-08-15 15:51
投稿日:2021-08-15 06:00
 夏本番の暑さ、本来であれば南の島でリゾートを満喫したいですが、沖縄は緊急事態宣言中です。早く事態が落ち着くことを祈りつつ、近所のスーパーでは“沖縄フェア”を開催していたので、気になる商品を買ってみました。
紅いもタルト(写真上)雪塩ちんすこう(左)さんぴん茶(C)コクハク
紅いもタルト(写真上)雪塩ちんすこう(左)さんぴん茶 (C)コクハク

■御菓子御殿「紅いもタルト」108円
 沖縄のお土産といえば、「紅芋タルト」ですよね♪ 職場では、毎年誰かしら沖縄に行っていたのでいただく機会もありました。最近は食べていなかったので、ひとつだけ購入。飽きのこないおいしさです。

■南風堂「雪塩ちんすこう ミルク風味」138円(税込み=以下同)
 大好きな雪塩ちんすこうに、ミルク風味が出ていたなんて知りませんでした! プレーン味にミルクのまろやかさがプラスされていました。甘じょっぱくて、疲れた体が生き返ります。本当は海を泳いだあとに食べたいですが、いまは我慢の時ですね。

■さんぴん茶 181円
 沖縄に着いたら、まず購入するのがこのさんぴん茶! 普通のジャスミン茶よりも、茶葉が濃く感じます。沖縄のギラギラな太陽の下で飲むと、このほろ苦さがちょうどいいんです♪ 焼酎で割って、さんぴん茶ハイにして飲むのもオススメです。

暑い日に飲むとサイコー

シュワッとしておいしい!(C)コクハク
シュワッとしておいしい! (C)コクハク

■シークヮーサーソーダ 106円
 こちらのシークヮーサーソーダは初購入。沖縄県産のシークヮーサー果汁使用した炭酸飲料です。すごく酸っぱいのかと思いましたが、飲みやすい! 甘くておいしいです。のどごしがいいので、焼酎と割って飲むとサイコーです。夏にピッタリの味わいで、リピートしたいと思いました。

紅芋のコクを楽しむ

紅芋&バニラアイスバー(上)/紅いもタルトアイス(C)コクハク
紅芋&バニラアイスバー(上)/紅いもタルトアイス (C)コクハク

■アンデイコ「紅芋&バニラアイスバー」 138円
 沖縄県産「ちゅら恋紅」を使用した紅いもアイス。バニラアイスと2層仕立てになっていて、相性抜群。まろやかな味わいでとってもおいしいです。沖縄らしさを感じられる黄色と朱色のパッケージが目印です。

■御菓子御殿「紅いもタルトアイス」 159円
 沖縄明治乳業と御菓子御殿「紅いもタルト」とのコラボ商品。紅いも味のアイスの下に、くだいたクッキーが入ったカスタード味のアイスが敷かれています。沖縄で食べる紅芋アイスと同じ味で、食べていてハッピーな気分になりました♪

まとめ

 宮古島や石垣島に想いを馳せながら、いろいろと食べてみた結果、気分だけでも沖縄を感じることが出来ました。ただ、さらに行きたい思いが募りました(笑)。沖縄に限らず、全国の名産品をおいしく食べて生産者の皆さんを応援していきたいですね♪

(編集S/コクハク編集部)

関連キーワード

フード 新着一覧


大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...