なにそれ…既読スルーしたくなる男性からの残念LINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-27 06:00
投稿日:2021-06-27 06:00
 連絡ツールとして欠かせないLINEですが、気軽に送ることができるからこそ、そのやりとりにまつわる悩みも多いんですよね。
 今回取り上げるのは、そんな中でも思わず既読スルーしたくなる男性からの残念LINEです。少し変わった癖のある残念LINE……あなたならこのLINE、返しますか?

既読スルーしたくなる男性からの残念LINE5選

1.「この写真にセリフをつけてください」

 こちらのLINEは、付き合いは長いものの、いつもあまり会話が弾まない知り合い程度の男性から届いたものです。しかし、内容は、まさかの突然の大喜利! 謎のニワトリが映った写真にセリフをつけて、「俺を笑わせて」というものです。

 このLINEを見た時、「そうそう、このノリについていけないから仲良くなれなかったんだ」と、あらためて再確認した女性。実は、思わずセリフを考えたくなってしまったそうですが、はっと我に返り、既読スルーという対応を選んだのだとか……。それにしても、この男性は、いったいどんな気持ちでLINEを送ろうと思ったのか気になりますね。

2.「月夜って人恋しくなるんだよね」

 こちらのLINEは、ナルシストで有名な男友達からのLINE。彼女自身は距離をおいていたものの、相手から気に入られてしまい、ちょこちょこLINEが入ってくるそうです。今回入ってきたLINEは、「月夜は人恋しくなるから、今夜会える?」というもの。

「いやいや、そんなLINEが来たからって、のこのこ会いに行くか!? しかも、人恋しくて手が震えるって、西野カナか!」と、思わず突っ込みたくなるLINEでした。

3.「なんとか時間作るからご飯どう?」

 こちらのLINEは、付き合いの浅い知人男性から届いたそうです。誰も頼んでいないのに、「自分はこんなに忙しいけど、なんとか時間をあけるからご飯に行こう」という内容。

 こちらの男性、昔からエリートだったのですが、会うたびに自慢話が絶えなくて面倒だから距離を置いていたのだそう。久しぶりに届いたこのLINEにも、まったく変わらない彼の姿がありました。

 LINEを受け取った女性は、距離を置いておいてよかったと心から思い、そっとスマホを閉じたそうです。 

4.「お元気ですか?」

 こちらのLINEは、数年前に一度飲み会で一緒になったことのある男性だそうです。数年前に会ったきり、一度も連絡をとったことがなかったのに、ある日突然、「久しぶり!お元気ですか?」だけ入ってきたそうな。

 ある意味、恐怖ですよね。せめて、要件やLINEした経緯だけでも教えて欲しいものです。そして、スタンプが怖さを増長させています……。もちろん、なんと返していいか分からず、既読スルーのままにしているそうです。

5.「今はまだ話せないんだけど大事な話がある」

 こちらは、謎すぎるとても怖いLINEです。こちらの男性は、昔、働いていたアルバイトの先輩。そんなに深い付き合いはないのに、突然こんなLINEが届いたのです。「今はまだ話せない」とか、まるでドラマの主人公みたいなセリフですが、要はただ会いたいということなのでは?

 とはいえ、LINEを見た女性は少し気になったので共通の友人に相談してみたところ、「いつものことだよ」と言われ、呆れてしまったのだとか。新手のナンパの一種でしょうか? 既読スルーして正解だったと思います。

既読スルーしたくなるLINEは第六感に従って!

 人間には、第六感というものがあります。LINEが来た時、とっさに「既読スルーしたい」と思ったなら、きっと意味があるはず。少なくとも、この記事でご紹介した5つのLINEは、間違いなく既読スルーしてよかったLINEだと思います。

 このような連絡が来た時には、直感を大切に対処してみてくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...