「根はいい人」と言うけれど…実はマイナスな人たちにご用心

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-08-28 14:26
投稿日:2021-08-28 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「根はいい人だけど……」と前置きして紹介しなくてはいけない恋人や友人。「根はいい人だけど、たまにいい加減で」「根はいい人だけど、人見知りだから空気壊すかも」。
 “根はいい人”と語らなければならない相手は、必ず悪評とセットになっています。慎重にお付き合いしないと振り回されてしまいます。その“根はいい人”は、本当に自分にとっていい人ですか?

本当に素敵な人の紹介のやり方をイメージする

「根はいい人だけど」にご用心(写真:iStock)
「根はいい人だけど」にご用心 (写真:iStock)

 一度イメージしてみましょう。周りにいるとても前向きで親切な良い人を初めて誰かに紹介する時、あなたは何と言うでしょうか? きっと「とてもポジティブで優しい人です」など、シンプルに良いことしか言わないと思います。

 しかし「根はいい人だけど……」と前置きして紹介しないといけない人は、遅刻魔だったり人を傷つけることを平気で言ったりなど、他人に不快な思いをさせているのかもしれません。その事実を知っているから、無意識に相手を守ろうと保全として伝える言葉なのです。

 特に気を付けたいのが、恋人を親に紹介する時に「根はいい人なの」と前置きが必要な相手は、注意した方がいい相手なのです。

結婚するとどんな関係性が待っているかの判断基準

会話のない家庭で育ったら…(写真:iStock)
会話のない家庭で育ったら… (写真:iStock)

 交際中は楽しくて優しくて、とてもいい人で幸せだったのに、結婚して1年ほどしたあたりから全く会話がなくなったご夫婦がいました。「ご飯を食べる?」と聞いても、目で合図するだけで返事もしなくなったそうです。

 結婚前にご主人の実家に行った時のことでした。彼のお母さんが何か話しかけても返事をすることもなく、笑顔を向けることもありませんでした。でもきちんと話は聞いているみたいで、「ね、あそに置いているペットボトル取ってきて」と頼まれると、無表情で無言のまま椅子から立ち上がり言われたことを手伝っていました。

 兄弟がいてテーブルに同席しても何一つ話しません。初めて彼の家にお邪魔して目の当たりにした、黙ったままの彼。そんな状態が苦しくて、必要以上にその当時の奥さまはおしゃべりをしたそうです。

 そういえば、お義母さんもご兄弟も何も話さない無言の彼に、違和感なく当たり前のように接していました。今から思えばそれが彼の本質だったのかもしれません。

どのように家族と接するのかを観察する大切さ

 男性でも女性でも、赤ちゃんから育ててくれた親や、一緒に成長してきた兄弟とのコミュニケーションの取り方は、結婚後に出てくるであろう相手の本質だと思って間違いないです。

 母親に偉そうにしていれば、配偶者にもいつか偉そうにします。ワガママ三昧なら、そのうちワガママもお構いなしになります。そして女性に関して言うと、価値観や生活スタイルはほぼ母親に似てきます。ここはよく観察してください。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 11月21日~27日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連...