何コレ、時短料理?お湯だけで海老天卵とじ丼 2021.9.1(水)

コクハク編集部
[PR]
更新日:2021-10-30 23:11
投稿日:2021-09-01 06:00
海老天が2匹!(C)コクハク
海老天が2匹! (C)コクハク

 えー、突然ですが、おいしそうな海老天入り卵とじ丼だと思いませんか。自画自賛? いいえ、違います。実はこれ、フリーズドライ食品なんです。

 アマノフーズの「フリーズドライの匠 海老天とじ丼の素」で作りました。フリーズドライといえば……お味噌汁やスープ類などではおなじみですが、

・用意するのは熱湯(140ml)とごはんだけ
・調理時間はたったの60秒
・海老2匹入り

 というお手軽さと豪華さで、丼ができちゃうの? 卵も要らないの? しかも、究極の時短料理では!? とややコーフン気味にトライしてみました。

「海老天とじ丼」再現なるか?

 わ、開封した直後から和風だしのいい香りが漂ってきます。期待高まる!

 よくある卵スープのフリーズドライに似たビジュアルですが、個体の大きさはその2~3倍。そして、左上に海老のしっぽらしきものが……。

 熱湯をそうっと回しかけるように入れます。お、きたきた!

(C)コクハク
(C)コクハク

 海老、ふわとろ卵、そして衣らしきものが出現。海老に卵と衣を纏わせるようにして……。わ、本当に海老天の卵とじができちゃった。調理というより、理科の実験みたいで楽しい(笑)。

いざ、実食!

海老ちゃん、確認しました!(C)コクハク
海老ちゃん、確認しました! (C)コクハク

 最期に三つ葉を真ん中に乗せると、海老天卵とじの再現率、より高し。味も海老の旨みと食感はしっかりと感じられ、タレとだし、それぞれの甘みのコントラストが相まって、とっても上品に仕上がっています。おいしい!

 アサヒグループ食品のフリーズドライ「アマノフーズ」といえば、同市場のトップランナーですが、それにしても、商品開発には並々ならぬご苦労があったのではないかなあと。フリーズドライはその名の通り、「凍らせて乾燥させる」製法を用いて食品を凍らせ、真空下で乾燥(昇華乾燥)するそう。高熱をかけずに乾燥させるので、色、香り、風味、そして栄養価まで損なわれにくいのが長所といわれています。

 そんなフリーズドライが“看板商品”とはいえ、汁物と丼物では、右から左へと技術の応用ができたとは思えず……。それでも商品化まで2年の歳月を費やし、「きょうは何にもしたくない!」「けどおいしいものが食べたい!」「なんなら揚げ物、しかも天ぷら!」といった気分にも寄り添ってくれる商品が誕生したわけですね。

「フリーズドライの匠 海老天とじ丼の素」は、9月4日から数量限定発売。1食864円。気になる方はぜひお試しください。

(編集O)

関連キーワード

日めくりコクハク 新着一覧


思いをはせる場所 2022.7.1 (金)
 気持ちを整理する。何かに思いをはせる。  そんなことに適した場所がある。  誰かと一緒ではなく、ひとりで向...
暑いのも寒いのもタイヘン 2022.6.29(水)
 こんな暑い日には、涼しげなシマエナガちゃんを拝んで涼を取りましょう。  シマエナガちゃんがまん丸なのは羽の下に空...
夢で見た光景 2022.6.27 (月)
 あれはとても暑い日だった。空と海が青色でつながっていた。  ブランコに揺れる後ろ姿の少年は、いつかの自分。
待ってたよ! 2022.6.26(日)
こんなに大きなお口で待っててくれたら、餌を運んできた甲斐があるというもの。 どんどん食べて大人になったら、いつかは...
こんな道をどこまでも行こう 2022.6.24(金)
 訪れたこともないのに、なぜか懐かしく感じる場所ってあるよね。  実家から山が見えたから? 都会生まれの人も同じよ...
もどかしい距離 2022.6.22(水)
こんなに近くにいるのに、あと一歩が踏み出せないんだよね。 もっと見つめたいけど、見てないふり。 勇気を出して...
とどまり続ける 2022.6.21(火)
ずっと同じ場所にとどまるわけにはいかないけれど。 変わらない場所っていつまであるのかな。
数の力 2022.6.19(日)
「三人寄れば文殊の知恵」とはいうけれど……。  じゃあ、17羽が集まったらもっとすごいことを思いつきそうだね!
空中街道 2022.6.17(金)
見上げると、ビルとクレーンの間をスイスイと歩く人たち。 人が空を歩く未来も近そうじゃない?
ちょっと気が早いけど 2022.6.15(水)
きょうは日本で初めて暑中見舞いはがきが発売された日。 うちわや朝顔が描かれて涼しげで素敵だけど、「誰に出せばいいん...
ピカピカの街で 2022.6.12(日)
慣れない日差しがまぶしくて、影を見つけて逃げ込んだ。 ピカピカの街で見覚えがあるのは裏路地だけだ。
斜めに見るって悪くない 2022.6.11(土)
いつも真っ直ぐじゃ疲れちゃう。 世の中を斜めに見てみたら、いつもは見えないものが見えてくる……かもね。
馴染みの街が飲み込まれてゆく 2022.6.10(金)
馴染みの街を歩いていたはずが、知らない風景が広がっていた。 どこもかしこも均されて、同じようになるのは寂しくて。 ...
そんな日もあるよ 2022.6.8(水)
なんとなく足元がおぼつかない日ってあるよね。 そんな日は焦らず休んで、明日からまた飛び立つ準備をしておこう。 ...
せわしない空 2022.6.6(月)
羽田上空は飛行機がひっきりなしに飛んでいる。 さて、コロナは明けたのか?
世界環境デー 2022.6.5(日)
人間と動物と。生活と環境と。 うまい具合にお互い共存していけたらいいよねぇ。 とりあえずは、できることから始...