「アマトリチャーナ」レシピ 2021.8.25(水)

コクハク編集部
更新日:2021-08-25 06:04
投稿日:2021-08-25 06:00
アマトリチャーナ(C)コクハク
アマトリチャーナ (C)コクハク

 今回ご紹介するのは、イタリアの家庭料理「アマトリチャーナ」。筆者が、本格イタリアンのお料理教室に通っていたときに習得したレシピです。お家にストックしているトマト缶で作れるので、冷蔵庫が空っぽなときや、献立に困ったときに大活躍してくれるレシピです。

お家にあるトマト缶で手軽に作れる!

玉ねぎとベーコンは細かく切る(C)コクハク
玉ねぎとベーコンは細かく切る (C)コクハク

材料(2人分)

・ベーコン 90g
・玉ねぎ 1/2個
・トマト缶 1缶
・鷹の爪 3本(お好みで増やしてもOK。一味でも可)
・オリーブオイル 大さじ1
・塩 適量
・チーズ(お好みで)
・タバスコ(お好みで)

※パスタ
・パスタ 2束
・塩 大さじ5

作り方

1. 玉ねぎはみじん切りに、ベーコンも同様に細かく切ります(短冊切りでもOK)。

これだけでもおいしそう♡(C)コクハク
これだけでもおいしそう♡ (C)コクハク

2. フライパンにオリーブオイルをひく。玉ねぎがキツネ色になるまでよく炒めたら、取り出しておきます。

ベーコンもカリカリに(C)コクハク
ベーコンもカリカリに (C)コクハク

3. そのフライパンにベーコンを入れ、カリカリの状態になるまで炒めます。鷹の爪を入れます。

とろっとするまで煮込んで(C)コクハク
とろっとするまで煮込んで (C)コクハク

4. トマト缶と2の玉ねぎを入れます。10分くらい、とろっとするまで煮込みます。塩を少々加え、味を調えます。

5. 大きめの鍋でたっぷりの湯を沸かし、パスタを茹でます。おいしく茹でるポイントは、海水の味と同じくらいの塩を入れることです。塩を入れたら、味見をしてみてください。ちなみに筆者は、大さじ5を入れました。鍋のサイズは各家庭で違うので、調整してみてください。

6. パスタとソースを絡めて完成です! お好みでチーズやタバスコをふりかけてくださいね。

まとめ

 お料理教室でレシピを学ぶまでは、アマトリチャーナを食べたことがありませんでした。しかし今となっては一番好きなパスタに! 手軽に作れることもあり、すっかり我が家のヘビロテレシピになりました。 家庭的でやさしく、ほっこりする味わいです。まだ作ったことがない方は、ぜひ試してみてくださいね♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...