夏に最適! さっぱりおいしい「酢ショウガ」2021.8.28(土)

コクハク編集部
更新日:2021-08-28 06:00
投稿日:2021-08-28 06:00

朝採れショウガをゲット!

100円でした(C)コクハク
100円でした (C)コクハク

 すっかり日常に欠かせなくなった無人販売所。今回は朝採れのショウガをゲットしました!

 しかも青々とした葉っぱ付きです。

THE大人のおつまみ

手間いらずなところもありがたい(C)コクハク
手間いらずなところもありがたい (C)コクハク

 まずは、晩酌のおともに、味噌をつけてそのままポリポリと。つーんとくる辛さにお酒がぐいぐい進みます。まさに大人のおつまみ。

 生のショウガには体を冷やす作用があるとされ、蒸し暑い夜にはピッタリです。

「酢ショウガ」作りに挑戦

おいしくなあれ(C)コクハク
おいしくなあれ (C)コクハク

 今回はさらに「酢ショウガ」も作ってみようと思います。

 作り方はとっても簡単。刻んだショウガをたっぷりのお酢につけるだけで、ハイ完成。酸味や辛味が苦手な方は、ハチミツを加えてくださいね。

 使用するお酢は、お好みでOK。筆者は以前、梅シロップを作った残りのリンゴ酢を使ってみました。出来上がった酢ショウガは冷蔵庫で1日置くとまろやかな味になりますよ。

 お酢には内臓脂肪を、ショウガにはコレステロールをそれぞれ減らす作用があるとか。

 おお! 最近お腹がポッコリしてきた筆者にはうれしい限りです。

いろんな食材にどうぞ♡

大好きな納豆に入れちゃうよ(C)コクハク
大好きな納豆に入れちゃうよ (C)コクハク

 こちらを納豆に入れたり、オリーブオイルをプラスしてドレッシングとして使います。酸っぱ辛くておいしいー。

 そのほかにも、調味料として野菜炒めに使ったり、冷や奴に乗せてもいいですね。

 ショウガの劣化を防ぐため、2~3日で食べきったほうがベターとのことです。

ショウガ湯もおすすめです

ショウブ湯ならぬショウガ湯(C)コクハク
ショウブ湯ならぬショウガ湯 (C)コクハク

 ちなみに、余ったショウガの葉っぱはもったいないので、ショウブ湯感覚でお風呂に入れてみました。ショウガのいい香りでこちらもグー。

 まだまだ暑い日が続きますが、ショウガのパワーで残暑を乗り切りましょう!

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...