「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に

コクハク編集部
更新日:2021-04-27 06:00
投稿日:2021-04-27 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利さんに、万能タレが美味しすぎる「イワシのかば焼きサラダ仕立て」のレシピを教えていただきました。

万能タレの黄金比を覚えておこう

合うお酒=何でも(C)コクハク
合うお酒=何でも (C)コクハク

 酒の肴にも、ご飯のおかずにもなる。“万能ツマミ”は、調理も楽だからうれしいですよね。

「観音開きにしたイワシに塩コショウを振り、小麦粉をつけてフライパンで焼いたら、万能タレと合わせるだけです」

 魚をさばける人は自分で手開きに。できなければ、スーパーなどで観音開きにされたイワシを買ってくればOKです。それを用意してムニエル風に焼けば、ほぼ出来上がり。

 北田さんはサニーレタスに添えて彩りよくサラダ風に仕上げていますが、切らずにそのまま食べてもいいのだとか。

「分量通りにタレを多めに作っておくと、冷蔵庫で保存が利くので、重宝します。このタレは、イワシのほか、サバやアジなど魚の種類を問いません。ご飯にのせれば、最高の丼になります」

 北田さんの知人がタレを教わり、息子に丼として食べさせたら、その後はこのタレ以外で食べなくなったそうです。家族みんなの胃袋をガッチリつかむ一品。

 万能タレの黄金比はしっかり覚えておきましょう。

材料

・イワシ  2匹
・塩  少々
・コショウ  少々
・小麦粉  適量
・油  適量
・サニーレタス  適量

タレ
・醤油  大さじ3
・みりん  大さじ1・5
・酒  大さじ1・5
・砂糖  大さじ2・5

レシピ

(1)タレを合わせておく
(2)イワシを観音開きにする
(3)2に塩とコショウを振り、小麦粉をつける
(4)熱したフライパンに油を引いて、3を中火で皮面から焼く。皮に焼き色がついたら、裏返して両面焼く
(5)4に合わせておいたタレを回しかけ、イワシに絡める。余ったタレは、冷蔵庫で保存
(6)一口大に切って、サニーレタスにのせれば出来上がり

本日のダンツマ達人…北田昌利さん

▽北田昌利(きただ・まさとし)
1961年、和歌山県出身。元シンガポール日本大使館公邸料理人。2000年に独立し、器ながやをオープン。地元の食材の販路拡大にも奔走する。

▽器ながや
六本木・東京ミッドタウンの裏にたたずむ日本料理店。“奥座敷”で本格的な和食が楽しめるとあって、常連客はネットにのせずお忍びで訪れる。夜はコースのみで8000円~。東京都港区赤坂9―1―7 赤坂レジデンシャルホテル1F。

(日刊ゲンダイ2021年4月21日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...