大人のティラミス 2021.9.24(金)

コクハク編集部
更新日:2021-09-24 06:29
投稿日:2021-09-24 06:00
(C)コクハク
(C)コクハク

 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料理教室に通っていたときに教えていただいたレシピです。イタリアでは、自家製ティラミスがご家庭のデザートとして定番なのだとか。簡単なので是非試してください!

材料(2人分)

フィンガークッキーはKALDIで購入しました(C)コクハク
フィンガークッキーはKALDIで購入しました (C)コクハク

・卵黄 1個
・砂糖 大さじ2
・マスカルポーネ 1箱(100g)
・牛乳 大さじ1/2
・ラム酒 大さじ1
・フィンガークッキー 適量
・ココアパウダー 適量
・インスタントコーヒー 小さじ3
・水 50ml

作り方

スプーンでまんべんなくかけます(C)コクハク
スプーンでまんべんなくかけます (C)コクハク

1. インスタントコーヒーを水(50ml)で溶かし、フィンガークッキーを浸しておく。

しっかりと混ぜて(C)コクハク
しっかりと混ぜて (C)コクハク

2. 卵黄と砂糖を白っぽくなるまでよくかき混ぜる。

トロッとしたクリーム状になります(C)コクハク
トロッとしたクリーム状になります (C)コクハク

3. マスカルポーネを加えて混ぜ、ラム酒を入れる。ラム酒が苦手な人は量を減らしたり、ブランデーに代用したり、入れなくてもOK。ちなみに、マスカルポーネの代わりにリコッタチーズを使うとサッパリとした味わいになります。

4. 牛乳を入れて、クリーム状になるまで混ぜる。

(C)コクハク
(C)コクハク

5. 器のなかにまずフィンガークッキーを敷き、その上に半分の量のクリームを流し込む。

4層になるように重ねていく(C)コクハク
4層になるように重ねていく (C)コクハク

6. フィンガークッキーをさらに重ねて、残りのクリームを流し入れる。冷蔵庫で2時間ほど冷やす。食べる前にココアパウダーを振りかければ完成です。

まとめ

(C)コクハク
(C)コクハク

 お菓子やデザートは、ほとんど作ったことがない筆者ですが、想像以上に簡単に作ることができました。しかも、とってもおいしいんです! このティラミスを作ってから、すっかりティラミス好きになり、カフェやレストランにあると注文するようになってしまいました。最近はあまり見かけないのですが、zanetti社(ザネッティ)のマスカルポーネが、とくにオススメです! 味がバッチリ決まります。大きめのスプーンでお皿に盛りつけると、サマになりますよ♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...