ホットケーキミックスでチュロス作り 2021.8.20(金)

コクハク編集部
更新日:2021-08-22 18:45
投稿日:2021-08-20 06:00
 休日のお昼によくホットケーキを作るのですが、今回はひと手間加えて「チュロス」にしてみました。ご家庭にある材料ですぐ作れるので、簡単なおやつにちょうどいいです♪

材料

おやつにもちょうどいい♡(C)コクハク
おやつにもちょうどいい♡ (C)コクハク

・ホットケーキミックス 100g
・牛乳 180ml
・バター 20g
・全卵 1個
・バニラエッセンス 3〜7滴程度 
・オリーブオイル 適量
・粉砂糖(お好みで)

作り方

ヘラでかき混ぜ続けて……(C)コクハク
ヘラでかき混ぜ続けて…… (C)コクハク

1. 牛乳とバターをフライパンに入れ、弱火にかけます。バターを溶かしながら、沸騰するまで混ぜ続けます。

引き続き、混ぜます!(C)コクハク
引き続き、混ぜます! (C)コクハク

2. ホットケーキミックスを入れて混ぜます。火加減は弱火のままです。

しっかりと練っていきましょう!(C)コクハク
しっかりと練っていきましょう! (C)コクハク

3. 生地をしっかりと混ぜ、まとまってきたら火を止めます。溶いた卵+バニラエッセンスを2回に分けて加えます。パン生地のように練っていくイメージです。

絞り袋は100均でも売っています♪(C)コクハク
絞り袋は100均でも売っています♪ (C)コクハク

4. 練り上がったら、絞り袋に入れていきます。星口金を使うのがポイントです。あらかじめ星口金を広げておくと、絞りやすいですし、よりチュロスっぽい見た目に仕上げることができますよ。

この時間が楽しい!(C)コクハク
この時間が楽しい! (C)コクハク

 カーブを描いてみたり……

ハートも作ってみました(C)コクハク
ハートも作ってみました (C)コクハク

 ハートにしてみたり、自由に造形してみてください。チュロスなので、まっすぐな直線でもいいですね!

6. チュロスの表面にオリーブオイル、あるいは溶かしバター(分量外)を塗ります。

7. 180℃に予熱したオーブンで、20分焼いたら完成です!

まとめ

 TikTokで流行っていたこともあり、時間があるときに作ってみたいと思っていました。筆者はカロリーを気にして、粉砂糖はカットしてしまったのですが、バターの塩味があっておいしかったです。

 油で揚げないので、カロリーを抑えられますし、後片付けもラクで一石二鳥です。食感はサクサクとしていて、軽い口当たりです。粉砂糖をまぶせば完璧なチュロスに! おいしくできたので、次回はココアパウダーを練りこんでみたいと思います♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...