ふんわりホットケーキの作り方 2021.9.19(日)

コクハク編集部
更新日:2021-09-19 06:00
投稿日:2021-09-19 06:00
ふんわり♡(C)コクハク
ふんわり♡ (C)コクハク

 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くなっていることに気付きました! ほぼ毎週焼いているホットケーキ好きとしてはちょっとした事件です!! もしや気付いていなかったのは私だけ? みなさんはどうやってホットケーキを焼いていますか?

材料(2人分)

いつもと変わらない顔ぶれ(C)コクハク
いつもと変わらない顔ぶれ (C)コクハク

・ホットケーキミックス 2袋(300g)
・卵 2個
・牛乳 200ml

作り方

しっかりと混ぜます(C)コクハク
しっかりと混ぜます (C)コクハク

1. ボールに卵と牛乳を入れ、よく混ぜます。牛乳のかわりに、水で作ってみてもモチモチになりますよ。

泡立て器で15回ぐらい混ぜました(C)コクハク
泡立て器で15回ぐらい混ぜました (C)コクハク

2. ミックスを加えて、「の」の字を書くようにかるーく混ぜます。さっくり混ぜれば良いので、混ぜすぎないように注意!

ダマは残ったままでOK!(C)コクハク
ダマは残ったままでOK! (C)コクハク

 混ぜすぎず、少しダマが残る程度にするのがポイントなのですが、筆者は今まで、このダマが残らないように頑張って混ぜていたので結構ショックです(涙)。あの努力と時間はムダだったんだね……。

一回目はもたもたしてしまって、こんがりしてしまいました(C)コクハク
一回目はもたもたしてしまって、こんがりしてしまいました (C)コクハク

3. ホットプレートを予熱し、温まったら弱火(140度)にします。

 生地を高い位置から一気に流します。3分ほど焼きます。プツプツと小さな泡がでたら、すぐに裏返します。約2分焼いて、火が通ればできあがりです!

まとめ

 食べ慣れている平べったいホットケーキと比べると、生地がぷくーっと膨らんでいます! かるーく混ぜるだけで、流行りのリコッタパンケーキのような風貌に仕上がりました。食感もふんわりとしていて、おいしかったです。

 いつもの材料のまま、違った焼き方ができるのは嬉しいです。これからは、その日の気分で焼き方を変えてみるのもいいですね♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「車麩と谷口屋の油揚げ 福地鶏のピリ辛煮」ダシがしみしみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
「タコとジャガイモのエスカルゴバター」魚介類との相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
覚王山フルーツ大福「弁才天」実食レポ! 2022.11.3(木)
 いま流行りのフルーツ大福。大行列で話題の覚王山フルーツ大福「弁才天」に行って参りました。  朝から並ばないと売り切れ...
ブームの「ノンアルワイン」ぶっちゃけ、本当においしいの?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-02 06:00 フード