ふんわりホットケーキの作り方 2021.9.19(日)

コクハク編集部
更新日:2021-09-19 06:00
投稿日:2021-09-19 06:00
ふんわり♡(C)コクハク
ふんわり♡ (C)コクハク

 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くなっていることに気付きました! ほぼ毎週焼いているホットケーキ好きとしてはちょっとした事件です!! もしや気付いていなかったのは私だけ? みなさんはどうやってホットケーキを焼いていますか?

材料(2人分)

いつもと変わらない顔ぶれ(C)コクハク
いつもと変わらない顔ぶれ (C)コクハク

・ホットケーキミックス 2袋(300g)
・卵 2個
・牛乳 200ml

作り方

しっかりと混ぜます(C)コクハク
しっかりと混ぜます (C)コクハク

1. ボールに卵と牛乳を入れ、よく混ぜます。牛乳のかわりに、水で作ってみてもモチモチになりますよ。

泡立て器で15回ぐらい混ぜました(C)コクハク
泡立て器で15回ぐらい混ぜました (C)コクハク

2. ミックスを加えて、「の」の字を書くようにかるーく混ぜます。さっくり混ぜれば良いので、混ぜすぎないように注意!

ダマは残ったままでOK!(C)コクハク
ダマは残ったままでOK! (C)コクハク

 混ぜすぎず、少しダマが残る程度にするのがポイントなのですが、筆者は今まで、このダマが残らないように頑張って混ぜていたので結構ショックです(涙)。あの努力と時間はムダだったんだね……。

一回目はもたもたしてしまって、こんがりしてしまいました(C)コクハク
一回目はもたもたしてしまって、こんがりしてしまいました (C)コクハク

3. ホットプレートを予熱し、温まったら弱火(140度)にします。

 生地を高い位置から一気に流します。3分ほど焼きます。プツプツと小さな泡がでたら、すぐに裏返します。約2分焼いて、火が通ればできあがりです!

まとめ

 食べ慣れている平べったいホットケーキと比べると、生地がぷくーっと膨らんでいます! かるーく混ぜるだけで、流行りのリコッタパンケーキのような風貌に仕上がりました。食感もふんわりとしていて、おいしかったです。

 いつもの材料のまま、違った焼き方ができるのは嬉しいです。これからは、その日の気分で焼き方を変えてみるのもいいですね♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...