ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-10-12 06:00
投稿日:2021-10-12 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

シングルマザーにとって離婚直後の「面会交流権」は厄介

法律で決められた「面会交流権」イラスト:こばやしまー
法律で決められた「面会交流権」 イラスト:こばやしまー

 憎しみ合ったり、冷め切ったり、どちらかがまだ納得していなかったり。とにかく、夫婦が離婚に至る理由はさまざまです。

 子供がいない夫婦であれば、離婚は「ひとつの男女の別れ」であるので、二度と会わない道を選ぶこともできますが、子供がいる夫婦の場合、そうはいきません。「面会交流権」が、法律によって定められているからです。

 面会交流権とは、“別居している親子が面会をする権利”のこと。一般的に親権を持たない離れて暮らす親のためのものでもありますが、子供が健全に成長するうえで必要なものだと考えられているそう。

 そのため、多くのシングルマザーは「離婚してスッキリ!」ではなく、今や他人となった男性と定期的に連絡を取らないといけない場合が多いのです。

子供との「面会日」のたびに心がざわつく

たまに会って遊ぶだけで(写真:iStock)
たまに会って遊ぶだけで (写真:iStock)

 書面で交わしたわけではないですが、私と元夫の場合、離婚当初は「1週間に一度の面会日を設ける」としました。

 息子との面会日、元夫は3時間ほど公園などに連れて行っているようでした。

 “1週間のうち、たった3時間”。怒ることもなく、歯磨きをさせるわけでもなく、汚れた運動靴を洗うわけでもなく、看病をするわけでもなく、ただ息子と遊んでさえいれば良いのです。

 息子にとって、それはそれは「楽しいだけ」の時間でしょう。

 面会日から帰ってきた息子は、「あーおもしろかった! パパとまたすぐ会いたいなぁ!」なんて言います。

 なんだか心がざわつきます。息子への不安ではなく、元夫への不満。「いいとこ取りして!」のような。

 別にそんなところで対抗心を燃やさなくても、息子にとっては絶対に「ママがいちばん」だと分かっているのに、かわいい息子と暮らせているのは私なのに、それでも。

 心はだんだんと狭まっていきます。

否定するほどに「パパ」を庇い、美化する息子

否定すればするほどパパを庇う息子(写真:iStock)
否定すればするほどパパを庇う息子 (写真:iStock)

 面会日のたびにそんなことを言われたら、私だって面白くありません。

「パパのおうちは汚かったんじゃない?」と言うと、「ぜんぜん! 綺麗だよ!(←確実に嘘)」って言うし、「パパは前はぜんぜん遊んでくれなかったのにね」と言うと、「ペットショップとか連れて行ってくれたじゃん(←数回程度)」って言うし。

 さらには「パパ、スズメバチを捕まえて退治したんだよ」「パパ、高いところにいたセミを20匹も捕まえたんだよ」なんて、「パパにしかできないこと」を喜々として話してくるのです。

 私が否定するほどにパパを庇い、さらには美化する息子。

 離婚をしたのは、息子が4歳のころ。それまでの記憶なんてほとんどないようです。その数少ない「パパとの思い出」を、大切にしているようにも見えました。

 どうしたら良いのかわからず、離婚したパパのことをどう伝えていけば良いのか、たくさん調べました。「パパをけなしてはいけない」という意見、その逆の意見、「いっそのこと面会させなければいい」という意見……。多々ありすぎて頭を抱えました。

拙くて優しい嘘をつく息子

パパとママはまだ喧嘩しているの?(写真:iStock)
パパとママはまだ喧嘩しているの? (写真:iStock)

 でも、そんな情報の中で「なるほどー」と思ったものがあります。

 “パパは子供にとって自分のルーツ”。

 そんなルーツを悪く言われると、子供にとっては自分まで悪く言われている気がしたり、認めてもらえないような気がしてしまう、というものでした。

 息子はパパを庇う時、拙い嘘をよくついていました。

 元夫から「ご飯はコンビニのおにぎりで済ませたよ」と聞いたから、「今日、お昼はおにぎりだけだったの?」と息子に聞くと、「あれ、たしか焼肉だったっけな〜」みたいな小さくて優しい嘘。

「こんなにしてもらったんだよ!」「パパは優しいよ!」って、言いたかったのでしょう。

 これはいけない。私のせいだ、と思いました。

 息子にとっては、ずっと「世界でひとりだけのパパ」。それを私の過去の思い出や感情だけで、否定してはいけないと。ましてや、元夫は少なくとも“悪い人”ではありませんから。

 そもそも、離婚する時、「ママとパパは喧嘩して、もう仲直りができなくなっちゃった」と伝えたので、喧嘩したままだと思っている可能性もあります。仲直りさせたいと思っているわけではなくても、パパとママの仲が悪くなってほしくないと思うのは、どこの家庭の子供も同じでしょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...