新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-10-19 06:00
投稿日:2021-10-19 06:00
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違ったのに……」などと憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、まるっと取り替えることはできなくても、メイクやスキンケア、ボディケアによって、“理想の自分”に近づけることは可能です。
「ものまねメイクは難しい」「肌質が悪いから、スキンケアは諦めている」「ボディメイクは手間がかかる」そんなふうに思っている人も大丈夫! 憧れの女性を意識すれば、時短で“なりたいイメージ“に。
 時短美容家の並木まきが、時短で憧れ女性像を目指すテクニックをお話します。今回は、新垣結衣さんのような“すっぴん美肌”を狙う時短術です。

「憧れ美肌」の常連♡ 新垣結衣さんのすっぴん肌には“うるおい感”が不可欠!

(C)日刊ゲンダイ
(C)日刊ゲンダイ

 結婚発表で、日本中が歓喜に沸いたのも記憶に新しい新垣結衣さん。「なりたい美肌」の持ち主としても、ランキングの常連ですよね。新垣さんの肌は透明感があって、さらにキメが整っているのが見た目にもわかる健康的な美肌。

 すっぴん肌を整えるために、年齢を問わずに欠かせないのが「保湿ケア」。くすみや色むら、ハリ不足などは、年齢を理由に諦めがちではあるけれど、実は日々の保湿を強化するだけで改善が狙える例も多いですよ。

 高価なスキンケアコスメを使わなくても、大丈夫! 自分の「今」の肌状態を適切に把握し、必要なものを補う保湿ケアを心がけることができれば、手軽に手に入る化粧品でも、十分に“すっぴん美肌”を目指せます。

 つまり、やみくもに保湿をするのではなく「必要なもの」を理解し、きちんと補うことが、うるおい感のある肌をキープする近道なのです。

プチプラコスメですっぴん力UP! 美容家が選ぶ「今の肌状態」別コスメ

1. キメ不足が気になるなら伝統ハーブ「ツボクサ」で保湿

(左から)リセチカ RR モイストベールミスト100mL  2,178円、RR モイストベールクリーム 30g 3,608円(ともに税込)
(左から)リセチカ RR モイストベールミスト100mL 2,178円、RR モイストベールクリーム 30g 3,608円(ともに税込)

 キメ不足のせいで、自分のすっぴん肌に満足ができていないなら、韓国コスメ「シカクリーム」でも話題になった「ツボクサエキス」での保湿がおすすめ。ツボクサは、アーユルヴェーダの世界やアジアの国々で皮膚や神経などに作用する伝統的なものとして捉えられているなど、古くから「薬草」として親しまれているハーブです。

 代謝のサポートや皮膚の修復に効能があるとされていて、スキンケアにおいてもバリア機能にアプローチする効果が期待できることから、美容のプロのあいだでも人気です。

 こちらは、筆者が何度リピートしたか数え切れないくらい信頼しているコスメ。ミルクのミストはスキンケアタイムだけでなく、仕事の合間に乾きを感じたらシュッとできるので時短目線でも優秀です◎。

 目もとや口もとなどにピンポイントで保湿をしたいときには、クリームを追加。マスクのような使い方もできるので、肌が不安定になっているときに、スリーピングパックとして気になるパーツに塗ると、手間をかけずに高保湿が狙えるお手入れに!

2. 小ジワが気になるなら「ヒアルロン酸」で保湿

ミステリアスアクアHB  100mL 1,320円、ヒアコラC 原液(※)美容液  30mL 1,580円(ともに税込・筆者調べ)
ミステリアスアクアHB 100mL 1,320円、ヒアコラC 原液(※)美容液 30mL 1,580円(ともに税込・筆者調べ)

 よく見ないとわからない程度であっても、小ジワが気になり始めると、すっぴん力はダウン。うるおい不足が原因となっている小ジワをケアするためには、高保湿成分である「ヒアルロン酸」がおすすめです。

 油分を加えるお手入れと異なり、しっとりとした肌触りを狙いやすく、加齢によるすっぴん力低下にも使いやすいですよ。

「ミステリアスアクアHB」はネット通販でクチコミ評価が高い製品で、手持ちの化粧水や美容液などと混ぜても使える高濃度ヒアルロン酸。純国産100%で、コストパフォーマンスが高い製品。惜しげなくデイリーのスキンケアに使えます。

 また、「ヒアコラC 原液(※)美容液 」は、ヒアルロン酸と高濃度コラーゲン、ビタミンC誘導体を配合していて、ハリやつやにもバランスよくアプローチするお手入れが完了します。

 ※配合成分を化粧品原料として合計100%配合

3. ごわつきが気になるなら「オイル」で保湿

リッツ リバイバル ジェットオイルマスク 1回分 495円、3回分 1,320円(ともに税込)
リッツ リバイバル ジェットオイルマスク 1回分 495円、3回分 1,320円(ともに税込)

 肌のごわつきによって、肌色がくすんでいるように見えるなら「オイル」を使った保湿ケアがおすすめです。

 オイルには、肌をやわらかくし、老廃物を取り除きやすい肌に導くほか、水分と乳化することによって保湿効果を高める作用もあります。

 オイルを使うスキンケアで一番気をつけたいのが、「酸化」。開封後、オイルコスメは時間が経つにつれてどんどん酸化してしまうので、フレッシュなオイルを使ってお手入れをすることが、すっぴん美肌を目指すのに大事なポイントです。

 こちらのマスクは、使う直前にオイルが入ったカプセルをつぶすので、いつでもフレッシュなオイルでお手入れが叶うことから、オイル美容初心者さんやオイルをスペシャルケアのときだけ使いたい人にも最適です。

 ☆  ☆  ☆

 新垣さんのような健康的で透明感のある美肌を目指すのには、毎日のスキンケアで適切なお手入れを続けることが近道。そのときの気候や体調によっても、自分に必要なものは異なることがあるので、肌の「今」を見極めながら、賢く時短美容を楽しんでいきましょう。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...
生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...