新垣結衣さんの“すっぴん美肌”を目指せるプチプラコスメ3選♡

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-10-19 06:00
投稿日:2021-10-19 06:00
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違ったのに……」などと憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、まるっと取り替えることはできなくても、メイクやスキンケア、ボディケアによって、“理想の自分”に近づけることは可能です。
「ものまねメイクは難しい」「肌質が悪いから、スキンケアは諦めている」「ボディメイクは手間がかかる」そんなふうに思っている人も大丈夫! 憧れの女性を意識すれば、時短で“なりたいイメージ“に。
 時短美容家の並木まきが、時短で憧れ女性像を目指すテクニックをお話します。今回は、新垣結衣さんのような“すっぴん美肌”を狙う時短術です。

「憧れ美肌」の常連♡ 新垣結衣さんのすっぴん肌には“うるおい感”が不可欠!

(C)日刊ゲンダイ
(C)日刊ゲンダイ

 結婚発表で、日本中が歓喜に沸いたのも記憶に新しい新垣結衣さん。「なりたい美肌」の持ち主としても、ランキングの常連ですよね。新垣さんの肌は透明感があって、さらにキメが整っているのが見た目にもわかる健康的な美肌。

 すっぴん肌を整えるために、年齢を問わずに欠かせないのが「保湿ケア」。くすみや色むら、ハリ不足などは、年齢を理由に諦めがちではあるけれど、実は日々の保湿を強化するだけで改善が狙える例も多いですよ。

 高価なスキンケアコスメを使わなくても、大丈夫! 自分の「今」の肌状態を適切に把握し、必要なものを補う保湿ケアを心がけることができれば、手軽に手に入る化粧品でも、十分に“すっぴん美肌”を目指せます。

 つまり、やみくもに保湿をするのではなく「必要なもの」を理解し、きちんと補うことが、うるおい感のある肌をキープする近道なのです。

プチプラコスメですっぴん力UP! 美容家が選ぶ「今の肌状態」別コスメ

1. キメ不足が気になるなら伝統ハーブ「ツボクサ」で保湿

(左から)リセチカ RR モイストベールミスト100mL  2,178円、RR モイストベールクリーム 30g 3,608円(ともに税込)
(左から)リセチカ RR モイストベールミスト100mL 2,178円、RR モイストベールクリーム 30g 3,608円(ともに税込)

 キメ不足のせいで、自分のすっぴん肌に満足ができていないなら、韓国コスメ「シカクリーム」でも話題になった「ツボクサエキス」での保湿がおすすめ。ツボクサは、アーユルヴェーダの世界やアジアの国々で皮膚や神経などに作用する伝統的なものとして捉えられているなど、古くから「薬草」として親しまれているハーブです。

 代謝のサポートや皮膚の修復に効能があるとされていて、スキンケアにおいてもバリア機能にアプローチする効果が期待できることから、美容のプロのあいだでも人気です。

 こちらは、筆者が何度リピートしたか数え切れないくらい信頼しているコスメ。ミルクのミストはスキンケアタイムだけでなく、仕事の合間に乾きを感じたらシュッとできるので時短目線でも優秀です◎。

 目もとや口もとなどにピンポイントで保湿をしたいときには、クリームを追加。マスクのような使い方もできるので、肌が不安定になっているときに、スリーピングパックとして気になるパーツに塗ると、手間をかけずに高保湿が狙えるお手入れに!

2. 小ジワが気になるなら「ヒアルロン酸」で保湿

ミステリアスアクアHB  100mL 1,320円、ヒアコラC 原液(※)美容液  30mL 1,580円(ともに税込・筆者調べ)
ミステリアスアクアHB 100mL 1,320円、ヒアコラC 原液(※)美容液 30mL 1,580円(ともに税込・筆者調べ)

 よく見ないとわからない程度であっても、小ジワが気になり始めると、すっぴん力はダウン。うるおい不足が原因となっている小ジワをケアするためには、高保湿成分である「ヒアルロン酸」がおすすめです。

 油分を加えるお手入れと異なり、しっとりとした肌触りを狙いやすく、加齢によるすっぴん力低下にも使いやすいですよ。

「ミステリアスアクアHB」はネット通販でクチコミ評価が高い製品で、手持ちの化粧水や美容液などと混ぜても使える高濃度ヒアルロン酸。純国産100%で、コストパフォーマンスが高い製品。惜しげなくデイリーのスキンケアに使えます。

 また、「ヒアコラC 原液(※)美容液 」は、ヒアルロン酸と高濃度コラーゲン、ビタミンC誘導体を配合していて、ハリやつやにもバランスよくアプローチするお手入れが完了します。

 ※配合成分を化粧品原料として合計100%配合

3. ごわつきが気になるなら「オイル」で保湿

リッツ リバイバル ジェットオイルマスク 1回分 495円、3回分 1,320円(ともに税込)
リッツ リバイバル ジェットオイルマスク 1回分 495円、3回分 1,320円(ともに税込)

 肌のごわつきによって、肌色がくすんでいるように見えるなら「オイル」を使った保湿ケアがおすすめです。

 オイルには、肌をやわらかくし、老廃物を取り除きやすい肌に導くほか、水分と乳化することによって保湿効果を高める作用もあります。

 オイルを使うスキンケアで一番気をつけたいのが、「酸化」。開封後、オイルコスメは時間が経つにつれてどんどん酸化してしまうので、フレッシュなオイルを使ってお手入れをすることが、すっぴん美肌を目指すのに大事なポイントです。

 こちらのマスクは、使う直前にオイルが入ったカプセルをつぶすので、いつでもフレッシュなオイルでお手入れが叶うことから、オイル美容初心者さんやオイルをスペシャルケアのときだけ使いたい人にも最適です。

 ☆  ☆  ☆

 新垣さんのような健康的で透明感のある美肌を目指すのには、毎日のスキンケアで適切なお手入れを続けることが近道。そのときの気候や体調によっても、自分に必要なものは異なることがあるので、肌の「今」を見極めながら、賢く時短美容を楽しんでいきましょう。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...