男性ウケ抜群のモテ顔に♡ デートメイクのコツ&NGメイクも

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-10-12 06:00
投稿日:2021-10-12 06:00
 デートの際、気合いが入ってついメイクが濃くなってしまう人もいるでしょう。しかし、男性は盛りすぎメイクよりも、ナチュラルメイクを好む人が多いのが現実なんですよね。そこで今回は、デートメイクのコツとNGメイクをご紹介します。男性ウケ抜群のメイクで、思い切りデートを楽しみましょう♡

男性ウケ抜群のデートメイク♡ 4つのコツをチェック!

秋のデートメイクどうする?(写真:iStock)
秋のデートメイクどうする? (写真:iStock)

 男性ウケの良いデートメイクに仕上げるためには、自分の顔にぴったり合ったメイクをすることが大事なポイントになります。まずはじめに、デートメイクの4つのコツを見ていきましょう!

1. 前もって肌のコンディションを整えておく

 デートメイクは、前もって肌のコンディションを整えておくことから始まります。近づいたときに肌が荒れていては、せっかくのデートメイクが台無しになってしまいますよね。

 大好きな彼にいつ近づかれても大丈夫なように、しっかりスキンケアをして肌のコンディションを整えておきましょう。

2. ベースは透明感のあるセミマットに仕上げる

 デートメイクにおすすめのベースメイクは、ツヤ肌とマット肌の中間のセミマット。透明感のあるセミマット肌に仕上げるためには、ファンデーションを塗る前にコンシーラーやコントロールカラーでしっかり肌悩みをカバーしておくことが大事。

 ファンデーションはできるだけ薄く塗り、透明感のある肌を完成させましょう。

3. ポイントメイクはナチュラルが基本

 男性ウケを狙うデートメイクでは、ポイントメイクはナチュラルが基本です。とはいえ、ただ単に薄くするだけでは「すっぴん?」と思われてしまうため、塩梅を見極めることが大切。

 季節やトレンド、その日の服装に合わせた色や質感を選んで、自分を可愛く見せるポイントメイクを研究してみましょう。

4. 男性ウケを狙うならリップはピンク系で

 男性は、デート中に女性の唇をチェックしています。男性ウケを狙うなら、リップは薄いピンク系がおすすめです。

 ふんわりツヤがあるピンクのリップで、気になる彼をドキドキさせちゃいましょう!

デートの際に避けるべきNGメイク4選

盛りすぎ目元はNG!(写真:iStock)
盛りすぎ目元はNG! (写真:iStock)

 続いては、デートの際に避けるべき4つのNGメイクをご紹介します。失敗しないためにも、しっかりチェックしていきましょう!

1. ファンデーションの厚塗りはNG

 昼間のデートの場合、ファンデーションを厚塗りしていると小鼻の周りの粉っぽさが目立ってしまったり、ほうれい線の表情皺の部分がひび割れてしまうことがあります。

 太陽の下は室内よりも肌のムラが目立ってしまうので、ファンデーションの厚塗りには注意が必要。また、ハイライトやシェーディングの入れすぎも不自然になってしまうので、やりすぎ感が出ないように意識しましょう。

2. 目元は盛りすぎない

 デートというと、つい気合いが入って目元のメイクが濃くなってしまいがち。しかし、盛りすぎた目元は男性ウケが良くありません。

 極太の跳ね上げアイラインやバサバサのつけまつ毛、濃いアイシャドウで目の周りを囲むのはNG。デートでは、できるだけ目元をナチュラルに仕上げるように心がけましょう。

3. 濃い色のリップは避けたほうが無難

 オシャレに敏感な女性たちから人気の真っ赤なリップは、男性から「グラスに口紅が付きそう」「なんだかおばさんっぽく見える」という意見も。

 そのため、デートメイクの場合は濃い色のリップは避けたほうが無難。ほんのり色がつくベージュ系やピンク系のリップを選ぶようにしてくださいね。

4. 涙袋は入れすぎ注意

 “美人の条件”としてメイクに取り入れるのが定番になった「涙袋」。でも、入れすぎると不自然になってしまう場合があります。

 涙袋を描く際には、明るい部屋で顔全体のバランスをチェックしながら、不自然にならないように程良く入れていきましょう。

男性ウケの良いデートメイクをマスターしてモテ顔に♡

可愛いと思われる「モテ顔」を目指そう(写真:iStock)
可愛いと思われる「モテ顔」を目指そう (写真:iStock)

 男性ウケの良いデートメイクに仕上げるためには、ナチュラル系に仕上げることが鉄則です。季節やファッションとのバランスを見ながら自分の顔に合ったデートメイクに仕上げて、彼に「可愛い」と思われるモテ顔を目指しましょう♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


バズり靴下「ファミマソックス」に「am/pm」柄が新登場!2021.10.14(木)
 今年の夏、SNSでバズった“ファミマの靴下”。一部の店舗で、売り切れが続出しましたが、最近また見かけるようになりました...
ミストは乾燥するって本当?正しい使い方&3つの注意点♪
 ミストタイプの化粧水は、出先でも簡単に肌の水分補給ができる便利なアイテム。でも、使い方を間違えてしまうと乾燥の原因にな...
マツエクはもう時代遅れ? 初期&最新のトレンドを徹底比較♪
 つけまつ毛をつけているようなパッチリした目元を叶えてくれる「マツエク」は、美容に敏感な女性たちの中ではすっかり定番のア...
実は美人が多い♡ “ゴリラ顔の特徴&似合う髪型を選ぶコツ
「可愛い」というより「ワイルド」なイメージが強いゴリラ顔。“ゴリラ顔”と聞くだけでネガティブなイメージが先行してしまいま...
壇蜜のような“ふわとろ色気ボディ”を狙うおすすめグッズ3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
雑誌の豪華付録で美容家電をゲット♡ 眉毛シェーバーが優秀♪
 雑誌の付録をチェックするのが、ひそかな楽しみになっている私です。発売直後の新アイテムが試せたり、美容家電が付録になって...
ベリーショートは男ウケが悪い? 意外な事実&似合う人の特徴
 ベリーショートが似合う女性って、魅力的に見えて素敵ですよね。でも、ベリーショートは「男ウケが悪い」というのが、多くの女...
顔の産毛が濃いのが気になる…すべすべ肌を目指す5つの方法
 女性にとって、顔の産毛は厄介なもの。顔の産毛が濃くなると肌のトーンダウンにも影響してしまいますし、人から指摘されること...
“地雷系メイク”の特徴♡ 病みかわいく仕上げる部分別ポイント
 女性にとって、メイクは個性を発揮する手段のひとつ。「今のメイクに飽きてきた」という人は、「地雷系メイク」にチャレンジし...
その“抜け感”ダサいよ…勘違いファッションに見えないコツ
 ファッション用語で頻繁に聞く「抜け感」というワード。わかっているようでわかっていない人も結構多いかもしれません。そして...
ヘッドスパの効果が持続する時間はどれくらい? 目的別頻度
 髪質改善や美容にも効果があると言われる「ヘッドスパ」。でも、気が向いた時にだけ通っているという人も多いようです。でも実...
秋はレディライクなバーガンディメイクが旬♡ やり方のコツ
 秋は、女性らしさや上品さのある“レディライクなメイク”がしたいですよね♡ そこでおすすめなのが「バーガンディメイク」!...
アイクリームっていつ塗ればいい? 効果的な順番&塗り方♪
 みなさんは、アイクリームを使っていますか? アイクリームは目元の乾燥やたるみ、クマのケアなどができて便利なアイテムです...
石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...