太りやすい体質ってどういうこと? リバウンドの原因とは

小阪有花 子どもの心スペシャリスト
更新日:2020-01-11 07:10
投稿日:2019-02-20 06:00
太りにくい体になろう(写真:iStock)
太りにくい体になろう (写真:iStock)

 よく、太りやすい体質だから痩せない、と聞きますが、そもそも太りやすい体質とはどういうことを言うのか理解していますか?

 太りやすい体質の人は「代謝が悪い人」のことを言います。

 まず、代謝とは、基本的には体内の中で起きている生命活動のことをいいます。体温を維持する、心臓を動かしたりする、などの働きのことをいい、これが停止したら、生命を維持することもできなくなる大切な活動です。

 この“代謝”が活発に働く人は痩せやすい体質、働きが低下している人は太りやすい体質、といわれているんですね。

 代謝は20代以降少しずつ落ちていき、30代になるとガクンと落ちると言われています。だから、30歳をすぎると太りやすく、しかも痩せなくなるんです。いわゆる、老化と言われる現象です。(33歳の私は……)

 リバウンドしないダイエットを成功させるには、代謝をあげ、太りやすい体質とサヨナラするしかありません。

 では、そのためにはどうすればいいのでしょう?

代謝をあげて痩せやすい体へ

甘いものは美味しいけれど・・・(写真:iStock)
甘いものは美味しいけれど・・・ (写真:iStock)

 痩せやすい体を作るためには、当たり前ですが、毎日運動をして筋肉をつけ、代謝をあげる方法が効果的です。もちろん運動が苦でなければ、の話です。

 ただ、今まで話題になってきた数々のダイエット法は、巻くだけとか呼吸するだけなど、とにかく“○○するだけ”だったりします。きっと、運動は面倒だし時間がない、疲れるわりに即効性がないからでしょう。

 私も、ダイエットは運動するといいと思いながら、そこから逃げてきた人間の一人です。こうして、食事による体質改善を試みたのです。

【あわせて読みたい】1日でもOK♡ファスティングダイエットを成功させるやり方!

■太る体質、リバウンドとは

 前回もお話したように、とにかくゼロ知識でやってしまいがちなのが「食べないダイエット」です。

 食べなければ痩せそうだし、即効性がありそうだからわかるのですが、昔の私はこの方法の常連で、自分で「好きなモノちょこっとだけダイエット」とワケのわからない呼称をつけて実践していました。

 おなかが空いたら好きな物をちょこっとだけ食べるという、文字通りのダイエット方法ですが、これ、一番やってはいけないダイエット方法でした。

 私の場合、以前のグラビアアイドルという職業柄、スタイルの維持にストイックにならなくてはいけなかったので、一日何も食べないでいることは、仕事のためと思えばそんなに難しいことではありませんでした。

 しかし、結局はおなかが空くので、何か食べなくてはと食べ物に手を出します。そこで私が選ぶのが、チョコレートやケーキでした。

 理由は、甘いのが大好きだったのと、ご飯だといっぱい食べてしまうから。甘いのを少し食べてまた我慢しよう、という考えです。

 こんな生活を送っていた私は、結果どうなったかというと、痩せない体、太りやすい体質を自ら作りあげてしまったのです。

 今となっては本当にあった怖い話の一つですね。(笑)

食べないダイエットをしてしまうと、体はどうなる?(写真:iStock)
食べないダイエットをしてしまうと、体はどうなる? (写真:iStock)

 何も食べないダイエットも、やり方さえ間違えなければ、デトックス効果が期待され、健康的に痩せる方法はあります。(これはいずれまたご説明します)

 しかし、安易に食べないダイエットをしてしまうと、体はどうなると思いますか?

 体の叫びはきっとこうです。

<何も食べてくれないから栄養がまわってこないよ! 次に入ってきた食べ物からエネルギーをもらわなきゃ!>

 そう、体は栄養を思いっきり吸収すしようと準備をしているんです。そんな時に、ケーキやチョコレートなど糖分と脂肪たっぷりのスイーツをとってしまってはどうなるでしょう?

 栄養どころか、大量の砂糖を摂取し放題。スイーツやお菓子でよく使われる、ショートニングやマーガリン(有害物質と言われているもの)も一気に「いただきまーす! モグモグ!」と、なりますよね。

 結果、ちょっと食べただけで太ってしまうんです。

【あわせて読みたい】ストレス過食を一瞬で止める!女性ならではのドカ食い解消法

 何も食べなければ一時的に痩せるかもしれません。しかし、間違った食事をしてしまったが最後、勢いよく吸収して一瞬にして体重は増加、リバウンドを引き起こしてしまいます。

 食べたい→我慢→体重が減る→我慢の限界→ドカ食い→以前より体重増加

 “魔のスパイラル”に陥っていた私は、こんなことを続けていたばかりに、血液はドロドロ、代謝も落ちて、免疫力が低下し、すっかり太りやすい体になってしまいました。

 その証拠に、私のグラビア時代の写真をみると、毎回スタイルがバラバラで、太っている時と痩せている時の差が激しく、無理なダイエットをして痩せている時、その反動でリバウンドして太ってしまった時が一目瞭然です。

自分の体を呪っていては、絶対にキレイなれない。(写真:iStock)
自分の体を呪っていては、絶対にキレイなれない。 (写真:iStock)

 私はそのころ、いつも上の人から「痩せなさい」と注意されていました。でも、ゼロ知識だった私は、食べていないのにどうして痩せないのか、この当時は全くわかっていなかったんですね。

 周りからも「ゆかちゃん全然食べないのにね」「どうして痩せないんだろうね」と言われるほど少食だし、日々食べることを我慢していたんですよ。

 毎日おなかが空いてイライラし、痩せないのは体質のせいだ、と自分の体を呪いもしました。でも、自分の体を呪っていては、絶対にキレイにはなれません。

 太りやすい体質からくるストレスやリバウンドは不健康そのもの。内側からキレイになり、本当の「美しい」を手に入れるため、太る体質にならないよう心がけながら、痩せる体質を作っていきましょうね。

(つづく) 

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ぱっつん前髪で失敗しない! 似合う人&似合わない人の特徴
 おしゃれで垢抜けた可愛らしい印象になれる「ぱっつん前髪」は、いつの時代も不動の人気ですよね♡ でも、中にはぱっつん前髪...
モード系メイクでクール美人に♡ キレイに仕上げる8つのコツ
 男性ウケを狙う「フェミニン系メイク」も可愛いですが、女性なら誰もが一度はクールでかっこいい「モード系メイク」に憧れた経...
間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...