太りやすい体質ってどういうこと? リバウンドの原因とは

小阪有花 子どもの心スペシャリスト
更新日:2020-01-11 07:10
投稿日:2019-02-20 06:00

 よく、太りやすい体質だから痩せない、と聞きますが、そもそも太りやすい体質とはどういうことを言うのか理解していますか?

 太りやすい体質の人は「代謝が悪い人」のことを言います。

 まず、代謝とは、基本的には体内の中で起きている生命活動のことをいいます。体温を維持する、心臓を動かしたりする、などの働きのことをいい、これが停止したら、生命を維持することもできなくなる大切な活動です。

 この“代謝”が活発に働く人は痩せやすい体質、働きが低下している人は太りやすい体質、といわれているんですね。

 代謝は20代以降少しずつ落ちていき、30代になるとガクンと落ちると言われています。だから、30歳をすぎると太りやすく、しかも痩せなくなるんです。いわゆる、老化と言われる現象です。(33歳の私は……)

 リバウンドしないダイエットを成功させるには、代謝をあげ、太りやすい体質とサヨナラするしかありません。

 では、そのためにはどうすればいいのでしょう?

代謝をあげて痩せやすい体へ

 痩せやすい体を作るためには、当たり前ですが、毎日運動をして筋肉をつけ、代謝をあげる方法が効果的です。もちろん運動が苦でなければ、の話です。

 ただ、今まで話題になってきた数々のダイエット法は、巻くだけとか呼吸するだけなど、とにかく“○○するだけ”だったりします。きっと、運動は面倒だし時間がない、疲れるわりに即効性がないからでしょう。

 私も、ダイエットは運動するといいと思いながら、そこから逃げてきた人間の一人です。こうして、食事による体質改善を試みたのです。

【あわせて読みたい】1日でもOK♡ファスティングダイエットを成功させるやり方!

■太る体質、リバウンドとは

 前回もお話したように、とにかくゼロ知識でやってしまいがちなのが「食べないダイエット」です。

 食べなければ痩せそうだし、即効性がありそうだからわかるのですが、昔の私はこの方法の常連で、自分で「好きなモノちょこっとだけダイエット」とワケのわからない呼称をつけて実践していました。

 おなかが空いたら好きな物をちょこっとだけ食べるという、文字通りのダイエット方法ですが、これ、一番やってはいけないダイエット方法でした。

 私の場合、以前のグラビアアイドルという職業柄、スタイルの維持にストイックにならなくてはいけなかったので、一日何も食べないでいることは、仕事のためと思えばそんなに難しいことではありませんでした。

 しかし、結局はおなかが空くので、何か食べなくてはと食べ物に手を出します。そこで私が選ぶのが、チョコレートやケーキでした。

 理由は、甘いのが大好きだったのと、ご飯だといっぱい食べてしまうから。甘いのを少し食べてまた我慢しよう、という考えです。

 こんな生活を送っていた私は、結果どうなったかというと、痩せない体、太りやすい体質を自ら作りあげてしまったのです。

 今となっては本当にあった怖い話の一つですね。(笑)

 何も食べないダイエットも、やり方さえ間違えなければ、デトックス効果が期待され、健康的に痩せる方法はあります。(これはいずれまたご説明します)

 しかし、安易に食べないダイエットをしてしまうと、体はどうなると思いますか?

 体の叫びはきっとこうです。

<何も食べてくれないから栄養がまわってこないよ! 次に入ってきた食べ物からエネルギーをもらわなきゃ!>

 そう、体は栄養を思いっきり吸収すしようと準備をしているんです。そんな時に、ケーキやチョコレートなど糖分と脂肪たっぷりのスイーツをとってしまってはどうなるでしょう?

 栄養どころか、大量の砂糖を摂取し放題。スイーツやお菓子でよく使われる、ショートニングやマーガリン(有害物質と言われているもの)も一気に「いただきまーす! モグモグ!」と、なりますよね。

 結果、ちょっと食べただけで太ってしまうんです。

【あわせて読みたい】ストレス過食を一瞬で止める!女性ならではのドカ食い解消法

 何も食べなければ一時的に痩せるかもしれません。しかし、間違った食事をしてしまったが最後、勢いよく吸収して一瞬にして体重は増加、リバウンドを引き起こしてしまいます。

 食べたい→我慢→体重が減る→我慢の限界→ドカ食い→以前より体重増加

 “魔のスパイラル”に陥っていた私は、こんなことを続けていたばかりに、血液はドロドロ、代謝も落ちて、免疫力が低下し、すっかり太りやすい体になってしまいました。

 その証拠に、私のグラビア時代の写真をみると、毎回スタイルがバラバラで、太っている時と痩せている時の差が激しく、無理なダイエットをして痩せている時、その反動でリバウンドして太ってしまった時が一目瞭然です。

 私はそのころ、いつも上の人から「痩せなさい」と注意されていました。でも、ゼロ知識だった私は、食べていないのにどうして痩せないのか、この当時は全くわかっていなかったんですね。

 周りからも「ゆかちゃん全然食べないのにね」「どうして痩せないんだろうね」と言われるほど少食だし、日々食べることを我慢していたんですよ。

 毎日おなかが空いてイライラし、痩せないのは体質のせいだ、と自分の体を呪いもしました。でも、自分の体を呪っていては、絶対にキレイにはなれません。

 太りやすい体質からくるストレスやリバウンドは不健康そのもの。内側からキレイになり、本当の「美しい」を手に入れるため、太る体質にならないよう心がけながら、痩せる体質を作っていきましょうね。

(つづく) 

小阪有花
記事一覧
子どもの心スペシャリスト
保育コンサルタント。アイドル時代の旧芸名は小阪由佳。「ミスマガジン2004」グランプリで芸能界デビュー。09年に引退後、保育園の先生を経て現職に。チャイルドカウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター、家族療法カウンセラーなどの資格を持つ。
XInstagram

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ユニクロ「リブスクエアネックブラT」の理想と現実。鏡の前でボー然!
 梅雨も明け、いよいよ夏本番! 旅行の計画を立てている人も多いのでは? 筆者もこの原稿が公開される頃には、ハッピーなサマ...
美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...