近いのに遠い実家…娘が孫を連れて出戻ってきた時の親の心

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-10-27 16:12
投稿日:2021-10-26 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

「近いのに、なぜか遠い場所」だった実家

近いのに遠い実家…(イラスト:こばやしまー)
近いのに遠い実家… (イラスト:こばやしまー)

 私が初めて一人暮らしをするために実家を離れたのは、26歳の時。一般的には遅い「親離れ」でした。

 結婚した当初は電車で30分くらいの距離に住んでいましたが、息子が10カ月の時、実家から歩いて1分半のマンションに引っ越しました。

 引っ越しをした理由はひとつではありませんが、仕事、家事、ワンオペ育児できつかった当時、「実家でちょくちょく息子を見てもらおう」という甘い考えがあったのは確か。

 でも、10年近く実家を離れてみると、お互いに生活習慣や考え方、いろんなことが変わっているもので、正直、関係がなかなかうまくいかない時期もありました。

 どちらかの家で風邪を引いた人がいたら、うつしてはいけないと会わないようにしたり、冷蔵庫を勝手に開けてはいけない気がしたりと、同居している家族だったらなんでもないようなことを過度に気にするようになっていました。

 また、私と実家、私と夫は「家族」でも、実家と夫はある意味「他人」。両方を立てようとして気を使い、どうにも疲れてしまうことも。

 “近いのに、なぜか遠い場所”——。それが、結婚中の私にとっての「実家」でした。

シングルマザーになって実家に帰った時のこと

“仮住まい”のつもりで引っ越した実家(写真:iStock)
“仮住まい”のつもりで引っ越した実家 (写真:iStock)

 離婚後、子供を連れて実家に戻る人は30%ほどだと言われています。(参考:アットホーム「シングルマザーの住まいの実態調査(2017年)」)私は、その30%のうちのひとり。

 離婚をしようと悩んで今後の住まいを考えた時、真っ先に母に相談をし、父に話をつないでもらいました。最終的には二人とも納得してくれたように見えたものの、当然「できれば離婚なんてしないほうが良い」と思っていたことでしょう。

 そんな両親の気持ちを見て見ないふりをして、1カ月後には、私は息子を連れてせかせかと実家に引越しました。

 しかし、先述したように、“近いのに、なぜか遠い場所”だった実家。

 まるでどこかから来たお嫁さんのように「勝手に台所のものを触ってはいけない」というようなギクシャクした気まずさがあり、なんとなく“仮住まい”気分が抜けず、ベッドなんかも安いぺたっとした敷きパッドを用意し、「半年でお金を貯めて、息子と出ていこう」という気持ちでいました。

娘が孫を連れて出戻った時の親の心は?

親の心はわからないけれど…(写真:iStock)
親の心はわからないけれど… (写真:iStock)

 長い間、大事に育てた娘が結婚し、ママになり、ほっとしたのも束の間、4歳の孫を連れて出戻ってくるというのはどんな気持ちになるのでしょうか。

 それは、正直、まったくわかりません(笑)。

 特に、父は「the 九州男児!」という古い人間。この現代、「恥」とまでは思わないにしても、複雑だったことでしょう。私の離婚当時、わざわざ自分から「いや〜娘が孫を連れて出戻ってきてねぇ……」と、おおっぴらに話をしたとは到底思えません。

 ただ、反対もしませんでした。「大人だから」ということを尊重してくれたのでしょうし、私がいったん決めたら曲げないと分かっていたのだと思います。

 それに対して、前衛的な母。最初こそ、ほかの道はないのかと心配していたものの、私が近所で「出戻りました〜!」と伝えている時、一緒になって「そうなんですよ〜! ほんっと、お気楽娘で! でもね、人生一回っきりですしね!」なんて、言っていました(笑)。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...