「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)

コクハク編集部
更新日:2021-10-07 17:46
投稿日:2021-10-07 06:00

パワースポット「肉のハナマサ」

黄色い看板を見るとテンションが上がります♡(C)コクハク
黄色い看板を見るとテンションが上がります♡ (C)コクハク

 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1度は必ずお肉をまとめ買いしています。大量の豚バラ肉を小分けにして冷凍する作業に幸福を感じます。

 ハナマサは肉だけではなく、魚や野菜、調味料も充実しているのが嬉しいところ。筆者にとってはパワースポットと言っても過言ではありません。

ポテチ界の帝王現る

王者の風格(C)コクハク
王者の風格 (C)コクハク

 そんな愛すべきハナマサで、先日発見したのが、こちらのポテトチップス2種。すっごくウマいんです。

 今まで食べたポテチの中でもダントツ。まさにポテチ界の帝王! ひれ伏しちゃうよ!

ポテトチップス麻辣味

ポテトチップス麻辣味(税込価格 106円)/(C)コクハク
ポテトチップス麻辣味(税込価格 106円)/ (C)コクハク

 まずは麻辣味からご紹介。

 袋を開けた瞬間、スパーシーな花椒の香りがグイグイきます。

 この香りだけでビールが飲めそうなくらい。辛い物好きの血が騒ぎます。

見た目より辛い!(C)コクハク
見た目より辛い! (C)コクハク

 封を開けるとほんのり赤いポテチがこんにちは。

 刺激的な香りの割には色合いは控えめ。ところがどっこい、これがしっかりと辛いんです。

 花椒の痺れもバッチリ。顔から汗が噴き出ます。

唐辛子片手に火を吹いておられる(C)コクハク
唐辛子片手に火を吹いておられる (C)コクハク

 そりゃ、パッケージのおっちゃんも火を吹くわけだ。

辛さへの注意喚起もばっちり(C)コクハク
辛さへの注意喚起もばっちり (C)コクハク

 一口食べたら最後、手が止まりません。あっという間に完食してしまいました。

 ちなみに100グラムで555キロカロリー。ってことは1袋60グラムだから、333キロカロリーだな。とはいえ、カプサイシン効果で結果的には0キロカロリーだからオッケー(違います)。

ポテトチップスタン塩レモン味

ポテトチップスタン塩レモン味(税込価格 106円)/(C)コクハク
ポテトチップスタン塩レモン味(税込価格 106円)/ (C)コクハク

 続けてこちらのタン塩レモン味。

 みんな大好きタン塩とポテチのコラボ。ウマいに決まってます。

 ポテチなのに炭火焼きの香りがするのにまず驚きです。

ギザギザカットのポテチっておいしさ2倍増しな気がする(C)コクハク
ギザギザカットのポテチっておいしさ2倍増しな気がする (C)コクハク

 困惑しながら食べると、またびっくり。タンの風味をハッキリと感じられます。そして、そのあとレモンの爽やかさが追いかけてきます。

 どう考えてもタン塩にレモンつけて食べてるあの感じ。焼肉で最初に食べるアレですよ!

 それなのに手元にあるのはポテチという不思議な現象に脳がクラクラします。

ダイエットは明日から(C)コクハク
ダイエットは明日から (C)コクハク

 こちらもあれよあれよという間にペロッと一袋空けてしまいました。100グラム驚異の587キロカロリー! 一袋にすると352キロカロリーくらいか……。うん、まあ、そうなるよね、焼肉だもんね(違います)。

 ◇  ◇  ◇

 このおいしさで、2種類とも税込み106円なのだから、ハナマサ恐るべし……! こりゃあ、また買っちゃうわ。リピ確定だわ。「食欲の秋」バンザーイ!

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...
「鶏そぼろ豆腐」プロの仕上がりに少しでも近づける技とは?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の人気焼き鳥店「鳥田中」の田中惣一...