ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)

コクハク編集部
更新日:2021-10-06 06:00
投稿日:2021-10-06 06:00

ほっぺたが落ちるって?

冷蔵庫にあったオクラ、ミョウガ、ちくわも合わせて(C)コクハク
冷蔵庫にあったオクラ、ミョウガ、ちくわも合わせて (C)コクハク

 デジタル大辞泉によると、

【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。

 そうなんです。決して大袈裟ではなく、先日、たいへんおいしい鶏そぼろの作り方を教わりました。ダンツマ (男子が喜ぶおつまみレシピ)でご紹介した「鶏そぼろ豆腐」の豆腐の上に乗っけた“それ”です。

 予約の取れない人気店「鳥田中」さんで教えていただいた一品。以下、簡単に鶏そぼろの材料&作り方をおさらいしてみます。

《材料》

・鶏ひき肉 200グラム
・鰹だし(顆粒だしで代用可) 100㏄
・チキンスープ(顆粒だしで代用可) 100㏄
・濃い口醤油 25㏄
・日本酒 25㏄
・上白糖 15グラム
・ショウガ(みじん切り) 15グラム
・ショウガの皮(よく洗う)

《作り方》

(1)鶏そぼろを作る。鍋にショウガの皮以外の材料を入れる。点火する前に菜箸4本を使ってかき混ぜ、鶏ひき肉を完全にほぐす。ショウガの皮を入れ、弱~中火で加熱する
(2)アクを取りながら、時折かき混ぜ、煮汁を詰め、火を止める
(3)鍋のまま冷まし、粗熱が取れたら容器に移して冷蔵庫で保存する

ワンランク上の仕上がりになるコツは2つ

よーく混ぜ混ぜして(C)コクハク
よーく混ぜ混ぜして (C)コクハク

 9月中旬の取材以降、すでに5回は作っていますでしょうか(笑)。鶏ひき肉以外は、おうちに常備してある調味料などで作れるお手軽さ(濃い口醤油は取材後にスーパーに寄り、買い足しました)。

 おいしく作るコツは2つ。

・菜箸4本(←目からウロコだったプロのテク!)を使って完全にほぐす
・丁寧にアク取りをする

 新橋にあった「京味」という比類なき日本料理店で研鑽を積んだ店主に教わったレシピですが、本当に簡単に作ることができます。ショウガの風味がしっかりときいていて、“ジンジャーマニア”の方には特におすすめ! ちなみに、加えたショウガの皮は取り除く必要はなく、そのまま食べられます。鶏のエキスを纏ってそれはもう美味♡

食べ方、アレンジ方法は無限!

オトナ(?)の箱買い(C)コクハク
オトナ(?)の箱買い (C)コクハク

 冷蔵保存できる鶏そぼろがあると日々の食事に幅が広がり、とても豊かになるんです。なかでもお気に入りは、温玉うどんのトッピング。ショウガのきいた甘辛い味付けと卵黄が“合体”したら……あとはもうご想像にお任せいたします。

 ちなみにこの日のうどんは、三野製麺所の讃岐うどんです。その昔、うーんと昔に、女性誌のグルメ記事を担当した際、筆者自身が直接お話しを伺ったわけではないのですが、同企画内である識者の方がオススメされていた商品です。太麺だと茹で時間25分(!)を要するのですが、コシと味わいは別格で時折、購入しております。

 ほっぺたが落ちる「鶏そぼろ」は、炊き立てのご飯や食パンの上にトッピングしても。ぜひ一度、作ってみてください。でもって、お好みの方法で召し上がってください。

 ザ・食欲の秋!

(編集O)

・三野製麺所のHPはこちら。通販でも購入可能です。

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...