今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)

コクハク編集部
更新日:2021-09-29 06:00
投稿日:2021-09-29 06:00
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんなにたくさんの巨峰をお腹いっぱいに食べられる日が来るなんて夢のよう! 神様、生きていてよかったです。
ぶどうの箱詰めをいただきました!(C)コクハク
ぶどうの箱詰めをいただきました! (C)コクハク

 実家で暮らしていたときは、いつも何かしらの果物があり、毎朝食べていました。一人暮らしをするようになってから、ひとつひとつの値段が安くはないことを知りました……。こういったところで、急に実家のありがたみを感じる現金なヤツです(笑)。

巨峰(松本市山辺産)

信州の巨峰は絶品ですね(C)コクハク
信州の巨峰は絶品ですね (C)コクハク

 こちらは昔ながらの巨峰。さっぱりしていて、食べやすいです。みずみずしい中にも、渋みが感じられる味わいです。大粒で、自然な甘さが特徴です。最近の巨峰は、種なしが主流で食べやすいのが嬉しいポイントです。筆者が幼い頃は、切って種を出して食べていました。

ピオーネ(甲府産)

甘くてジューシー!(C)コクハク
甘くてジューシー! (C)コクハク

 実がまん丸で、甘さが際立つのがピオーネ。巨峰を品種改良したもので、しっかりとした甘みと爽やかな酸味が加えられたのが特徴です。最近では、「巨峰よりもおいしい」と評価がうなぎ登りで、金額も巨峰より100円ほど高いです。甘いぶどうが食べたい! と思ったら、ピオーネを選択すれば間違いないでしょう。果汁が豊富で、実が詰まっています。

シナノスマイル(松本市山辺産)

淡いルビー色がきれい(C)コクハク
淡いルビー色がきれい (C)コクハク

 シナノスマイルは、高級ぶどうのカテゴリーに入る、ルビー色が特徴の希少品種です。ピオーネほど甘くはないですが、瑞々しく上品な味わいです。種もないので、食べやすいです。もともとの栽培面積が少ないので、市場に出回る数も少なく貴重です。スーパーで出会う確率も低いので、見つけたら購入して損はないと思います。

ベリーA(山梨県)

一粒一粒が小粒です(C)コクハク
一粒一粒が小粒です (C)コクハク

 紫黒色の品種で、粒は巨峰よりも小ぶりです。濃厚な甘みで、ベリー感が強いです。少しクセがあるので、ジャムやジュースにするとおいしいと思います。個人的にはブルーベリーをより大きく、巨峰に近づけたような印象を受けました。種ありはベリーA、種なしはニューベリーAと呼ばれています。スーパーで比較的安く購入することができます。

余談

 余談ではありますが、筆者の姉は、30代に入ってから果物でアレルギーが出るようになりました。梨、びわ、さくらんぼなどを食べると唇が腫れ上がり、痒みが出てしまうのです。姉の名前には「梨」の字が使われていて、一番好きな果物も梨だったので、皮肉なものです。年齢で体質に変化が起こるというのは本当なんですね。

 大好きなものでも、突然食べれなくなる可能性がある。旬の果物は、食べたいと思ったときに食べてしまおうと思う今日この頃。余計に食い意地が張るようになってしまったのでした。

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...