今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)

コクハク編集部
更新日:2021-09-29 06:00
投稿日:2021-09-29 06:00
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんなにたくさんの巨峰をお腹いっぱいに食べられる日が来るなんて夢のよう! 神様、生きていてよかったです。
ぶどうの箱詰めをいただきました!(C)コクハク
ぶどうの箱詰めをいただきました! (C)コクハク

 実家で暮らしていたときは、いつも何かしらの果物があり、毎朝食べていました。一人暮らしをするようになってから、ひとつひとつの値段が安くはないことを知りました……。こういったところで、急に実家のありがたみを感じる現金なヤツです(笑)。

巨峰(松本市山辺産)

信州の巨峰は絶品ですね(C)コクハク
信州の巨峰は絶品ですね (C)コクハク

 こちらは昔ながらの巨峰。さっぱりしていて、食べやすいです。みずみずしい中にも、渋みが感じられる味わいです。大粒で、自然な甘さが特徴です。最近の巨峰は、種なしが主流で食べやすいのが嬉しいポイントです。筆者が幼い頃は、切って種を出して食べていました。

ピオーネ(甲府産)

甘くてジューシー!(C)コクハク
甘くてジューシー! (C)コクハク

 実がまん丸で、甘さが際立つのがピオーネ。巨峰を品種改良したもので、しっかりとした甘みと爽やかな酸味が加えられたのが特徴です。最近では、「巨峰よりもおいしい」と評価がうなぎ登りで、金額も巨峰より100円ほど高いです。甘いぶどうが食べたい! と思ったら、ピオーネを選択すれば間違いないでしょう。果汁が豊富で、実が詰まっています。

シナノスマイル(松本市山辺産)

淡いルビー色がきれい(C)コクハク
淡いルビー色がきれい (C)コクハク

 シナノスマイルは、高級ぶどうのカテゴリーに入る、ルビー色が特徴の希少品種です。ピオーネほど甘くはないですが、瑞々しく上品な味わいです。種もないので、食べやすいです。もともとの栽培面積が少ないので、市場に出回る数も少なく貴重です。スーパーで出会う確率も低いので、見つけたら購入して損はないと思います。

ベリーA(山梨県)

一粒一粒が小粒です(C)コクハク
一粒一粒が小粒です (C)コクハク

 紫黒色の品種で、粒は巨峰よりも小ぶりです。濃厚な甘みで、ベリー感が強いです。少しクセがあるので、ジャムやジュースにするとおいしいと思います。個人的にはブルーベリーをより大きく、巨峰に近づけたような印象を受けました。種ありはベリーA、種なしはニューベリーAと呼ばれています。スーパーで比較的安く購入することができます。

余談

 余談ではありますが、筆者の姉は、30代に入ってから果物でアレルギーが出るようになりました。梨、びわ、さくらんぼなどを食べると唇が腫れ上がり、痒みが出てしまうのです。姉の名前には「梨」の字が使われていて、一番好きな果物も梨だったので、皮肉なものです。年齢で体質に変化が起こるというのは本当なんですね。

 大好きなものでも、突然食べれなくなる可能性がある。旬の果物は、食べたいと思ったときに食べてしまおうと思う今日この頃。余計に食い意地が張るようになってしまったのでした。

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏そぼろ豆腐」プロの仕上がりに少しでも近づける技とは?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の人気焼き鳥店「鳥田中」の田中惣一...