納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-10-19 06:00
投稿日:2021-10-19 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗っている後藤千絵弁護士に、「絶対に結婚してはいけない男性の特徴」について、1回目2回目に続いて、インタビュアー・内埜(うちの)さくらが聞きました。

直感にフタをするべからず!

結婚を反対されるには理由がある(写真:iStock)
結婚を反対されるには理由がある (写真:iStock)

――1回目でもお伝えしましたが、後藤先生のご著書で女性が離婚を考える主原因は、基本的に以下の8つとのことでした。

1.モラハラ(モラルハラスメント=言葉の暴力)
2.DV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)
3.異性問題(浮気・不倫)
4.金銭問題(生活費を渡さない・借金)
5.相手の家族との折り合いが悪い(嫁姑問題・介護問題)
6.性的不調和
7.酒癖が悪い
8.性格・価値観の不一致

 上記8つには含まれていませんが、ご著書の「両親や友人の意見に耳を傾ける」という記述も心にグサグサ刺さりました……!

後藤千絵弁護士(以下、後藤) 私が離婚相談を受ける中で、よく遭遇するのが「今から思えば、両親や友人は今の夫との結婚に強く反対していた」という事実です。

 結婚を決めるとき、本人は周りが見えなくなっているものです。自分の気持ちが盛り上がっているときこそ、一度立ち止まって冷静に考える。私の経験上、「よくこんな男性と結婚したな」というケースは、結婚する際に両親や友人がほぼ全員反対していたという場合が多いのです。周囲に反対されるまでもなく、実はご本人は、相手に対してなんらかの違和感を覚えているはず。判断力が鈍っているときこそ、直感にフタをしないでいただきたいのです。

優しい人より「正直な人」を選ぶべき理由

本当の姿を見極めよ(写真:iStock)
本当の姿を見極めよ (写真:iStock)

――「直感にフタをしない」という言葉、離婚経験者は当時の自分に伝えてあげたい言葉かもしれません。筆者の知人女性に該当者がいます。彼女は元夫の男友達から「引き返す(結婚をやめる)なら今だよ」と言われ、元夫の母親からは「本当にこの子でいいの!?」と聞かれましたが、「冗談だろう」と聞き流したそうです。結果、金銭問題で離婚しました。ほかに、ご著書には記載されていない、失敗しないパートナーの選び方はありますか。

後藤 独身女性は理想のタイプに「優しい人」と挙げることが多いですが、私は「優しい人」ではなく、「正直な人」をオススメしたいです。優しい人は自分の主観で優しいと判断していることが多く、その男性は嘘をつく可能性がある。一方、正直な人というのは妻にとって酷なことでも、正直に告げる人。酷いと思うこともあるかもしれませんが、嘘をつかないという点では人間として信頼できる場合が多いからです。

 正直かウソをつく人かは、誰にとっても明瞭なものさしではないでしょうか。正直さは人間としての信頼につながるため、もし夫婦間で対立した場合でも、「この人は信頼できるから」と、お互い冷静に落としどころを見つけやすくなるもの。

 正直かどうかの見極めポイントは、相手に非があった際は素直に謝罪する、たとえ相手自身が不利になるような情報でも、ありのままを伝えてくれるなどを目安にしてみてください。「結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ」は真実で、モラハラ、DV、異性問題、金銭問題を起こす男性は、見抜くことは難しいですが、巧妙なウソをついて隠しているはずです。隠すといえば、マザコン男性も然りです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ