納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-10-19 06:00
投稿日:2021-10-19 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗っている後藤千絵弁護士に、「絶対に結婚してはいけない男性の特徴」について、1回目2回目に続いて、インタビュアー・内埜(うちの)さくらが聞きました。

直感にフタをするべからず!

結婚を反対されるには理由がある(写真:iStock)
結婚を反対されるには理由がある (写真:iStock)

――1回目でもお伝えしましたが、後藤先生のご著書で女性が離婚を考える主原因は、基本的に以下の8つとのことでした。

1.モラハラ(モラルハラスメント=言葉の暴力)
2.DV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)
3.異性問題(浮気・不倫)
4.金銭問題(生活費を渡さない・借金)
5.相手の家族との折り合いが悪い(嫁姑問題・介護問題)
6.性的不調和
7.酒癖が悪い
8.性格・価値観の不一致

 上記8つには含まれていませんが、ご著書の「両親や友人の意見に耳を傾ける」という記述も心にグサグサ刺さりました……!

後藤千絵弁護士(以下、後藤) 私が離婚相談を受ける中で、よく遭遇するのが「今から思えば、両親や友人は今の夫との結婚に強く反対していた」という事実です。

 結婚を決めるとき、本人は周りが見えなくなっているものです。自分の気持ちが盛り上がっているときこそ、一度立ち止まって冷静に考える。私の経験上、「よくこんな男性と結婚したな」というケースは、結婚する際に両親や友人がほぼ全員反対していたという場合が多いのです。周囲に反対されるまでもなく、実はご本人は、相手に対してなんらかの違和感を覚えているはず。判断力が鈍っているときこそ、直感にフタをしないでいただきたいのです。

優しい人より「正直な人」を選ぶべき理由

本当の姿を見極めよ(写真:iStock)
本当の姿を見極めよ (写真:iStock)

――「直感にフタをしない」という言葉、離婚経験者は当時の自分に伝えてあげたい言葉かもしれません。筆者の知人女性に該当者がいます。彼女は元夫の男友達から「引き返す(結婚をやめる)なら今だよ」と言われ、元夫の母親からは「本当にこの子でいいの!?」と聞かれましたが、「冗談だろう」と聞き流したそうです。結果、金銭問題で離婚しました。ほかに、ご著書には記載されていない、失敗しないパートナーの選び方はありますか。

後藤 独身女性は理想のタイプに「優しい人」と挙げることが多いですが、私は「優しい人」ではなく、「正直な人」をオススメしたいです。優しい人は自分の主観で優しいと判断していることが多く、その男性は嘘をつく可能性がある。一方、正直な人というのは妻にとって酷なことでも、正直に告げる人。酷いと思うこともあるかもしれませんが、嘘をつかないという点では人間として信頼できる場合が多いからです。

 正直かウソをつく人かは、誰にとっても明瞭なものさしではないでしょうか。正直さは人間としての信頼につながるため、もし夫婦間で対立した場合でも、「この人は信頼できるから」と、お互い冷静に落としどころを見つけやすくなるもの。

 正直かどうかの見極めポイントは、相手に非があった際は素直に謝罪する、たとえ相手自身が不利になるような情報でも、ありのままを伝えてくれるなどを目安にしてみてください。「結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ」は真実で、モラハラ、DV、異性問題、金銭問題を起こす男性は、見抜くことは難しいですが、巧妙なウソをついて隠しているはずです。隠すといえば、マザコン男性も然りです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ