納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-10-19 06:00
投稿日:2021-10-19 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗っている後藤千絵弁護士に、「絶対に結婚してはいけない男性の特徴」について、1回目2回目に続いて、インタビュアー・内埜(うちの)さくらが聞きました。

直感にフタをするべからず!

結婚を反対されるには理由がある(写真:iStock)
結婚を反対されるには理由がある (写真:iStock)

――1回目でもお伝えしましたが、後藤先生のご著書で女性が離婚を考える主原因は、基本的に以下の8つとのことでした。

1.モラハラ(モラルハラスメント=言葉の暴力)
2.DV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)
3.異性問題(浮気・不倫)
4.金銭問題(生活費を渡さない・借金)
5.相手の家族との折り合いが悪い(嫁姑問題・介護問題)
6.性的不調和
7.酒癖が悪い
8.性格・価値観の不一致

 上記8つには含まれていませんが、ご著書の「両親や友人の意見に耳を傾ける」という記述も心にグサグサ刺さりました……!

後藤千絵弁護士(以下、後藤) 私が離婚相談を受ける中で、よく遭遇するのが「今から思えば、両親や友人は今の夫との結婚に強く反対していた」という事実です。

 結婚を決めるとき、本人は周りが見えなくなっているものです。自分の気持ちが盛り上がっているときこそ、一度立ち止まって冷静に考える。私の経験上、「よくこんな男性と結婚したな」というケースは、結婚する際に両親や友人がほぼ全員反対していたという場合が多いのです。周囲に反対されるまでもなく、実はご本人は、相手に対してなんらかの違和感を覚えているはず。判断力が鈍っているときこそ、直感にフタをしないでいただきたいのです。

優しい人より「正直な人」を選ぶべき理由

本当の姿を見極めよ(写真:iStock)
本当の姿を見極めよ (写真:iStock)

――「直感にフタをしない」という言葉、離婚経験者は当時の自分に伝えてあげたい言葉かもしれません。筆者の知人女性に該当者がいます。彼女は元夫の男友達から「引き返す(結婚をやめる)なら今だよ」と言われ、元夫の母親からは「本当にこの子でいいの!?」と聞かれましたが、「冗談だろう」と聞き流したそうです。結果、金銭問題で離婚しました。ほかに、ご著書には記載されていない、失敗しないパートナーの選び方はありますか。

後藤 独身女性は理想のタイプに「優しい人」と挙げることが多いですが、私は「優しい人」ではなく、「正直な人」をオススメしたいです。優しい人は自分の主観で優しいと判断していることが多く、その男性は嘘をつく可能性がある。一方、正直な人というのは妻にとって酷なことでも、正直に告げる人。酷いと思うこともあるかもしれませんが、嘘をつかないという点では人間として信頼できる場合が多いからです。

 正直かウソをつく人かは、誰にとっても明瞭なものさしではないでしょうか。正直さは人間としての信頼につながるため、もし夫婦間で対立した場合でも、「この人は信頼できるから」と、お互い冷静に落としどころを見つけやすくなるもの。

 正直かどうかの見極めポイントは、相手に非があった際は素直に謝罪する、たとえ相手自身が不利になるような情報でも、ありのままを伝えてくれるなどを目安にしてみてください。「結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ」は真実で、モラハラ、DV、異性問題、金銭問題を起こす男性は、見抜くことは難しいですが、巧妙なウソをついて隠しているはずです。隠すといえば、マザコン男性も然りです。

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ