バツイチだけど恋愛したい!男性からの印象&恋活ポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-04 06:00
投稿日:2021-11-04 06:00
 バツイチ女性の中には、「恋愛がしたい」と思いながらも引け目を感じ、恋愛に積極的になれない人がいます。「一度、結婚に“失敗”しているから……」と、自信をなくしている人もいるでしょう。しかし、今の時代、離婚は珍しいことではありませんから、卑屈になる必要なんてありません! そこで今回は、バツイチ女性に対して男性が持つ印象と、恋活のポイントをご紹介します!

バツイチだけど恋愛したい人必見! 男性が持つ5つの印象

バツイチでもいいですか?(写真:iStock)
バツイチでもいいですか? (写真:iStock)

「バツイチだと知られたら、どう思われるだろうか?」と考えると、なかなか恋愛に積極的になれない女性もいます。しかし、男性は思っているほどバツイチに対して悪い印象は持っていないようです。

1. 魅力的な人なら、バツイチでも恋愛対象

 3組に1組が離婚していると言われる現代、バツイチは珍しいことではありません。そのため、離婚経験があるからといって、それだけで敬遠する人は少ないです。

 それよりも、女性として魅力的な人であれば、心惹かれる男性は多いでしょう。女性として自分磨きを忘れていない人は、バツイチであろうとモテるのです。

2. 一度失敗しているからこそ、大切にしてもらえそう

 バツイチの人は「一度、結婚に失敗した」と引け目を感じてしまうことも多いですが、男性は逆にそれをプラスと捉える人も多いです。

 なぜなら、「失敗しているからこそ、次はパートナーを大切にしてくれるはず」と考えているから。あなた自身も、そうプラスに捉えておくと良いですね。

3. 結婚を経験しているから生活感があり、安心できる

 一度結婚しているということは、家庭を持っていたということ。当たり前のように家事や仕事、育児をこなしていた人も多いでしょう。それゆえに、バツイチ女性に生活感があると感じる男性も多いです。

 生活感というと所帯じみたイメージを持つかもしれませんが、大人の男性にとってはそれが安心感につながるため、好印象を与えることができます。

4. 恋愛対象かどうかは離婚理由による

 離婚するには、それなりの理由があってこそ。そのため、男性によっては女性の離婚理由によって恋愛対象になるかどうか、判断が変わる人もいます。

 当然ですが、あなた自身に原因があるのであれば「俺も無理だな」と思われるかもしれません。しかし、原因が相手にある場合は、離婚を気にしない男性が多いです。

5. お金&父親になることが目的だと恋愛対象外

 バツイチ女性の中には、「生活が大変だから経済的に支えてほしい」「子供に父親を作ってあげたい」ということを目的に、恋愛を考えている人もいるでしょう。

 実は、こういった理由が目的の恋愛だと分かると、たとえ好意を持っていた相手であっても、男性は恋愛対象外と判断することが多いよう。当然ですが、愛情あっての恋愛であることが必須だといえるでしょう。

バツイチで恋愛したい女性が恋活をする際の3つのポイント

包容力が新しい魅力に(写真:iStock)
包容力が新しい魅力に (写真:iStock)

 バツイチでも、恋愛をするのは自由! しかし、恋活をはじめる際には、以下のポイントを忘れないでくださいね。

1. バツイチであることは隠さない

 バツイチ女性の中には、離婚経験があることを隠そうとする人がいます。しかし、隠したことで、のちのち不信感を抱かれて関係が悪くなってしまうことも。離婚は悪いことではありませんから、早い段階で相手に打ち明けておくようにしましょう。

2. 包容力をアピール

 バツイチであるということは、それなりの修羅場や苦労を経験してきたということ。それをあなたにとって、プラスの出来事にしてしまいましょう。相手を思いやる気持ち、包容力をアピールできれば、新たな自分の魅力を引き出せるはずです。

3. 一人の女性として恋愛を楽しむ

 恋愛したいと思うのであれば、バツイチの引け目や母親であることを分けて考えることが必要です。あなた自身が一緒にいて、楽しい、癒される、愛情を持てると感じられる相手を選ぶことが、幸せへの近道ですよ。

バツイチでも恋愛はできる!次こそ幸せを掴もう

今度こそ幸せに(写真:iStock)
今度こそ幸せに (写真:iStock)

 一度離婚を経験すると、恋愛や結婚に後ろ向きになってしまう人も多いでしょう。しかし、そこで恋愛を諦めてしまうのはもったいありません。失敗を活かすことができれば、次こそ幸せな恋愛、結婚を掴めるはずですよ♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ