2度と思い出したくない黒歴史…消し去りたい誤爆LINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-11-13 06:00
投稿日:2021-11-13 06:00
 連絡手段としてとても便利なLINE。でも、簡単に送れる便利さと引き換えに「誤爆」という危険性を秘めていますよね……。きっとあなたにも、2度と思い出したくない黒歴史があるのではないでしょうか? 今回は、そんな記憶を掘り起こして、できることなら消し去りたい誤爆の数々をご紹介しましょう!

思い出したくない! 消し去りたい誤爆LINEの黒歴史5選

1. 彼氏に不潔なプライベートを暴露

 こちらの女性は、大好きな彼氏に不潔なプライベートを暴露してしまった黒歴史をもっているようです。お母さんに「ベッドの上のブラウス、2週間洗ってないから洗っといて!」と入れたLINEを、間違えて彼氏に送ってしまいました。

 最悪なことに、そのブラウスは前日にデートに着て行ったもの。彼氏もさすがに「清潔にしろよ」と、一言。洗濯機が壊れていたという苦しい言い訳に、こちらまで胸が苦しくなってしまうLINEでした。

2. 後輩にマザコンがバレちゃった男性

 こちらは、土木工事関係の仕事の先輩と後輩のLINE。誤爆をした張本人は先輩のほう。ガタイもよく、普段はクールでいざという時は頼れる男として、後輩たちにも一目置かれる存在だった彼。それが、ある日お母さんに送るLINEを、間違えて後輩に送ってしまったそうなのです。

 いつもは「俺」「おふくろ」なんて言っていたのですが、「僕」「ママ」と呼んでいることがバレてしまっていますね……。後輩に突っ込まれてムキになってしまったのも失敗でした。この日から一転、いじられキャラになってしまった先輩……。過去には戻れないけれど、できることなら消し去りたい黒歴史でした。

3. 保育園のクラスLINEで親バカ性悪発言

 こちらは、とある保育園のクラスLINE。ここで大誤爆をやらかしてしまったこちらのママ。この日は保育園の運動会があり、夫と待ち合わせの連絡がてら「ほかの子めっちゃ下手、うちの子だけ天才」という、親バカ性悪LINEを送ってしまったのです。

 しかも、名指しでほかの子をバカにしてしまったため、その子のお母さんから怒りの返事が! 気づいた時には時すでに遅し……。この後、ほかのママたちから泣き顔のスタンプがちらほら送られてきて……最終的に辛くなって転園することになったのだとか。自業自得とはいえ、本当に忘れたい黒歴史ですね。

4. グループLINEでノーパン告白

 こちらは、かなりキツい内容になっています……。久しぶりに中学の同窓会をやろうとグループLINEを立ち上げて内容を詰めていたそうなのですが、そのグループに「今日のデートはノーパンだよ♡」と、彼氏に宛てたLINEを送ってしまったこちらの女性!

 心優しい友達が1人、「LINE消したほうがいいかも」と教えてくれましたが、30人近い同級生はほとんどスルー。空気を読めない男子が「そんなキャラだったっけ?」と入れてきて、さらに空気は凍りつき、しまいには責任感のある幹事が話を遮って出欠確認をするという、混沌としたLINEになってしまいました。これは、立ち直るのに時間がかかりそうです。

5. 義理の母に絶対言ってはいけない言葉を誤爆

 こちらの誤爆も、顔が青ざめてしまいそうな内容です。夫に送ったはずの「お義母さんいつもトイレ臭うから、消臭スプレー買ってきて!」というLINEを、まさかの本人に送ってしまいました。

 これに対して「送る相手を間違えていますよ」と、冷静なお義母さんの返信がまた怖いですね……。素直に潔く認めて謝るお嫁さんの態度を汲んで、どうか許してあげてほしいと思います。

誤爆LINEの黒歴史も時が経てば笑い話に……?

 思い出すだけでも冷や汗が出るような誤爆LINEの黒歴史ですが、きっと時間が経てば笑い話になるはず。「こんなこともあったなぁ。でも今は幸せだからまぁいっか!」と、笑って振り返ることができる時が来るまで、そっと心の中にしまっておきましょう。(笑)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...