2度と思い出したくない黒歴史…消し去りたい誤爆LINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-11-13 06:00
投稿日:2021-11-13 06:00
 連絡手段としてとても便利なLINE。でも、簡単に送れる便利さと引き換えに「誤爆」という危険性を秘めていますよね……。きっとあなたにも、2度と思い出したくない黒歴史があるのではないでしょうか? 今回は、そんな記憶を掘り起こして、できることなら消し去りたい誤爆の数々をご紹介しましょう!

思い出したくない! 消し去りたい誤爆LINEの黒歴史5選

1. 彼氏に不潔なプライベートを暴露

 こちらの女性は、大好きな彼氏に不潔なプライベートを暴露してしまった黒歴史をもっているようです。お母さんに「ベッドの上のブラウス、2週間洗ってないから洗っといて!」と入れたLINEを、間違えて彼氏に送ってしまいました。

 最悪なことに、そのブラウスは前日にデートに着て行ったもの。彼氏もさすがに「清潔にしろよ」と、一言。洗濯機が壊れていたという苦しい言い訳に、こちらまで胸が苦しくなってしまうLINEでした。

2. 後輩にマザコンがバレちゃった男性

 こちらは、土木工事関係の仕事の先輩と後輩のLINE。誤爆をした張本人は先輩のほう。ガタイもよく、普段はクールでいざという時は頼れる男として、後輩たちにも一目置かれる存在だった彼。それが、ある日お母さんに送るLINEを、間違えて後輩に送ってしまったそうなのです。

 いつもは「俺」「おふくろ」なんて言っていたのですが、「僕」「ママ」と呼んでいることがバレてしまっていますね……。後輩に突っ込まれてムキになってしまったのも失敗でした。この日から一転、いじられキャラになってしまった先輩……。過去には戻れないけれど、できることなら消し去りたい黒歴史でした。

3. 保育園のクラスLINEで親バカ性悪発言

 こちらは、とある保育園のクラスLINE。ここで大誤爆をやらかしてしまったこちらのママ。この日は保育園の運動会があり、夫と待ち合わせの連絡がてら「ほかの子めっちゃ下手、うちの子だけ天才」という、親バカ性悪LINEを送ってしまったのです。

 しかも、名指しでほかの子をバカにしてしまったため、その子のお母さんから怒りの返事が! 気づいた時には時すでに遅し……。この後、ほかのママたちから泣き顔のスタンプがちらほら送られてきて……最終的に辛くなって転園することになったのだとか。自業自得とはいえ、本当に忘れたい黒歴史ですね。

4. グループLINEでノーパン告白

 こちらは、かなりキツい内容になっています……。久しぶりに中学の同窓会をやろうとグループLINEを立ち上げて内容を詰めていたそうなのですが、そのグループに「今日のデートはノーパンだよ♡」と、彼氏に宛てたLINEを送ってしまったこちらの女性!

 心優しい友達が1人、「LINE消したほうがいいかも」と教えてくれましたが、30人近い同級生はほとんどスルー。空気を読めない男子が「そんなキャラだったっけ?」と入れてきて、さらに空気は凍りつき、しまいには責任感のある幹事が話を遮って出欠確認をするという、混沌としたLINEになってしまいました。これは、立ち直るのに時間がかかりそうです。

5. 義理の母に絶対言ってはいけない言葉を誤爆

 こちらの誤爆も、顔が青ざめてしまいそうな内容です。夫に送ったはずの「お義母さんいつもトイレ臭うから、消臭スプレー買ってきて!」というLINEを、まさかの本人に送ってしまいました。

 これに対して「送る相手を間違えていますよ」と、冷静なお義母さんの返信がまた怖いですね……。素直に潔く認めて謝るお嫁さんの態度を汲んで、どうか許してあげてほしいと思います。

誤爆LINEの黒歴史も時が経てば笑い話に……?

 思い出すだけでも冷や汗が出るような誤爆LINEの黒歴史ですが、きっと時間が経てば笑い話になるはず。「こんなこともあったなぁ。でも今は幸せだからまぁいっか!」と、笑って振り返ることができる時が来るまで、そっと心の中にしまっておきましょう。(笑)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...
これがないと困る!パルシステムのお勧め3品 2022.8.4(木)
 2人目の出産と引っ越しをきっかけにパルシステムに加入した我が家。「パルシステムがなければ、日々の食卓が成り立たない」と...
“たまたま”撮影は地面に腹ばいで!猫からの思わぬご褒美も♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
新盆の最新マナーを解説!猛暑&コロナ禍で故人を偲ぶには…
 8月になりました。  猫店長「さぶ」率いる我が花屋にも、ワクワクな夏休みがやってまいります。ですが、夏休みの直前...
「先生、会えそう♡」修羅場不可避!ズル休みが招く誤爆LINE
 みなさんは会社をズル休みしたことがありますか? 世の中には「浮かれ気分のズル休み」が原因で、身を滅ぼしてしまった人もい...