2度と思い出したくない黒歴史…消し去りたい誤爆LINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-11-13 06:00
投稿日:2021-11-13 06:00
 連絡手段としてとても便利なLINE。でも、簡単に送れる便利さと引き換えに「誤爆」という危険性を秘めていますよね……。きっとあなたにも、2度と思い出したくない黒歴史があるのではないでしょうか? 今回は、そんな記憶を掘り起こして、できることなら消し去りたい誤爆の数々をご紹介しましょう!

思い出したくない! 消し去りたい誤爆LINEの黒歴史5選

1. 彼氏に不潔なプライベートを暴露

 こちらの女性は、大好きな彼氏に不潔なプライベートを暴露してしまった黒歴史をもっているようです。お母さんに「ベッドの上のブラウス、2週間洗ってないから洗っといて!」と入れたLINEを、間違えて彼氏に送ってしまいました。

 最悪なことに、そのブラウスは前日にデートに着て行ったもの。彼氏もさすがに「清潔にしろよ」と、一言。洗濯機が壊れていたという苦しい言い訳に、こちらまで胸が苦しくなってしまうLINEでした。

2. 後輩にマザコンがバレちゃった男性

 こちらは、土木工事関係の仕事の先輩と後輩のLINE。誤爆をした張本人は先輩のほう。ガタイもよく、普段はクールでいざという時は頼れる男として、後輩たちにも一目置かれる存在だった彼。それが、ある日お母さんに送るLINEを、間違えて後輩に送ってしまったそうなのです。

 いつもは「俺」「おふくろ」なんて言っていたのですが、「僕」「ママ」と呼んでいることがバレてしまっていますね……。後輩に突っ込まれてムキになってしまったのも失敗でした。この日から一転、いじられキャラになってしまった先輩……。過去には戻れないけれど、できることなら消し去りたい黒歴史でした。

3. 保育園のクラスLINEで親バカ性悪発言

 こちらは、とある保育園のクラスLINE。ここで大誤爆をやらかしてしまったこちらのママ。この日は保育園の運動会があり、夫と待ち合わせの連絡がてら「ほかの子めっちゃ下手、うちの子だけ天才」という、親バカ性悪LINEを送ってしまったのです。

 しかも、名指しでほかの子をバカにしてしまったため、その子のお母さんから怒りの返事が! 気づいた時には時すでに遅し……。この後、ほかのママたちから泣き顔のスタンプがちらほら送られてきて……最終的に辛くなって転園することになったのだとか。自業自得とはいえ、本当に忘れたい黒歴史ですね。

4. グループLINEでノーパン告白

 こちらは、かなりキツい内容になっています……。久しぶりに中学の同窓会をやろうとグループLINEを立ち上げて内容を詰めていたそうなのですが、そのグループに「今日のデートはノーパンだよ♡」と、彼氏に宛てたLINEを送ってしまったこちらの女性!

 心優しい友達が1人、「LINE消したほうがいいかも」と教えてくれましたが、30人近い同級生はほとんどスルー。空気を読めない男子が「そんなキャラだったっけ?」と入れてきて、さらに空気は凍りつき、しまいには責任感のある幹事が話を遮って出欠確認をするという、混沌としたLINEになってしまいました。これは、立ち直るのに時間がかかりそうです。

5. 義理の母に絶対言ってはいけない言葉を誤爆

 こちらの誤爆も、顔が青ざめてしまいそうな内容です。夫に送ったはずの「お義母さんいつもトイレ臭うから、消臭スプレー買ってきて!」というLINEを、まさかの本人に送ってしまいました。

 これに対して「送る相手を間違えていますよ」と、冷静なお義母さんの返信がまた怖いですね……。素直に潔く認めて謝るお嫁さんの態度を汲んで、どうか許してあげてほしいと思います。

誤爆LINEの黒歴史も時が経てば笑い話に……?

 思い出すだけでも冷や汗が出るような誤爆LINEの黒歴史ですが、きっと時間が経てば笑い話になるはず。「こんなこともあったなぁ。でも今は幸せだからまぁいっか!」と、笑って振り返ることができる時が来るまで、そっと心の中にしまっておきましょう。(笑)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...