うんざり…職場で泣く大人の特徴6つ&泣かれた時の対処法

コクハク編集部
更新日:2022-01-23 06:00
投稿日:2022-01-23 06:00
 大人になれば、つらいことがあっても、悲しいことがあっても、人前で泣くことは避けるものです。特に、職場は仕事をする場ですから、どんなに悔しいことがあっても我慢が必須! しかし、最近では職場で泣く大人が増えているのだそう。そんな人にはどんな特徴があるのか、また泣かれた時はどんなふうに対処したら良いのかをご紹介します。

職場で泣く大人の6つの特徴

泣けばなんと金津って思ってない?(写真:iStock)
泣けばなんと金津って思ってない? (写真:iStock)

 職場で大人が泣くなんて……と思う人もいるかもしれませんが、一定数存在しています。まずは、そんな人の特徴をチェックしてみましょう。

1. 精神年齢が低い

 大人が職場で泣くというと、「よっぽどのことがあったんだろう」と思ってしまいますよね。しかし、ほとんどの場合、周りから見るとたいしたことではない理由で泣く人が多く、たとえば、仕事がうまくいかない、誰かに注意された、といった理由でも簡単に泣いてしまったりします。

 そんな人は、そもそも精神年齢が低く、幼い人が多いです。中には「泣けば何とかなる」と思っている人もいるようです。

2. 人から注意されたり、指摘されることが苦手

 仕事をしていると、当然、人から注意をされたり、指摘されることがあります。これは、あくまでも仕事をスムーズに進めるためであり、その人のためを思って言ってくれていることです。

 それにも関わらず、職場で泣く大人は人から注意されることや指摘されることが苦手という特徴があります。無駄にプライドが高いことで、人からの意見を受け入れられない人が多いです。

3. 短気で感情的になりやすい

 職場で泣く人は、短気な性格なのも特徴のひとつ。もともと精神年齢が幼いことで、感情的になりやすい人が多いのです。

 それゆえに、思い通りにいかないことで感情的になり、イライラしたり、仕事を投げ出すこともあるでしょう。

4. 嫌なことがあるとすぐに顔に出してしまう

 どんなに穏やかな性格の人でも、嫌なことはあるもの。しかし、それを顔に出さずに接するのが一般的な大人の対応でしょう。

 しかし、職場で泣く大人は幼稚なため、それができません。嫌なことがあると、すぐに顔や態度、言葉に出してしまうのも特徴です。

5. 日頃から被害者意識が強い

 失敗をした時、自分に原因があるにも関わらず、人のせいにする人がいます。実は、そんな被害者意識が強い人も、職場で泣く大人の特徴のひとつです。

 泣くことで、同情を集めようとしたり、「私は、被害者なんです」と訴えようとする人もいるでしょう。

6. 気持ちの切り替えが下手

 仕事で失敗した時、「この失敗を無駄にしないように、次に活かそう」と思うことができれば、モチベーションを上げることができるでしょう。

 しかし、職場で泣く大人はこの気持ちの切り替えが下手なのも特徴。一度失敗をすると、それをいつまでも引きずる傾向にあります。

職場で泣かれた時の3つの対処方法

すぐ泣く人は放置&距離を(写真:iStock)
すぐ泣く人は放置&距離を (写真:iStock)

 仕事中、突然同僚や後輩が泣き出したら、唖然としてしまうのと同時に、「どう接したらよいのだろう?」と戸惑うもの。そんな時には、これらの対処方法を試してみてくださいね!

1. あえて放置する

 突然、職場で誰かが泣き出したら「何かしなくては……」と思う人が多いでしょう。しかし、精神年齢が低い人に正論は通じません。そんな時は、無理に構うのではなく、あえて放置するのもひとつの方法です。

2. 距離を置いて付き合う

 職場で泣くような人は、日頃から考えや言動が幼稚な人が多く、付き合うのも疲れてしまいます。そんな人とは、距離を置いて付き合うのが一番!「同期だから……」なんて無理をせず、仕事上だけと割り切って、ドライな関係をキープするのも良いかもしれません。

3. 幼稚な人間…と割り切る

 職場で泣く人が幼稚だと分かったところで、人はそう簡単に変われませんし、他人であるあなたが労力を使って変える必要もありません。「この人は幼稚な人」だと割り切って、付き合うことも必要でしょう。

職場で泣く大人に振り回されないようにしよう!

泣きたいのはこっちだよ(写真:iStock)
泣きたいのはこっちだよ (写真:iStock)

 泣いている人を見ると、「放っておけない」と思う人もいるでしょう。しかし、職場で泣くということ自体が、大人としてナンセンス! そんな人に振り回されないためには、距離を保って付き合うのが一番ですよ。ぜひ、上手に対応してくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「稼ぐ派vs節約派」の主張 どっちの方がお金が貯めやすい?
 あともう少し、自由に使えるお金がほしいと思った時、あなたは「稼ぐ派」ですか?「節約派」ですか? 今回はそれぞれの意見を...
12月5日~12月11日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
青空猫集会に突撃!サービス満点“たまたま”の完璧ポージング
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...