アップルパイLOVE♡聖地の青森弘前で堪能 2021.12.14(火)

コクハク編集部
更新日:2021-12-14 06:00
投稿日:2021-12-14 06:00

アップルパイ好きなら一度は訪れたい!

きれいに盛り付けられた魅惑のアップルパイプレート♡(C)コクハク
きれいに盛り付けられた魅惑のアップルパイプレート♡ (C)コクハク

 好きなパンランキング6位(日本能率協会総合研究所調べ、2020年)に入るぐらい支持率の高い「アップルパイ」。実はりんご生産量全国NO.1を誇る青森県弘前市では、街をあげて“アップルパイ推し”なのはご存じでしょうか。

 市内でおいしいアップルパイが購入できるお店を掲載したガイドマップが作成されており(弘前観光コンベンション協会のHPで閲覧&DL可能)、それを見ると全部食べたくなっちゃいます(笑)。

 前々からチェックしていた筆者は、休暇を利用し青森県へ。念願のアップルパイの食べ歩きをしてまいりました。

どの店のアップルパイを狙う?

「津軽ゆめりんごファーム」のアップルパイはドーム型(C)コクハク
「津軽ゆめりんごファーム」のアップルパイはドーム型 (C)コクハク

「限られた時間の中で、なるべく多くのアップルパイが食べたい」

 その欲望を満たすべく、厳選したのが、藤田記念庭園内にある「大正浪漫喫茶室」。なぜこちらにしたのか。決め手は、マップにも掲載されている数店舗のアップルパイが食べられるからです。一度に違うお店のアップルパイが食べられるなんて……素敵ですよね。

 しかも、市内観光で外せない弘前城の近くにあるので、アクセスも良好。いざ訪れてみると、とっても素敵なフォトジェニックな洋館で、食べる前から撮影モード全開です。なんでも大正時代に建てられたそうで、窓ガラスやステンドグラスは当時のまま。館内には実業家・藤田謙一氏にまつわる展示物もあり、ぜひ、食前食後(笑)の良きタイミングで覗いてみてください。

 で、喫茶室。手入れの行き届いた庭が堪能できる、インナーバルコニーのようなスペースでお目当てのアップルパイをいただきます。

 この日いただいたのは、1、2を争う人気だという「津軽ゆめりんごファーム」と「タムラファーム」の2種類のアップルパイ。メニューを凝視してなかなか選べず、悶々としていると、店員の方がいろいろと丁寧に教えてくれました。やっぱり、迷ったら聞くに限りますね。

 いざ、実食!

「津軽ゆめりんごファーム」

 シナモンを使用せず、りんご本来の味わいを大事にしたアップルパイ。こちらも自然な甘さで、厚めのパイ生地はサックサク。食べ比べの際、軸となる弘前の“ファーストアップルパイ”に良さそう。

バニラアイスを絡めながら食べる幸せ

パイ生地の網目からはルビー色のコンポートがチラリ(C)コクハク
パイ生地の網目からはルビー色のコンポートがチラリ (C)コクハク

「タムラファーム」

 バニラアイスとクッキー、2種類のベリーソースが添えられたスペシャルプレートと、ドリンクのセットにしました(990円)。真っ赤な紅玉を皮のままバターでソテーすることでルビー色のコンポートになるそう。上品な甘さで見た目もとってもキュート♡

  ◇  ◇  ◇

「大正浪漫喫茶室」のアップルパイは、いずれも単品440円、ドリンクのセットは825円、バニラアイスとベリーソース、自家製クッキーが楽しめるスペシャルプレート(ドリンク付き)990円で楽しめます。単品よりセットがお得!?

 ひと言でアップルパイといっても、お店ごとにその特徴や味わいは異なり、まったくの“別物”といっても過言ではありません。そもそもりんごの種類によって酸味や甘味も異なるし、フィリングのレシピともなれば、もはや∞。パイ生地の厚さや形状も異なるわけで……アップルパイの世界、深し。

 弘前アップルパイガイドマップに記載されている全43種類のうち、お取り寄せ可能なものもあります。おうちで“弘前のアップルパイ巡り”ごっこも楽しそうです!

街歩きで“りんごポスト”発見!

界隈にある弘前市役所の前には真っ赤なりんごのモニュメントが乗った郵便ポストが…!(C)コクハク
界隈にある弘前市役所の前には真っ赤なりんごのモニュメントが乗った郵便ポストが…! (C)コクハク

「藤田記念庭園」

 弘前出身の実業家・藤田謙一氏の作った日本庭園も観光スポットのひとつ。喫茶室が設けられた洋館も大正ロマンを彷彿とさせ、一見の価値大アリです。

address:青森県弘前市上白銀町8-1

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


衝撃!「ハッピーターンオレ」を飲んでみた 2022.5.26(木)
 ローソンで衝撃の光景を目にしました。商品棚をカラフルに彩るこちらの商品をよく見ると……。 「ハッピーターンオレ」...
ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...