京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)

コクハク編集部
更新日:2021-12-04 06:00
投稿日:2021-12-04 06:00
ぜひ食べてほしい!(C)コクハク
ぜひ食べてほしい! (C)コクハク

 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさんありますよね。今回は、“餅縛り”でオススメのお土産をご紹介したいと思います。お帰りの際に、ぜひ注目してみてください。

京都伏見「水まる餅」3個入 2200円(税込み=以下同・編集部調べ)

1個700円という強気な価格設定(C)コクハク
1個700円という強気な価格設定 (C)コクハク

 TikTokでバズっている水まる餅。「#水まるもち」で多数投稿され、一躍有名になった商品です。最大の特徴的は、「水を食べる」体験ができること。つるんと口に入れた途端、消えてしまう不思議な食感が味わえます。通販でお取り寄せもできます。お土産としてプレゼントすれば、盛り上がること間違いなし。

京だんご藤菜美「きなこわらび」1箱(230g)550円

ほっぺたが落ちるおいしさ(C)コクハク
ほっぺたが落ちるおいしさ (C)コクハク

  透き通る半透明のわらび餅。とろとろな食感で、串で持ち上げると液体のようにぐにゃんと変形します。わらび餅自体に、しっかりとした甘みが感じられます。付属のきなこをたっぷりまぶして、召し上がれ♪ お店のHPから、オンラインで購入可能。

出町ふたば「名代 豆餅」3個入り 601円

こしあんの甘さがちょうどいい♪(C)コクハク
こしあんの甘さがちょうどいい♪ (C)コクハク

 全体的にしっとりとした、もちもちの豆大福。大粒の豆がゴロゴロと入っていますが、パサっとしておらず、しっとりとしています。 保湿力抜群の生地に、こしあんが包まれています。一度食べたらやみつきになること間違いナシ。実は、東京に居ながらにして食べることもできちゃいます。伊勢丹新宿店本店・日本橋三越本店・三越銀座店では、オンライン事前予約を実施中です。

鶴屋吉信「柚餅(ゆうもち)」1個 648円

享和3年(1803年)創業の老舗。皇族御用達の銘菓(C)コクハク
享和3年(1803年)創業の老舗。皇族御用達の銘菓 (C)コクハク

 かわいらしい柚子型の入れ物に、ぎっしりと鶯色の求肥が詰まっています。もちもちの求肥に、希少な国産砂糖「阿波和三盆糖」がふんだんにまぶされています。シンプルなのに、とにかくおいしいんです。上品かつさわやかな香りが楽しめる一品。東京にも、世田谷と銀座の2店舗あるので、気になった方はチェックして◎

まとめ

 ご紹介した商品は、京都の駅ナカでサクっと購入できます。約10種類の和菓子を食べ比べ、厳選しました。後から気が付いたのですが、首位争いに入ってきた銘菓たちは、どれも東京で購入できる強者たちでした……。本当においしいものは、東京に進出してくるんですね! SNSで口コミが広がる時代、人気商品はお取り寄せがトレンドなのだとしみじみと感じるのでした。

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...