お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)

コクハク編集部
更新日:2021-11-26 06:00
投稿日:2021-11-26 06:00
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじゃありません。ああ、お寿司をいっぱい食べたい、お酒もいっぱい飲みたい。そんな夢を叶えてくれる場所をついに発見しました。

飲み放題が安すぎる

独楽寿司 大和本店です(C)コクハク
独楽寿司 大和本店です (C)コクハク

 それがこの独楽寿司さんです。神奈川県大和市、相模原市など、郊外のロードサイドを中心に展開している回転寿司チェーン店です。

この幟に引き寄せられて…(C)コクハク
この幟に引き寄せられて… (C)コクハク

 ランニング中に、偶然この幟を見たとき、走るのをやめて飛び込んでやろうかと思いましたよ。アルコール飲み放題500円(税別)って、安すぎん?

 こりゃ行くしかないだろ! ということで後日、友人を誘っていざ入店。

 祝日の昼時とあり、お店は大盛況。家族連れの姿が多く見られました。みんなでお寿司いいよね。楽しいよね。

ビールじゃなくて発泡酒です(C)コクハク
ビールじゃなくて発泡酒です (C)コクハク

 飲み放題はセルフ方式になっています。こういう機械ってワクワクしますよね。ちゃんと泡まで作ってくれるんだからすごい。

おいしいお寿司をリーズナブルに

冬の味覚がたっぷり(C)コクハク
冬の味覚がたっぷり (C)コクハク

 では、お寿司をいただきましょうか。

 まずは季節のおすすめから攻めようということで、本白子の軍艦をチョイス。大好きなんですよ、白子。

本白子のご登場です(C)コクハク
本白子のご登場です (C)コクハク

 タッチパネルで注文し、ものの数分でご到着。コロナ禍ということもあり、最近の回転寿司はレーンを回らないそうですね。早く回ってほしいなあ。

 クリーミーでおいしい! ぷりっぷりの食感からの、あふれ出る濃厚な風味がたまりません。白子は飲み物だよね、ジョッキで飲めるよねと友人に力説したら、ドン引きされました。

お高いイメージの金目鯛もこのお値段(C)コクハク
お高いイメージの金目鯛もこのお値段 (C)コクハク

 シャリの大きさを選べるのも嬉しいですね。天然金目鯛のお寿司が440円ってかなりお得なのではないでしょうか?

 独楽寿司のネタは小田原漁港直送なのだそう。小田原といえばアジだよねと注文しましたが、写真を撮る間もなく食べてしまいました……。おいしかったんだもん。しゃあない。

えびが大きい!(C)コクハク
えびが大きい! (C)コクハク

 えびを丸ごと一匹使った「特大赤えび」に、

こぼれそうで食べるのに一苦労でした(C)コクハク
こぼれそうで食べるのに一苦労でした (C)コクハク

 ウニ、イクラ、カニをたっぷり載せた「函館軍艦」や、

美しすぎるだろ(C)コクハク
美しすぎるだろ (C)コクハク

 アナゴを生でいただける「暴れ穴子」などなどをつまみつつ、

ジョッキには気の利いた一言が(C)コクハク
ジョッキには気の利いた一言が (C)コクハク

 お酒もガンガン飲んじゃいますよ。

おわりに

めっちゃ食べた!(C)コクハク
めっちゃ食べた! (C)コクハク

 お会計は2人で7000円ちょいでした。お寿司とお酒をたらふく楽しめてこのお値段。最高でしかない! おいしいものをこんなに安く提供してくれてありがとう。

 リピ確定です。今度は何を食べようかな♪

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入...