ばぁば料理で育つ息子…息子に“手抜き認定”されたママ料理

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-28 06:00
投稿日:2021-12-28 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

天才的に料理が上手な母

ばぁばの手料理はありがたいけど(イラスト:こばやしまー)
ばぁばの手料理はありがたいけど (イラスト:こばやしまー)

 私の母は天才的に料理が上手です。母方のおばあちゃんもそれはそれは料理上手な人でしたが、その味を丸ごとコピーする“絶対味覚”のような人で、とにかくハズレなしの料理を作ります。

 私は子供の頃から、そんな母の愛情たっぷりの手作り料理を食べて育ってきました。「死ぬ前に食べたいものは?」と聞かれて思い浮かぶものは、やっぱり「母の手料理」。中でも、卵焼きとお味噌汁は逸品です。何気ない料理も美味しいのです。でも、私が死ぬ頃に母はきっとこの世にいないことに最近気づいたのですが。

 と、思い切り母を立てるところからはじまったのは、今回は懺悔的な話だからです(笑)。

当たり前のように家族全員分の食事を作りはじめた母

お母さん、いつもありがとう(写真:iStock)
お母さん、いつもありがとう (写真:iStock)

 2年ほど前、離婚をして息子を連れて実家に出戻ってきた私。これから毎日のご飯をどのようにしていこうか?と、内心、悩んでいました。私と息子の2人分の材料を買ってきて作るのも、なんだか“これみよがし”な感じだし、かといって、家族全員分はお金も時間も手間もかかるし……。

 そんな私の心配をよそに、母はその日から当たり前のように家族全員分の食事を作りはじめました。しかも、息子が食べられるように、薄味だったりスパイスを抜いたりしながら。

 私は、そこにちゃっかり乗っかって過ごしているわけです……食事の時間にやることといったら、お皿の準備&洗い物くらいでしょうか。

 さらに、毎朝「晩ご飯、何食べたい?」と聞かれて、「お好み焼き!」「ハンバーグ!」「唐揚げ!」「ミートソース!」「鍋!」などなど、まるで小学生のような回答をしている始末です。

 それに対して、「あ〜よかったわ! 今日の献立が決まって♪」と、嬉しそうに言う母。どこまでも天然記念物のような人です。

ばぁば料理で舌が肥えてきた息子

作り甲斐があるみたい(写真:iStock)
作り甲斐があるみたい (写真:iStock)

 そんな母の料理は、とにかく手が込んでいます。たかが「カレー」にしたって、牛すじ肉を何時間も煮込んでみたり、チャーシューの味を完成させたいからと大鍋で煮汁を作って毎週豚バラブロックを買ってきたり、新レシピを開拓したりと勉強熱心。

 息子も、もちろん大好きなばぁば料理。中でも、一番の大好物で唸りながら食べているのが、「手ごねハンバーグ」。外食でハンバーグが出てきたら「ばぁばのほうが美味しい……」と、食が進まないほど、舌が肥えてきている様子。

 それに対して、黙々と料理を食べるだけで、“上げ膳据え膳は当たり前”のスタンスの九州男児で寡黙な父。騒がしい娘と口やかましい孫は「うーん! 美味しすぎる!」「最高!」「じいちゃん! 美味しいの? ちゃんとばぁばに言わないと!」なんて、茶々を入れまくります。

 なんだかんだで食卓はにぎやかになっていて、母も作り甲斐があるようです。

「ママの料理の中ではパスタがいちばん美味しい!」

全部「あーん」で♡(写真:iStock)
全部「あーん」で♡ (写真:iStock)

 家族が外出している時など、息子と2人きりの時には私も作ります。ちゃちゃっと作れる手抜き料理を……。

 たとえば、「パスタを茹でて、レトルトをかけただけ」「納豆&しらすおやきを作って海苔で巻いただけ」「『なんでもプレート』と称して、卵焼きや冷蔵庫のおかずをプレートに乗せただけ」などなど。

 そんな2人の食事時間はすごく楽しく、テレビを見ながら食べたり(食事時にはテレビ禁止の実家)、全部「あーん」をして食べさせたり、ご飯と同じプレートにプリンを載せたりと、なかなか自由な満喫時間ではあるのですが……。

 しかし、ある日、「ママの料理の中ではパスタが一番美味しい!」と、息子が家族に話しているのを聞いてしまいました。これは、レトルトたらこをかけただけのパスタのこと。「ガーン」とした気持ちになりました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”は知っている!おやつをくれるニンゲンの見分け方
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
加齢たるたるのあるある<1>目の下のたるみは立派な現代病
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ワイルドフラワーって何?「キングプロテア」はお値段以上♪
 そこにあるだけで気分をアゲてくれる不思議な植物がございます。ワタクシに霊感なんてものがあるわけではございませんが、あた...
「兄ちゃんはバツイチだから」ザ・塩対応!おもしろLINE3選
 世間には、いろいろな性格の人がいます。その中でも塩対応な性格の人は相手の態度に関係なく、驚くほどそっけないですよね(笑...
超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...