「ラタトゥイユの牛肉煮込み」ローリエをたっぷりがポイント

コクハク編集部
更新日:2021-12-24 06:00
投稿日:2021-12-24 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子さんに、寒い季節にぴったりの一皿「ラタトゥイユの牛肉煮込み」のレシピを教えていただきました。

余ったら野菜たっぷりカレーにも

合うお酒=ワイン(C)コクハク
合うお酒=ワイン (C)コクハク

 野菜不足に陥りがちな客の体を気遣って、野菜中心のおつまみを出すことが多いそうですが、中でも人気なのがラタトゥイユで煮込んだ牛肉のスープ。

「ラタトゥイユは大量に作って常備しています。野菜とキノコのダシだけで十分、うま味が出るから塩は入れないの。そのままパンにのせて食べてもおいしいけれど、これにチキンスープと牛肉を加えて煮込むと、コクが増して、ワインやシャンパンが進むわよ。煮込むときにローリエをたっぷり使うのがポイント。余ったらカレールーを足せば、野菜たっぷりのカレーになりますよ」

 体が温まる一皿は寒い季節にぴったりです。

材料 (2人前)

・トマト 2個
・タマネギ 1個
・パプリカ 2個
・キャベツ 8分の1個
・ジャガイモ 1個
・マッシュルーム(シメジ、マイタケでもOK)  2個
・ニンニク 1片
・牛肉こま切れ 100グラム
・チキンスープ 400ミリリットル
・ローリエ 3~4枚

レシピ

(1)トマト、タマネギ、パプリカ、キャベツは一口大に切る。ジャガイモとマッシュルーム、ニンニクは細かく刻む
(2)オリーブ油でニンニクを炒め、香りが出てきたらジャガイモ、マッシュルームを投入して炒める。残りの野菜も加えて火が通ったら、いったん冷まして馴染ませる。これでラタトゥイユが完成。「野菜は焦がさないように。タマネギは生に近い状態で大丈夫」(乾さん)
(3)ラタトゥイユにチキンスープ、こま切れ肉を入れて煮込む。ローリエをたっぷり使うのがポイント。チキンスープがなければ固形ブイヨンと水でOK

本日のダンツマ達人…乾喜代子さん

▽乾喜代子(いぬい・きよこ)
 東京生まれ。高校卒業後、マグロの輸入会社に就職したことがきっかけで食への関心が一気に高まり、食べ歩きに邁進(まいしん)。趣味が高じて「食堂のようなバー」を開業するに至った。料理は自己流で、おいしいものに出合ったら自分なりの工夫でアレンジ。バー経営歴は39年に及ぶ。帽子がトレードマークで、楽しいおしゃべり目当てに訪れる客も多い。

▽bar KINOKO
 店名は喜代子ママの愛称から。席料5000円で、客の空腹具合に合わせてツマミを次々と出してくれる“銀座の深夜食堂”。壁一面に漫画「ゴルゴ13」全202巻が並んでいるのは、作者の故さいとう・たかを氏が常連だったため。以前はステーキの名店「かわむら」の上階に店を構えていたが、今年10月から現在地に移転して新装オープン。カラオケ設備もある。東京都中央区銀座8-2-10 銀座誠和シルバービル9F。

(日刊ゲンダイ2021年12月10日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「あさりのネギ生姜炒め」紹興酒をちびちびやれば本場の気分
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
【ビアボール】炭酸飲料で割る自由なビール 2022.8.11(木)
 夏といえば、ビアガーデンですよね。ビールやクラフトビールはもちろん、まだ発売していない新商品を楽しめるビアガーデンもあ...
新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...