手なずけられているのはどっち? 不倫続行を選んだ男の決意

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-01-14 06:00
投稿日:2022-01-14 06:00
 スポーツジムで出会ったことをきっかけにダブル不倫に落ちたビジネスマンWさん(45歳・大手スポーツメーカー・妻子アリ)。最初こそ幸せだったものの、インスタ好きの彼女はWさんとの逢瀬を「匂わせて」くる。あげく、ネットで調べ上げてWさんの妻にも接近。
 恐れをなしたWさんが「しばらくの間、逢うのはよそう」と提案すると、女性は激高して――。待望の最終話!
 前回までの話はコチラ→第1回目第2回目第3回目第4回目第5回目

「もう逢えないなんて言わないで」

拒絶することはできなかった(写真:iStock)
拒絶することはできなかった (写真:iStock)

――「しばらく逢わずにいよう」と提案したとたん、お相手の女性R美さん(35歳・主婦・子供なし)は豹変。そして泣き出し、すがるようにフェラチオをしてセックスへともつれ込んだ。

 その後をお聞かせください。

「はい……前回お話ししたように、R美さんが(セックス後の)僕の寝顔の写真を盗み撮りしていたのは予想外でした。

 しかも、その隣では彼女がにこやかにピースをしているんですよ。明らかに情事の後だとわかります。それを妻や会社にバラすと言われて……僕も必死でした。

 ただ、「もう逢えないなんて言わないで」と、すがるようにフェラチオをしてきた彼女に、僕の体は反応してしまった。彼女も僕を手放したくない一心だったのでしょう。今までになく情熱的なフェラチオを浴びせてきたんです。

 完全に勃起させると、彼女はベッドに四つん這いになり、挿入をねだりました。

 丸々としたヒップを卑猥に揺らして……。僕も「ここは拒絶せず、セックスで彼女を手なずけなくては」という思いでいっぱいです。

 僕は彼女の背後に行き、ヒップを引き寄せると、腰を送り出し、ペニスをぶち込んだんです。

 激しい突き上げに、彼女は悲鳴をあげて身悶え、かつてないほどヨガリました。胴突きのたび、おびただしい愛液が飛び散り、生々しい性臭と汗のにおいが立ちのぼって……。

 それでもR美さんは「もっと欲しい。もっと突いて!」と叫びます。

 僕はペニスを引き抜いて、彼女を仰向けにし、正常位の体勢で勃起を叩きこみました」

――続けて下さい

「目と目が合うと、彼女は『嬉しい……やっぱりWさんのセックスは最高』と呟いたんです。先ほどはゾッとするようなおぞましさに包まれていましたが、今度は、その妖艶な美しさに背筋に悪寒めいたものが走りました。美しさも男をゾッとさせるのだと、改めて思いましたね。

 互いの視線を絡めたまま、ペニスの抜き差しをくりかえすたび、彼女は身をのけ反らせて……『すごい!奥まで響く』、『おかしくなる!』と、男心をくすぐるような言葉とともに、魅惑的な肢体を激しく波打たせたんです。美女のヨガる姿を目の当たりにすると、僕も予想外に欲情し、さらなる猛打を浴びせてしまって……」

体だけの関係を望むも、不安は消え去らず

スリルと興奮にお互い身をゆだね…(写真:iStock)
スリルと興奮にお互い身をゆだね… (写真:iStock)

――続けてください。

「その日のセックスは僕たちの関係を一変させました。逢う回数こそ減らしたものの、LINEでのやり取りは毎日ですし、逢えば獣のように彼女を貫きました。

 ここだけの話、セックス関連の本を読んで、女性の体を研究し、どこがどのように感じるかも僕なりに勉強したんです。

 クンニリングスやシックスナイン、体位のスムーズな変え方、挿入の際の角度、速度も、彼女の反応を見ては工夫しましたね。彼女は乳房を責められるのも好きで、対面座位の時なども、強く乳首を吸ってやりましたよ。

 肌を合わせるごとに、彼女は『……やっぱり別れられない』などと叫んで……。

 僕の不安も徐々に減り、男としての満足感とともに『このままセックスだけの関係で、うまく付き合えないかな」とスケベ心が湧きましたね。

 ただ、完全に不安は消え去りません。僕の妻と面識があること、そして、いざとなったら『僕の寝顔の写真を会社に送る』と言われた事実は、いつも頭の中にありました。

 大げさな言い方になるかもしれませんが、彼女は指一本で「僕を破滅させるスイッチ」を持っている。もし、スイッチが押されたら――。妻は嘆き悲しむでしょうし、最悪は離婚。会社に発覚したら、左遷に近い異動、いえ、ひょっとしたら解雇されるかもしれません。僕の勤める会社は、セクハラや不倫に対して、かなり厳しくなりましたから……。

 でも、不思議なものです。そんなスリルに溢れたセックスは、僕を激しく興奮させました。ある時はラブホテルではなく、シティホテルの上層階の窓辺に彼女を立たせ、ガラス越しにバックから貫いたこともあります。誰かに見られるかもしれないスリルと興奮に、彼女もひときわ激しく、歓喜と羞恥の悲鳴をあげていましたね」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


「童貞のペニス…」息子のカテキョをリビングで受け入れて#2
 中2の息子を持つA子さん(37歳主婦)は、家庭教師として来たU君(21歳有名私大3年/独身)にほのかな恋心を抱いていた...
蒼井凜花 2022-08-12 13:40 エロコク
未経験者からお尻攻めの上級者まで♡ ローター好きも大満足
 2022年も半ばを過ぎて、シンプルなバイブレーターとさまざまな形のアタッチメントを合体させ、何通りもの刺激を提供するグ...
桃子 2022-08-07 06:00 エロコク
人気急上昇L字型バイブ! 抜けにくいから面の刺激を楽しめる
 ここのところ人気急上昇のL字形バイブ。アイテムも増えつつあり、いろんな機能を搭載したものが登場しているので、自分のニー...
桃子 2022-07-31 06:00 エロコク
彼は私のもの!実姉から略奪不倫し恋人に戻った妹の執念 #6
 幼い頃から2歳上の姉と比べられ続け、つらい幼少期、青春時代を過ごしたH子さん(27歳クラブホステス/独身)。華やかな美...
蒼井凜花 2022-07-29 06:00 エロコク
シンプルさゆえの威力を発揮♡抜き差しする手が止まらない!
 バイブの多機能化が止まらない昨今。人気のクリ吸引系と合体したタイプや、ピストンするタイプなどハイスペックなものが次から...
桃子 2022-07-24 06:00 エロコク
姉に勝利! 同居する義兄を待ち伏せし復讐ガレージ不倫愛 #5
 幼少期から2歳上の姉と比べられて育ってきたH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  彼女はロングヘアの似合うス...
蒼井凜花 2022-07-29 11:29 エロコク
クリが吸われ、中からは揺さぶられ…そして不思議な現象が♡
 L字形バイブが増えています。この真っ赤な「クリクリ中毒」を見ればおわかりになると思いますが、L字の1辺を挿入し、もう1...
桃子 2022-07-17 06:00 エロコク
客との愛欲に溺れ諦めたら…実姉の婚約者として現れた彼 #4
 幼少期から2歳上の姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  ロングヘアの似合うエキゾチ...
蒼井凜花 2022-07-22 10:42 エロコク
アタッチメントが4つ!大きな口に吸われて深い快楽の渦へ♡
 ドイツ発のブランド「サティスファイヤー」は、ラブグッズ界のトレンドセッターだと思っています。時代の空気をキャッチしたア...
桃子 2022-07-10 06:00 エロコク
未来の義兄とノーパンデートSEX!開発される悦びを知った#3
 幼いころから2歳上の姉と比べ続けられてきた苦い過去を持つH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  彼女は「元モ...
蒼井凜花 2022-07-19 14:18 エロコク
果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-08 11:18 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク