手なずけられているのはどっち? 不倫続行を選んだ男の決意

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-01-14 06:00
投稿日:2022-01-14 06:00
 スポーツジムで出会ったことをきっかけにダブル不倫に落ちたビジネスマンWさん(45歳・大手スポーツメーカー・妻子アリ)。最初こそ幸せだったものの、インスタ好きの彼女はWさんとの逢瀬を「匂わせて」くる。あげく、ネットで調べ上げてWさんの妻にも接近。
 恐れをなしたWさんが「しばらくの間、逢うのはよそう」と提案すると、女性は激高して――。待望の最終話!
 前回までの話はコチラ→第1回目第2回目第3回目第4回目第5回目

「もう逢えないなんて言わないで」

拒絶することはできなかった(写真:iStock)
拒絶することはできなかった (写真:iStock)

――「しばらく逢わずにいよう」と提案したとたん、お相手の女性R美さん(35歳・主婦・子供なし)は豹変。そして泣き出し、すがるようにフェラチオをしてセックスへともつれ込んだ。

 その後をお聞かせください。

「はい……前回お話ししたように、R美さんが(セックス後の)僕の寝顔の写真を盗み撮りしていたのは予想外でした。

 しかも、その隣では彼女がにこやかにピースをしているんですよ。明らかに情事の後だとわかります。それを妻や会社にバラすと言われて……僕も必死でした。

 ただ、「もう逢えないなんて言わないで」と、すがるようにフェラチオをしてきた彼女に、僕の体は反応してしまった。彼女も僕を手放したくない一心だったのでしょう。今までになく情熱的なフェラチオを浴びせてきたんです。

 完全に勃起させると、彼女はベッドに四つん這いになり、挿入をねだりました。

 丸々としたヒップを卑猥に揺らして……。僕も「ここは拒絶せず、セックスで彼女を手なずけなくては」という思いでいっぱいです。

 僕は彼女の背後に行き、ヒップを引き寄せると、腰を送り出し、ペニスをぶち込んだんです。

 激しい突き上げに、彼女は悲鳴をあげて身悶え、かつてないほどヨガリました。胴突きのたび、おびただしい愛液が飛び散り、生々しい性臭と汗のにおいが立ちのぼって……。

 それでもR美さんは「もっと欲しい。もっと突いて!」と叫びます。

 僕はペニスを引き抜いて、彼女を仰向けにし、正常位の体勢で勃起を叩きこみました」

――続けて下さい

「目と目が合うと、彼女は『嬉しい……やっぱりWさんのセックスは最高』と呟いたんです。先ほどはゾッとするようなおぞましさに包まれていましたが、今度は、その妖艶な美しさに背筋に悪寒めいたものが走りました。美しさも男をゾッとさせるのだと、改めて思いましたね。

 互いの視線を絡めたまま、ペニスの抜き差しをくりかえすたび、彼女は身をのけ反らせて……『すごい!奥まで響く』、『おかしくなる!』と、男心をくすぐるような言葉とともに、魅惑的な肢体を激しく波打たせたんです。美女のヨガる姿を目の当たりにすると、僕も予想外に欲情し、さらなる猛打を浴びせてしまって……」

体だけの関係を望むも、不安は消え去らず

スリルと興奮にお互い身をゆだね…(写真:iStock)
スリルと興奮にお互い身をゆだね… (写真:iStock)

――続けてください。

「その日のセックスは僕たちの関係を一変させました。逢う回数こそ減らしたものの、LINEでのやり取りは毎日ですし、逢えば獣のように彼女を貫きました。

 ここだけの話、セックス関連の本を読んで、女性の体を研究し、どこがどのように感じるかも僕なりに勉強したんです。

 クンニリングスやシックスナイン、体位のスムーズな変え方、挿入の際の角度、速度も、彼女の反応を見ては工夫しましたね。彼女は乳房を責められるのも好きで、対面座位の時なども、強く乳首を吸ってやりましたよ。

 肌を合わせるごとに、彼女は『……やっぱり別れられない』などと叫んで……。

 僕の不安も徐々に減り、男としての満足感とともに『このままセックスだけの関係で、うまく付き合えないかな」とスケベ心が湧きましたね。

 ただ、完全に不安は消え去りません。僕の妻と面識があること、そして、いざとなったら『僕の寝顔の写真を会社に送る』と言われた事実は、いつも頭の中にありました。

 大げさな言い方になるかもしれませんが、彼女は指一本で「僕を破滅させるスイッチ」を持っている。もし、スイッチが押されたら――。妻は嘆き悲しむでしょうし、最悪は離婚。会社に発覚したら、左遷に近い異動、いえ、ひょっとしたら解雇されるかもしれません。僕の勤める会社は、セクハラや不倫に対して、かなり厳しくなりましたから……。

 でも、不思議なものです。そんなスリルに溢れたセックスは、僕を激しく興奮させました。ある時はラブホテルではなく、シティホテルの上層階の窓辺に彼女を立たせ、ガラス越しにバックから貫いたこともあります。誰かに見られるかもしれないスリルと興奮に、彼女もひときわ激しく、歓喜と羞恥の悲鳴をあげていましたね」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


デリケートゾーンの潤い守る!くすみ対策の植物由来成分も♡
 乾燥が気になる季節です。いえ、正確には乾燥って年中、気になりませんか? 冬は空気が乾いていますが、夏も汗をたくさんかく...
桃子 2022-01-16 06:00 エロコク
ローター&バイブ&カップルバイブ…1台で3役こなす多機能系
 何事も「見た目から入る」タイプの人はいますよね。「ザロ」というブランドは、グッズもパッケージもロココ調。グッズ界でほか...
桃子 2022-01-09 15:21 エロコク
匂わせ女子がまさかの逆上…セックスで飼いならすことを決意
 スポーツジムで出会い、ダブル不倫に落ちたビジネスマンWさん(45歳・大手スポーツメーカー・妻子アリ)。相手の女性は容姿...
蒼井凜花 2022-01-07 06:04 エロコク
縦横無尽に刺激しまくり! 注目の“吸盤系”ピンクローター
 一見するとオーソドックスなピンクローターのようですが、「オルガトーン」はローター部分がとても個性的。聴診器のような吸盤...
桃子 2022-01-15 14:11 エロコク
驚愕! 不倫中の匂わせ女子が妻に接近…インスタに写真まで
 ついにラブホテルでダブル不倫にいたってしまったYさん(45歳・大手スポーツメーカー・妻子アリ)。インスタ好きな相手の女...
蒼井凜花 2021-12-31 06:00 エロコク
指のよさ+αの気持ちよさ…使い方次第で趣の異なる刺激が♡
 アダルトグッズに興味があるけれど、結局は指が一番――。そう思っている人は少なくないようで、私もそれには基本、賛成です。...
桃子 2021-12-26 06:00 エロコク
まさに「アリ地獄」…匂わせ女子との濃厚セックスに溺れた夜
 スポーツジムで憧れの女性と親密になり、ついにラブホテルの門をくぐったYさん(45歳・大手スポーツメーカー・妻子アリ)。...
蒼井凜花 2021-12-24 06:00 エロコク
Xmas狙いじゃ遅い! 飢えた女子はイブビギンズから発動せよ
 世界的パンデミックだのなんだのと騒いでいるけど、それを言い訳に「恋人できない」「出会いがない」なんて言っていませんか?...
スイッチを押して1分で温かく♡ 小ぶりで入れやすいのもGood
 日に日に気温が下がるこの時季、ひとりで楽しむときもカップルで遊ぶときも、温感グッズは強い味方です。体が冷えを感じると血...
桃子 2021-12-19 06:00 エロコク
急展開!匂わせ女性とラブホへ…理性は本能にあっけなく負け
 スポーツジムで気になっていた女性と食事デートに成功したYさん(45歳・大手スポーツメーカー・妻子アリ)。スタイルも抜群...
蒼井凜花 2021-12-17 06:00 エロコク
14の吸引リズムがランダムに…予測のつかない快感にすぐ絶頂
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”を世に知らしめたドイツのブランド「ウーマナイザー」が、代表格...
桃子 2021-12-12 06:00 エロコク
これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク