我が子がトラブルを起こしたら…? “いちシンママ”の心構え

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-02-01 12:05
投稿日:2022-02-01 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

小さな頃には想像もしなかった…我が子が関わるトラブルについて

成長の証だけど…(イラスト:こばやしまー)
成長の証だけど… (イラスト:こばやしまー)

 我が子が小さな頃には、想像もしなかったことがあります。それが「我が子が関わるトラブル」について。トラブルと一口に言っても、たとえば、「お友達と喧嘩をした」「先生に嘘をついた」「お友達が投げたブロックが当たった」など、さまざまです。

 目の前で起こるトラブルに関してはすぐに対処できるものの、幼稚園など目の届かない場所で起こったものについては報告を受けるたびに慌てふためき、「すみません!」と謝ったり、「たいしたことないので大丈夫です!」と答えたり。それに伴い、息子に確認をして理解ができるまで諭したり、叱ったり、元気付けたり、病院に連れて行ったり、場合によっては幼稚園と戦ったり……と対応は変わります。

 よちよち歩きの頃、おもちゃを横取りされてもぽかんとしているだけだった息子。あの頃は、「この子、おもちゃを取られても気にならないのかしら?」なんて呑気に考えていましたが、今やこんなにやんちゃな、いっぱしの「男の子」になるなんて。

「ご家庭での様子はどうですか?」と聞かれた

息子に話を聞こうにも…(写真:iStock)
息子に話を聞こうにも… (写真:iStock)

 離婚をしたのは、息子が4歳の年少の頃。名字が変わったり、実家へ引っ越しをしたりしましたが、あっさりと環境に馴染んでくれたかのように見えました。

 でも、それからまもなくして、担任の先生から「息子がお友達の顔を叩いた」という連絡が……。聞くと、先生が見ていない時にお友達と喧嘩になり、息子が先に手を出し、叩き合いになったというのです。

 その際、「最近、ご家庭での様子はどうですか?」と、聞かれました。“いたって普段通り”に見えたものの、息子の心の内すべてはわかりません。それと同時に心によぎったのが「離婚をした影響だと思われているのかな」という疑念。そのため、「(離婚をして)環境が変わったので、なにかしら息子の負担になっているかも……申し訳ないです」と、答えました。

 その日はどうにもこうにも心がざわつき、ため息ばかり。息子に話を聞こうにも、まだ言葉が拙く、詳細がわかりません。

 どちらにせよ「手を出すのはダメ」なのは間違いありませんし、「顔」という危ない場所を叩いてしまったのは、完全NG。それを息子にわかるように伝え、その日を終えました。

喧嘩をした相手のお子さんのママに電話をした

思い切って電話をかけてみた(写真:iStock)
思い切って電話をかけてみた (写真:iStock)

 ママになってから起こった、そんなはじめてのトラブル。悩みつつも、ひとまず相手のお子さんのママに謝罪の電話をすることにしました。

 電話に出たママは「わざわざよかったのに! すみません〜!」と、気さくな感じ。「すみません! 息子が叩いてしまって……大丈夫ですか?」と聞くと、「ほんと大丈夫です! うちも叩いちゃったみたいで、こちらこそすみません! 男兄弟だから、こんなの日常茶飯事で。男の子ってやんちゃだし、そんなものですよね〜(笑)」と。

 その後、世間話をしつつ、「うちの子、よく◯◯くん(息子)の話をするんですよ。どこどこに住んでいるので、今度、ぜひお家に遊びに来てくださいね!」なんて言っていただけて、心底ほっとしました。

「男の子ってそんなもの」とは言えなかった

男の子ってそんなもの…?(写真:iStock)
男の子ってそんなもの…? (写真:iStock)

 当時、ママ4年目の私。息子は一人っ子ですし、ほかの子と比べる機会も少なく、「男の子ってそんなもの」かどうかはわかりませんでした。でも、男の子だから、喧嘩をして手が出てしまったり、取り合いになったりすることは確かによくあることなのかな、とも思いました。

 とはいえ、私は「男の子ってそんなものですよね!」なんて、言えませんでした。それはやはり「離婚をしたせいかな」という気持ちが先に立ってしまうからでしょう。親が離婚をしていないご家庭の子供と同じなのかな、と、ついつい考えてしまうのです。

 あっけらかんと伝えてくれたそのママの言葉に救われつつ、離婚は親の事情で息子には関係ないと思っていたはずなのに、「やっぱり影響があるのかな」「私のせいかな」と、いろいろと悩んでしまいました。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


BTSハグキス騒動は日本人犯人説も…弁護士に聞く“推し活セクハラ”境界線
 韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)のJIN(ジン)が開催したイベント「2024 FESTA」に参加した女性ファ...
若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春炸裂の面白いLINE3選
 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届...
接待はキャバクラより断然スナック! “クセつよ”ママが教えるメリット5つ
 スナックといえば、近所の人や馴染みの常連さんだけでワイワイやる飲み屋なイメージですが、実はけっこう接待で使っていただけ...
上司の理不尽なセリフ5選「奢るから飲みに行こう」に発狂しそうなワケ
 上司にイラついている人、集合! 今回は、よくある上司の理不尽なセリフを特集してみました。上司にイライラしている人はあな...
本当にいらない…結婚式「地雷な引き出物」と「喜ばれるギフト」の線引き
 結婚式参列時にもらう引き出物。嬉しいものもある反面、「正直いらない…」と迷惑系もありますよね…。今回はもらっても正直困...
今日は大事な集会にゃん♪ お手入れに余念のない“たまたま”を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私が“孫”を会わせたくない理由3つと円満解決術 何かあってからでは遅い
 祖父母にとって、孫は目に入れても痛くないほど可愛い存在ですよね。でも、時には親として「どうしても祖父母(実の両親や義両...
青い星「ブルースター」は夏の暑さに強い!ポット苗見つけたら即買いで☆
 ご近所にとても仲良くしてくださっている老夫婦が住んでいます。四六時中仕事で不在のワタクシを見るにみかねて、我が家でじっ...
噂のローソン福袋でYES節約、NOダイエット!発見したら即GETすべし
 ローソンは2024年6月で49周年。49周年のローソン創業祭はお得な企画が盛りだくさんです!  その中でも「ロー...
夫の会社でマウントされモヤモヤ…私が女友達に抱いた違和感の正体とは?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  今回は、先日...
恋のカリギュラ効果? 追えば追うほど逃げる“たまたま”にメロメロ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
風のない日に思うこと
 風は吹いていないのに草は吹かれた時のままの姿。  強い力に身を任せて生きていると曲がった姿のまま、  戻れ...
【難解女ことば】漢検準2級「嫡嗣」なんて読む?画数は「27」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...