ルーティンがあると安心!いつでも“抱っこ”で乗り越えてきた

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-02-21 11:59
投稿日:2022-02-15 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

離婚前後に不安定になるのはきっと子供だけじゃない

「いつもの時間」があると安心(イラスト:こばやしまー)
「いつもの時間」があると安心 (イラスト:こばやしまー)

 離婚前後に多くのママが心配するのが、きっと「我が子の気持ち」ではないでしょうか。

 子供は敏感です。「我が子の前で離婚の話はしない」と心がけても、なんとなくぎくしゃくしている両親の様子を察して気遣う子供も多くいると聞きます。そして、離婚後にはパパが生活の中からいなくなったり、引っ越しをして学校が変わったりと、周りの環境が大きく変わる場合もあります。

 近くにいるのに、見えない我が子の気持ち。そんな私も、息子に負担をかけたくなくて今まで以上に「明るく元気で優しいママでいよう!」と、心がけるようにしていました。

 でも、自分自身も「離婚」という人生のターニングポイントを迎え、なんだか不安定になることもありました。シングルマザーという重責も、その理由のひとつだったかもしれません。

息子と一緒に楽しめるルーティンがいくつもあった

ドライブもルーティンのひとつ(写真:iStock)
ドライブもルーティンのひとつ (写真:iStock)

 ほぼ、ワンオペだった離婚前。仕事と家事と育児の両立は大変でしたが、息子と過ごす時間はなんだかんだでいつも楽しい時間でした。

 オムツが取れたり、歩けたり、お昼寝がなくなったりと、成長すればするほど行動範囲が広がっていくのが嬉しく、仕事を前倒しで終わらせて保育園をお休みさせ、2人でよく出かけたものでした。

 思い返してみると、「お昼寝が終わったら公園に行く」「習い事の後におもちゃ屋さんに行ってトミカを1個買う」「◯曜日は水族館に行く」「週末は寝かしつけがてらドライブをする」「マクドナルドのハッピーセットを揃える」など、ルーティン化していたことがたくさんありました。

 そのほか、家の中でも「ベビーマッサージをしながら楽しく起こす」「“抱っこ”と言われたら断らない」「お菓子を一緒に作る」「お風呂の時には歌を歌う」「愛を言葉にして伝えながら寝かしつけをする」など、毎日行っていたルーティンもありました。

離婚後は「いつもの時間」で乗り越えてきた

“いつでも抱っこ”は効果てきめん!(写真:iStock)
“いつでも抱っこ”は効果てきめん! (写真:iStock)

 離婚後、実家へと引っ越しをした私と息子。環境は大きく変わったものの、習慣化されていたルーティンは自然と続けていました。

 なんとなくセンチメンタルになる時、「ドライブ行こう!」「ハッピーセット買おう!」と、あえてアクティブに動いていた気がします。精神的に落ち着いていられたのは、この「いつもの時間」があったからかもしれません。

 特に「抱っこ」のルーティンは、効果てきめんでした。

 話が飛びますが。私はママになった時「抱っこをいつでも最優先にしよう」と、決めました。これは、妊娠中に見かけた西原理恵子さんの「毎日かあさん」という漫画で、「家事なんかしなきゃよかった(中略)あんなに抱っこしてほしがったのに。もったいないことしちゃったな」という一節を読んだ影響。「私もきっといつか、そう思うだろうな」という気持ちから、自分ルールを作ったのです。

 抱っこをおねだりされることは、想像したよりも多くありました。「ちょっと待って!」と言いたい気持ちを押さえて手を止め、息子が自ら離れるまで、いつでも抱っこをしてきました。

 離婚する前も後も、息子は「抱っこ!」と言えば、私がそうすることを知っています。これもひとつのルーティン。私を試すかのように、忙しい時をわざと狙って「抱っこ!」と言うことも多々ありましたが、息子にとっては構ってほしかったり、愛情を確かめたい気持ちがあったのかもしれません。

 でも、抱っこに助けられているのは、私も同じなんですけどね! 一瞬にして温かい気持ちになれて「ママになってよかった」と、そのたびに思うのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...