名脇役 故・佐々木すみ江さんが演じた“もう一つの母親像”

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-08-28 18:13
投稿日:2019-04-07 17:00
 さる2月17日、肺炎のため亡くなった女優・佐々木すみ江さんをしのんで、4月13日(土)から19日(金)まで東京都中野区の映画館・ポレポレ東中野で追悼上映が行われることが決定した。上映作品は『ゴンドラ』、35年近く前に20代の無名の監督・伊藤智生氏が撮影した映画だ……。

1988年公開の『ゴンドラ』を追悼上映

良の母親役を演じた佐々木すみ江さん(右)/(提供写真)
良の母親役を演じた佐々木すみ江さん(右) /(提供写真)

子供と若者の孤独をテーマに

 都会にあこがれて東京に出てきたものの、友達もできず、ゴンドラに乗って高層ビルの窓を拭く仕事に明け暮れる青年・良(界 健太)。離婚した母(木内みどり)と暮らすかがり(上村佳子)も、父母の争いに傷つき、学校でも孤立。心を閉ざして、誰にも笑顔を見せない女の子だ。

 マンションの窓ごしに無言で知り合った二人が、不器用かつ臆病にふれ合いながら良の故郷・下北半島へ向かう……という物語。下北半島の農家で二人を迎えるのが、半身不随の夫(佐藤英夫)を介護しながら明るく働く良の母(佐々木すみ江)だった。

 今、なぜこの作品なのか――。その後、AVの世界で人気メーカー・ドグマを率いるTOHJIRO監督としても活躍する伊藤智生さんにお話をきいた。

――この作品は時代先取りだったんじゃないですか? とてもイマ的な感じがします。

 伊藤監督「撮影したバブル当時、かがりちゃんみたいな子はまだ少なくて、はしりだったね。今はいっぱいいる。親の離婚、学校や職場でのいじめ。心を閉ざして学校に行かなくなり、そのまま引きこもり、ニートになる。統計よりずっとたくさんいると思うよ」

リバイバル上映でバズった

(提供写真)
(提供写真)

 完全な独立プロで制作した『ゴンドラ』、OCIC日本カトリック映画大賞をはじめ国内外で数々の受賞にかがやきながら、1988年のロードショウ公開以後はDVD化されることもなく眠っていた。

 ところが2017年にたった1週間の予定でリバイバル上映したところ、昔見たファンだけでなく若い人も詰めかけて火がつき、一年半以上かけて全国の単館で上映され続けるという現象に。俳優の斎藤工さんも感想をブログに書いてくれた。

 居場所を失ったかがりが成長していく物語が、今の若い人たちの心に響いたということか。

――傷ついて大人を信用しない子を、かがりちゃんはとてもリアルに演じていますね。

伊藤監督「彼女は素人だったの。ひとりで絵画教室に来ていた女の子で、ぶっきらぼうな話し方とか、この子しかいないと思って起用した」

 つくりものではない、リアルな表情が必要だった。演技経験のない“かがりちゃん”の、大人に甘えようとしない、子供らしくない表情をそのまま撮った。

 撮影後半、下北半島で“かがりちゃん”を待っていたのが佐々木すみ江さん。佐々木さんは南部弁の特訓のため、一足さきに地元入りしていたのだ。

ひたすらに、さまざまに演じ続けた役者人生

緊張する子役から自然な笑顔を引き出した佐々木さん

 佐々木さんと“かがりちゃん”が五右衛門風呂に入る場面がある。いつもはひとりで入浴しているかがりが、良の母と語り合い、心をゆるして背中を流し合う“良いシーン”。しかし彼女は演技経験のない小学校六年生だ。カメラの前で裸になることに抵抗がないはずない。

 伊藤監督「佐々木さんがね、あんたなんて若いんでしょ? 可愛いじゃないの! おばちゃんの方がどれだけ恥ずかしいと思ってるの、と笑いながら、緊張するかがりちゃんを和ませてくれた」

 二人のその笑顔をそのまま撮った。佐々木さんが演じるふところ深い母親像あっての作品だが、実はこのとき佐々木さんはまったく別の母親役で世に知られていたのだ。

上手すぎた、14年間の憎まれ役

 TBS系金曜ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(1983~1997年)で演じた中井貴一の母親は、兄嫁をいびり抜くくせに、気に要らないことがあると泣く、という毒親にして毒姑。14年間にわたって演じたこの憎まれ役が上手すぎた。良の母親役とは対照的で、名脇役と呼ばれた佐々木さんならではの演じ分けだ。

 天璋院篤姫の養育係として出演したNHK大河ドラマ『篤姫』の「女の道は一本道でございます」というセリフを記憶している人も多いのでは。90歳で逝くまで役者として生きた佐々木さんの人生こそ一本道だと言えよう。

 追悼上映の『ゴンドラ』と配信で見られる『ふぞろいの林檎たち』と。ぜひ、佐々木さんが演じた真逆な母親像を見比べてみていただきたい。

エンタメ 新着一覧


六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」
【私の秘蔵写真】  六平直政さん(俳優・68歳)  コワモテにドラ声、迫力満点の俳優・六平直政さん。超個性的なバイプ...
2022-08-08 17:03 エンタメ
小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言
 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主演を務める小栗旬(39)が、撮了後に家族6人で米ロサンゼルスに"再移住"すると一...
2022-08-08 17:03 エンタメ
杉野遥亮が売れっ子になれたのは…塩顔イケメンなのにオドオドしているから?
 俳優の柄本佑(35)の「裏かぶり」がちょっとした話題になった。柄本は今期、7月30日に終了したNHKの連ドラ「空白を満...
2022-08-08 17:03 エンタメ
グラドル葉月あやは留学費用貯めようと貧乏暮らし、デビュー後ギャンブルにハマり…
【役者・芸人「貧乏物語」】  葉月あや(グラビアアイドル/31歳)  巨乳と愛嬌ある笑顔で人気のグラドル葉月あやさん...
2022-08-08 17:03 エンタメ
上沼恵美子16年ぶり日テレ出演で上機嫌 “関西の女帝”イメージ払拭作戦? トーク衰えしらず
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  それにしても、世のおばちゃんたちはどうしてあんなにもパワフルなのか。  日曜早...
2022-08-07 17:03 エンタメ
江口のりこ節NHK「あさイチ」でも炸裂 あまりのマイペースに華丸・大吉も恐縮しきり
 やっぱり、江口のりこ(42)は最高だ。  7月29日放送「あさイチ」のプレミアムトークに出演した際のこと。  オー...
2022-08-07 17:03 エンタメ
「泥酔」あびる優vs「違法連れ去り」才賀紀左衛門…娘をめぐる“泥沼闘争”のどっちもどっち
 2019年12月に離婚したタレントのあびる優(36)と、格闘家の才賀紀左衛門(33)が、7歳になるひとり娘のAちゃんの...
2022-08-07 17:03 エンタメ
20代から悩みぬいた末にたどり着いた バイク川崎バイク「アクセル全開」の境地
【今週グサッときた名言珍言】 「50歳でブンブンとか、ヒィーアやってたら、どんどん面白くなっていくと思うんで、そこはや...
2022-08-07 17:03 エンタメ
山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主演を務める小栗旬(39)に“第4子”が誕生していたことが明らかになった。これによ...
2022-08-07 17:03 エンタメ
皇統優先と男系男子最優先、護憲と改憲…上皇さまと安倍元首相は基本的な部分が大きくズレていた
【皇室のトリビア】#78  上皇さまは、なぜ安倍元首相とそりが合わなかったのだろう。推測してみたい。  安倍氏は、皇...
2022-08-07 17:03 エンタメ
NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向
 NHKはこんな愉快な時代劇を、なんでBSプレミアムなんかで地味に、しかも強力な裏番組が並ぶ時間帯に放送しているのだろう...
2022-08-07 17:03 エンタメ
安倍3代にわたる統一教会との蜜月関係を、なぜ大新聞は追及しないのか
元木昌彦【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  腰抜けの大新聞やテレビは、今ごろになって自民党の政治家と統一教会との癒...
2022-08-07 17:03 エンタメ
猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!
【なんでも調査&ランキング】  猛暑真っ盛り。なのに節電がしきりに叫ばれている。どうすりゃいいの? ここはホラー映画で...
2022-08-07 17:03 エンタメ
真の国宝級イケメン 吉沢亮の新1万円札がお財布にあったら…
 昨今、あちこちで国宝級イケメンなる者が出回っていますが、そのほとんどはまがいものといっていいでしょう。真の国宝級イケメ...
横山剣インタビュー「『樹影』は再スタート、“シン・クレイジーケンバンド”の気持ちです」
 結成25周年を迎えて、通算22枚目のアルバム「樹影」をリリースした“東洋一のサウンド・マシーン”クレイジーケンバンド。...
2022-08-06 17:03 エンタメ
NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か
 民放に比べて旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)関連のニュースに明らかに消極的だと、SNSなどで視聴者から指摘されて...
2022-08-06 17:03 エンタメ