罪悪感なく元妻を抱く男性「ソッチは嫌いじゃないですから」

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-23 06:00
投稿日:2022-04-23 06:00
冷酷と激情のあいだvol.87〜女性編〜」では、元夫であるマサカズさん(仮名)と将来的な話が何もないままセフレ関係が続いていることに悩む女性・英美さん(仮名・42歳)の苦悩をお届けしました。
 では毎週末を一緒に過ごし、夫婦だった頃よりも良好な関係を築けていると思われる現在の関係を、マサカズさんはどう捉えているのでしょうか。

“別れた妻”ただそれだけ

恋愛感情はないけど“情”はある(写真:iStock)
恋愛感情はないけど“情”はある (写真:iStock)

「どうもこうもないですよ。英美は僕にとっては“別れた妻”、それだけの存在です。

 でも、夫婦だったときには存在そのものがウザく感じることも多かったので、そのときに比べれば、いい関係になっているとは思いますね。喧嘩をすることも無くなりました。

 元妻に対して、恋愛感情があるかって? うーん、正直それはないですね。長く一緒に居ましたし子どもをもうけた仲でもありますから、その辺の女性には絶対に抱かない“情”は持っていますけど」

 カラダの関係があることは認めつつも、恋愛感情についてはキッパリと否定をしたマサカズさん。再婚の可能性についても尋ねてみると……。

再婚はマジでない! 肉体関係は向こうが望んでいるから

関係を持ちやすい相手ではある(写真:iStock)
関係を持ちやすい相手ではある (写真:iStock)

「ないです。マジでない。再婚してもまた離婚しますよ、きっと。

 なんで英美とそういう関係になっているかと言えば、英美がそういうのを望んでいるからっていうだけです。

 離婚後、最初にカラダの関係を持った夜はふたりとも酔っ払っていたんですが、英美がやけに甘えてきて、僕も“まぁ、いいか”みたいな感じで関係を持ってしまったんですよ。

 そうしたら、それ以来毎週、“やって当たり前”みたいな空気になっているので、まぁ僕もソッチは嫌いじゃないですから、英美の希望に応じているってとこですね」

 元妻と肉体的な関係を続けていることについて「罪悪感はない」と言い切るマサカズさん。

「時期が来れば自然とそういうことをしなくなるだろうし、あまり深刻には捉えていません。

 今の感覚としては、そもそも夫婦だった仲なので、なんとなく勝手がわかっているというか、まぁ関係を持ちやすい相手なのは確かです」と言います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ