罪悪感なく元妻を抱く男性「ソッチは嫌いじゃないですから」

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-06-01 12:30
投稿日:2022-04-23 06:00
冷酷と激情のあいだvol.87〜女性編〜」では、元夫であるマサカズさん(仮名)と将来的な話が何もないままセフレ関係が続いていることに悩む女性・英美さん(仮名・42歳)の苦悩をお届けしました。
 では毎週末を一緒に過ごし、夫婦だった頃よりも良好な関係を築けていると思われる現在の関係を、マサカズさんはどう捉えているのでしょうか。

“別れた妻”ただそれだけ

恋愛感情はないけど“情”はある(写真:iStock)
恋愛感情はないけど“情”はある (写真:iStock)

「どうもこうもないですよ。英美は僕にとっては“別れた妻”、それだけの存在です。

 でも、夫婦だったときには存在そのものがウザく感じることも多かったので、そのときに比べれば、いい関係になっているとは思いますね。喧嘩をすることも無くなりました。

 元妻に対して、恋愛感情があるかって? うーん、正直それはないですね。長く一緒に居ましたし子どもをもうけた仲でもありますから、その辺の女性には絶対に抱かない“情”は持っていますけど」

 カラダの関係があることは認めつつも、恋愛感情についてはキッパリと否定をしたマサカズさん。再婚の可能性についても尋ねてみると……。

再婚はマジでない! 肉体関係は向こうが望んでいるから

関係を持ちやすい相手ではある(写真:iStock)
関係を持ちやすい相手ではある (写真:iStock)

「ないです。マジでない。再婚してもまた離婚しますよ、きっと。

 なんで英美とそういう関係になっているかと言えば、英美がそういうのを望んでいるからっていうだけです。

 離婚後、最初にカラダの関係を持った夜はふたりとも酔っ払っていたんですが、英美がやけに甘えてきて、僕も“まぁ、いいか”みたいな感じで関係を持ってしまったんですよ。

 そうしたら、それ以来毎週、“やって当たり前”みたいな空気になっているので、まぁ僕もソッチは嫌いじゃないですから、英美の希望に応じているってとこですね」

 元妻と肉体的な関係を続けていることについて「罪悪感はない」と言い切るマサカズさん。

「時期が来れば自然とそういうことをしなくなるだろうし、あまり深刻には捉えていません。

 今の感覚としては、そもそも夫婦だった仲なので、なんとなく勝手がわかっているというか、まぁ関係を持ちやすい相手なのは確かです」と言います。

グレーだからこそ穏やかな関係

以前のような生活はもうごめん(写真:iStock)
以前のような生活はもうごめん (写真:iStock)

 マサカズさんには現在、特定の恋人はおらず英美さん以外の女性に対しても再婚願望もないとのこと。そして今後、自分に好きな人ができれば元妻とは自然と疎遠になるかもしれないと考えているそうです。

「まぁ、なるようにしかならないんじゃないですかね? 離婚した仲なのにカラダの関係を持つなんておかしいって言う人もいるかもしれませんが、もう一度英美と付き合ったり再婚したりすることは僕的には絶対にないですね。

 今みたいなグレーな関係だからこそ、穏やかな関係でいられるっていうのもあるんじゃないかな。

 英美はもともと独占欲も強いし、恋人とか夫婦とかって定義が入るとまた口うるさく僕をコントロールしようとしてくると思うんです。僕はもうそんな生活を繰り返したいとは思っていません」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-25 17:28 ラブ