罪悪感なく元妻を抱く男性「ソッチは嫌いじゃないですから」

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-06-01 12:30
投稿日:2022-04-23 06:00
冷酷と激情のあいだvol.87〜女性編〜」では、元夫であるマサカズさん(仮名)と将来的な話が何もないままセフレ関係が続いていることに悩む女性・英美さん(仮名・42歳)の苦悩をお届けしました。
 では毎週末を一緒に過ごし、夫婦だった頃よりも良好な関係を築けていると思われる現在の関係を、マサカズさんはどう捉えているのでしょうか。

“別れた妻”ただそれだけ

恋愛感情はないけど“情”はある(写真:iStock)
恋愛感情はないけど“情”はある (写真:iStock)

「どうもこうもないですよ。英美は僕にとっては“別れた妻”、それだけの存在です。

 でも、夫婦だったときには存在そのものがウザく感じることも多かったので、そのときに比べれば、いい関係になっているとは思いますね。喧嘩をすることも無くなりました。

 元妻に対して、恋愛感情があるかって? うーん、正直それはないですね。長く一緒に居ましたし子どもをもうけた仲でもありますから、その辺の女性には絶対に抱かない“情”は持っていますけど」

 カラダの関係があることは認めつつも、恋愛感情についてはキッパリと否定をしたマサカズさん。再婚の可能性についても尋ねてみると……。

再婚はマジでない! 肉体関係は向こうが望んでいるから

関係を持ちやすい相手ではある(写真:iStock)
関係を持ちやすい相手ではある (写真:iStock)

「ないです。マジでない。再婚してもまた離婚しますよ、きっと。

 なんで英美とそういう関係になっているかと言えば、英美がそういうのを望んでいるからっていうだけです。

 離婚後、最初にカラダの関係を持った夜はふたりとも酔っ払っていたんですが、英美がやけに甘えてきて、僕も“まぁ、いいか”みたいな感じで関係を持ってしまったんですよ。

 そうしたら、それ以来毎週、“やって当たり前”みたいな空気になっているので、まぁ僕もソッチは嫌いじゃないですから、英美の希望に応じているってとこですね」

 元妻と肉体的な関係を続けていることについて「罪悪感はない」と言い切るマサカズさん。

「時期が来れば自然とそういうことをしなくなるだろうし、あまり深刻には捉えていません。

 今の感覚としては、そもそも夫婦だった仲なので、なんとなく勝手がわかっているというか、まぁ関係を持ちやすい相手なのは確かです」と言います。

グレーだからこそ穏やかな関係

以前のような生活はもうごめん(写真:iStock)
以前のような生活はもうごめん (写真:iStock)

 マサカズさんには現在、特定の恋人はおらず英美さん以外の女性に対しても再婚願望もないとのこと。そして今後、自分に好きな人ができれば元妻とは自然と疎遠になるかもしれないと考えているそうです。

「まぁ、なるようにしかならないんじゃないですかね? 離婚した仲なのにカラダの関係を持つなんておかしいって言う人もいるかもしれませんが、もう一度英美と付き合ったり再婚したりすることは僕的には絶対にないですね。

 今みたいなグレーな関係だからこそ、穏やかな関係でいられるっていうのもあるんじゃないかな。

 英美はもともと独占欲も強いし、恋人とか夫婦とかって定義が入るとまた口うるさく僕をコントロールしようとしてくると思うんです。僕はもうそんな生活を繰り返したいとは思っていません」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテ期と錯覚した女の孤独 フェイクと本物の明確な違いは?
「私、モテ期かも……」と複数の男性とのやりとりを楽しんでいたつもりなのに、気がついたら孤独になっていた。そんな女性が増え...
内藤みか 2022-10-06 06:00 ラブ
あなたはふりかけ星人?「料理にケチをつける男」対処法4つ
 料理にケチをつける男にイライラした経験のある人は多いですよね。普通の仕事とは違い、家事には休みも定年もお給料もありませ...
恋バナ調査隊 2022-10-06 06:00 ラブ
彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ