中目黒で大人デート 「グルドボワ」最先端フレンチの魅惑

山口えりこ 飲食トレンドリサーチャー
更新日:2019-05-22 06:01
投稿日:2019-04-09 10:35
 世界で最も多くの星を持つ魅惑の美食都市「東京」。飲食トレンドリサーチャーの山口えりこが、10,000円以下で最高の料理とおもてなしを体験できる「東京レストラン」を紹介します。
 今回は、中目黒駅から徒歩5分、閑静な住宅街に佇む「La gueule de bois(グルドボワ )」の魅力をお伝えします。

深化したビストロノミーが中目黒に登場!

閑静な住宅街に佇む「La gueule de bois(グルドボワ )」
閑静な住宅街に佇む「La gueule de bois(グルドボワ )」

 価格と雰囲気が庶民的な"ビストロ”と吟味された食材と技が施されたハイレベルな美食"ガストロノミー"。この2つの要素を併せ持つ「ビストロノミー」。2010年頃にフランスから日本に伝わったビストロノミーが一層深化して再び、東京の美食家達を強く惹きつけています。

 ガストロノミーな料理をビストロの価格で提供するというのが今までのビストロノミー。これに「新しい発見や驚きのある食体験を提案する」という要素と技術が加わり、ビストロノミーの概念に深みが増しました。

 気取らない内装、小さめのテーブルとカウンター。1名でも過ごしやすい心地良い雰囲気です。

店の名前はフランス語で“二日酔い”

布山オーナーシェフ
布山オーナーシェフ

「高い、難しい、堅苦しい」と思われがちなフランス料理をもっと日常的に楽しんで欲しいという布山純志オーナーシェフの強い想いに、遊び心をちょっとだけ加えて。店名をポジティブに笑いに変えるカジュアルさが良いですね。

 グルドボワは布山シェフがあてた読み方。発音はぜひお店でお尋ねください。

シェアしてとことん料理を楽しむ

 四六時中、食材と食材の組み合わせをイメージしているという布山シェフ。こだわりの料理は色味が楽しくワクワクするものばかり。

 アラカルトメニューは1皿があらかじめ2名分に調整されていて、シェアした状態で提供してくれます。

「3名だったら1.5皿で頼んでもらえれば、綺麗にお分けしてお出しします」(布山シェフ)

 ホタルイカのバスク風煮込み

 兵庫県産真牡蠣の冷製 生クリームと焼きのり 海藻とシャンパンビネガー

「考えもしなかった味や盛り付けとの出会いが面白いのでフレンチやイタリアンが好き。食材や味、色組み合わせに刺激をもらえることが楽しいです」(布山シェフ)

 馬肉のタルタル・イタリア産ラルドのすりおろし(ラルド…豚の背脂の生ハム)

 真鱈のベニエ(フリット)自家製ビーツのマヨネーズ 

 黒色の正体は竹炭。ピンク色のソースは自家製マヨネーズにビーツを加えたもの。

ワインは全てヴァン・ナチュール

 グルドボワで取り扱っているワインは、全て「ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)」。環境や健康を大切に考え、無農薬有機栽培のブドウを原料として作られています。

 料理と相性抜群だからスイスイ美味しく飲んでしまって店名の通り“二日酔い”しちゃうかも。

色彩豊かな料理はSNS映え抜群

 布山シェフはビジュアルから逆算してレシピを作る主義。こんな色彩の、こんな盛り付けの料理を作りたい!というビジュアルイメージから作り上げていく。フランスで人気のレストランが投稿する料理のSNS画像を見て、料理の色彩イメージを膨らませることもあるそうです。

 2018年11月にオープンしたばかりのビストロノミー「グルドボワ」。中目黒でSNS映え抜群、魅惑の食体験をしてみませんか?

 明るくて広いカウンターは女性のお一人様にもおすすめです。ぜひ、シェフとの会話も楽しんでくださいね。

お店情報

▼グルドボワ(La gueule de bois)
住所:東京都目黒区東山1-8-6 サンロイヤル東山1F
定休日:日曜(祝前日の日曜日は営業、祝日月曜日は休み)
電話:03-6884-4630
営業時間:17:30~24:30(食事L.O.23:30、ドリンクL.O.24:30)

コース:シェフのおまかせコース 5品 5,000円
ドリンク:グラスワイン 800円~、ボトルワイン 4,050円~
アラカルト:800円~

Instagram:gueule_de_bois_nakameguro

※本記事に掲載している店舗のデータ及び料理の内容や価格は、取材時のものです。内容が予告なく変わる場合もございます。

フード 新着一覧


「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...