中目黒で大人デート 「グルドボワ」最先端フレンチの魅惑

山口えりこ 飲食トレンドリサーチャー
更新日:2019-05-22 06:01
投稿日:2019-04-09 10:35
 世界で最も多くの星を持つ魅惑の美食都市「東京」。飲食トレンドリサーチャーの山口えりこが、10,000円以下で最高の料理とおもてなしを体験できる「東京レストラン」を紹介します。
 今回は、中目黒駅から徒歩5分、閑静な住宅街に佇む「La gueule de bois(グルドボワ )」の魅力をお伝えします。

深化したビストロノミーが中目黒に登場!

閑静な住宅街に佇む「La gueule de bois(グルドボワ )」
閑静な住宅街に佇む「La gueule de bois(グルドボワ )」

 価格と雰囲気が庶民的な"ビストロ”と吟味された食材と技が施されたハイレベルな美食"ガストロノミー"。この2つの要素を併せ持つ「ビストロノミー」。2010年頃にフランスから日本に伝わったビストロノミーが一層深化して再び、東京の美食家達を強く惹きつけています。

 ガストロノミーな料理をビストロの価格で提供するというのが今までのビストロノミー。これに「新しい発見や驚きのある食体験を提案する」という要素と技術が加わり、ビストロノミーの概念に深みが増しました。

 気取らない内装、小さめのテーブルとカウンター。1名でも過ごしやすい心地良い雰囲気です。

店の名前はフランス語で“二日酔い”

布山オーナーシェフ
布山オーナーシェフ

「高い、難しい、堅苦しい」と思われがちなフランス料理をもっと日常的に楽しんで欲しいという布山純志オーナーシェフの強い想いに、遊び心をちょっとだけ加えて。店名をポジティブに笑いに変えるカジュアルさが良いですね。

 グルドボワは布山シェフがあてた読み方。発音はぜひお店でお尋ねください。

シェアしてとことん料理を楽しむ

 四六時中、食材と食材の組み合わせをイメージしているという布山シェフ。こだわりの料理は色味が楽しくワクワクするものばかり。

 アラカルトメニューは1皿があらかじめ2名分に調整されていて、シェアした状態で提供してくれます。

「3名だったら1.5皿で頼んでもらえれば、綺麗にお分けしてお出しします」(布山シェフ)

 ホタルイカのバスク風煮込み

 兵庫県産真牡蠣の冷製 生クリームと焼きのり 海藻とシャンパンビネガー

「考えもしなかった味や盛り付けとの出会いが面白いのでフレンチやイタリアンが好き。食材や味、色組み合わせに刺激をもらえることが楽しいです」(布山シェフ)

 馬肉のタルタル・イタリア産ラルドのすりおろし(ラルド…豚の背脂の生ハム)

 真鱈のベニエ(フリット)自家製ビーツのマヨネーズ 

 黒色の正体は竹炭。ピンク色のソースは自家製マヨネーズにビーツを加えたもの。

ワインは全てヴァン・ナチュール

 グルドボワで取り扱っているワインは、全て「ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)」。環境や健康を大切に考え、無農薬有機栽培のブドウを原料として作られています。

 料理と相性抜群だからスイスイ美味しく飲んでしまって店名の通り“二日酔い”しちゃうかも。

色彩豊かな料理はSNS映え抜群

 布山シェフはビジュアルから逆算してレシピを作る主義。こんな色彩の、こんな盛り付けの料理を作りたい!というビジュアルイメージから作り上げていく。フランスで人気のレストランが投稿する料理のSNS画像を見て、料理の色彩イメージを膨らませることもあるそうです。

 2018年11月にオープンしたばかりのビストロノミー「グルドボワ」。中目黒でSNS映え抜群、魅惑の食体験をしてみませんか?

 明るくて広いカウンターは女性のお一人様にもおすすめです。ぜひ、シェフとの会話も楽しんでくださいね。

お店情報

▼グルドボワ(La gueule de bois)
住所:東京都目黒区東山1-8-6 サンロイヤル東山1F
定休日:日曜(祝前日の日曜日は営業、祝日月曜日は休み)
電話:03-6884-4630
営業時間:17:30~24:30(食事L.O.23:30、ドリンクL.O.24:30)

コース:シェフのおまかせコース 5品 5,000円
ドリンク:グラスワイン 800円~、ボトルワイン 4,050円~
アラカルト:800円~

Instagram:gueule_de_bois_nakameguro

※本記事に掲載している店舗のデータ及び料理の内容や価格は、取材時のものです。内容が予告なく変わる場合もございます。

フード 新着一覧


「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...