恵比寿の超人気店「賛否両論」予約が取りやすい時間帯って?

山口えりこ 飲食トレンドリサーチャー
更新日:2019-05-28 05:32
投稿日:2019-03-27 06:10
 世界で最も多くの星を持つ美食都市「東京」。恋人と友達と家族と。美味しくて素敵な、記憶に残る時間を過ごしませんか?飲食トレンドリサーチャーの山口えりこが、5,000円から10,000円で最高の料理とおもてなしを体験できる「東京レストラン」を紹介します。

 日本一予約が取れない料理店として有名な恵比寿「賛否両論」。笠原将弘マスターの自然体で流れるような包丁づかいは、他の料理人とは一線を画す美しさです。

 予約はカウンター席がオススメ。会話を邪魔しないスマートなサービスも心地いい。店名には、「99人に嫌われても、1人に熱烈に好かれる方がいい。実際に少数であっても、『ものすごく好きだ』と言ってもらえたらいい」という思いが込められています。

予約は…取れる!

 日本一予約が取れないのは、予約が集中する18時~19時の時間帯。その時間帯を避ければ、比較的予約は取りやすいです。加えて、当日キャンセル等で席が空いていたりもします。

 恵比寿のオトナ女子にリサーチしたところ最も多かった予約パターンは、20時30分~21時で予約するパターンでした。19時までしっかり仕事をして、19時30分に恵比寿駅で待ち合わせ。駅近くのバーでアペリティフしてからお店に向かうという感じです。

笠原将弘さんはテレビでもおなじみ
笠原将弘さんはテレビでもおなじみ

 笠原将弘マスターはどんなに忙しくても厨房に入り、お客様に自ら料理を提供することをモットーにしているそうです。

メニューはおまかせコース2種類

先付からワクワク
先付からワクワク

 旬の食材で繊細に構成された先付がコース料理のワクワク感を盛り上げます。

八寸(おまかせ8,900円コース)
八寸(おまかせ8,900円コース)

 夜は6,800円と8,900円のおまかせコースを用意。土曜のみ営業しているランチでは、夜の6,800円のコースと同じ内容の料理が提供されます。

 マスターが選び抜いた美しい器たちが料理を一層引き立てています。

 旬の食材を使った、しめの土鍋ご飯も絶品です。食べきれない分はおにぎりにしてお土産にしてくれます。

デザート6種類は選び放題!

甘いもの好きには嬉しい選び放題
甘いもの好きには嬉しい選び放題

 コースの最後のデザートは6種類どれも選び放題。6種類全部選んでもOK。これは嬉しい!

6種類全部選んでもOK
6種類全部選んでもOK

 マスター直筆のデザートのお品書き。

全ての和食ラバーズへ

 賛否両論の料理は、産地や素材にこだわりながらも比較的身近で手に入りやすい食材と調味料で作られています。

 真骨頂は、マスターの知識と経験から生み出される創意工夫と、旬の食材を美味しく調理する繊細な技術、そして古典日本料理をより現代風に進化させた革新性です。

 恵比寿の住宅街に佇む落ち着いた大人の隠れ家料理店。デートや接待だけでなく、家族や友人との食事にもおすすめです。思い出に残る時間が過ごせます。

お店情報

▼賛否両論
住所:東京都渋谷区恵比寿2-14-4
定休日:日曜・祝日
電話:03-3440-5572 
予約電話受付時間:平日12:00~、土曜11:00~

【ランチ】
12:00~14:30(土曜のみ) 
おまかせコース6,800円

【ディナー】
18:00~24:00
おまかせコース6,800円/8,900円
※別途サービス料10%

フード 新着一覧


「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...