恵比寿の超人気店「賛否両論」予約が取りやすい時間帯って?

山口えりこ 飲食トレンドリサーチャー
更新日:2019-05-28 05:32
投稿日:2019-03-27 06:10
 世界で最も多くの星を持つ美食都市「東京」。恋人と友達と家族と。美味しくて素敵な、記憶に残る時間を過ごしませんか?飲食トレンドリサーチャーの山口えりこが、5,000円から10,000円で最高の料理とおもてなしを体験できる「東京レストラン」を紹介します。

 日本一予約が取れない料理店として有名な恵比寿「賛否両論」。笠原将弘マスターの自然体で流れるような包丁づかいは、他の料理人とは一線を画す美しさです。

 予約はカウンター席がオススメ。会話を邪魔しないスマートなサービスも心地いい。店名には、「99人に嫌われても、1人に熱烈に好かれる方がいい。実際に少数であっても、『ものすごく好きだ』と言ってもらえたらいい」という思いが込められています。

予約は…取れる!

 日本一予約が取れないのは、予約が集中する18時~19時の時間帯。その時間帯を避ければ、比較的予約は取りやすいです。加えて、当日キャンセル等で席が空いていたりもします。

 恵比寿のオトナ女子にリサーチしたところ最も多かった予約パターンは、20時30分~21時で予約するパターンでした。19時までしっかり仕事をして、19時30分に恵比寿駅で待ち合わせ。駅近くのバーでアペリティフしてからお店に向かうという感じです。

笠原将弘さんはテレビでもおなじみ
笠原将弘さんはテレビでもおなじみ

 笠原将弘マスターはどんなに忙しくても厨房に入り、お客様に自ら料理を提供することをモットーにしているそうです。

メニューはおまかせコース2種類

先付からワクワク
先付からワクワク

 旬の食材で繊細に構成された先付がコース料理のワクワク感を盛り上げます。

八寸(おまかせ8,900円コース)
八寸(おまかせ8,900円コース)

 夜は6,800円と8,900円のおまかせコースを用意。土曜のみ営業しているランチでは、夜の6,800円のコースと同じ内容の料理が提供されます。

 マスターが選び抜いた美しい器たちが料理を一層引き立てています。

 旬の食材を使った、しめの土鍋ご飯も絶品です。食べきれない分はおにぎりにしてお土産にしてくれます。

デザート6種類は選び放題!

甘いもの好きには嬉しい選び放題
甘いもの好きには嬉しい選び放題

 コースの最後のデザートは6種類どれも選び放題。6種類全部選んでもOK。これは嬉しい!

6種類全部選んでもOK
6種類全部選んでもOK

 マスター直筆のデザートのお品書き。

全ての和食ラバーズへ

 賛否両論の料理は、産地や素材にこだわりながらも比較的身近で手に入りやすい食材と調味料で作られています。

 真骨頂は、マスターの知識と経験から生み出される創意工夫と、旬の食材を美味しく調理する繊細な技術、そして古典日本料理をより現代風に進化させた革新性です。

 恵比寿の住宅街に佇む落ち着いた大人の隠れ家料理店。デートや接待だけでなく、家族や友人との食事にもおすすめです。思い出に残る時間が過ごせます。

お店情報

▼賛否両論
住所:東京都渋谷区恵比寿2-14-4
定休日:日曜・祝日
電話:03-3440-5572 
予約電話受付時間:平日12:00~、土曜11:00~

【ランチ】
12:00~14:30(土曜のみ) 
おまかせコース6,800円

【ディナー】
18:00~24:00
おまかせコース6,800円/8,900円
※別途サービス料10%

フード 新着一覧


「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
ホクホクをほおばる「アボカドのタネに見立てたコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
2020-11-24 06:00 フード
「アンコウの酒盗干し」天日で半日干せば極上おつまみ完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の老舗和食店「はち巻岡田」の岡田幸造さ...
おうちで簡単に作れる!かぼちゃとベーコンの絶品キッシュ
 急に冷え込む日が続くようになって、一気に季節が冬に移り変わろうとしていますね。冬は、クリスマスやお正月などイベントごと...
ぐっち夫婦 2020-11-22 06:00 フード
真っ白な「ポテトサラダ」じゃがいも=こってりの概念を覆す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さん...
「南蛮エビなめろう」これぞ酒泥棒!目が覚めるコクとうま味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
削ってレンチン!赤ワインには「パリパリ・パルミジャーノ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「葉蒜豆鼓炒海瓜子(葉ニンニクとアサリの豆鼓炒め)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
万能ソースが活躍「マッシュルームとフォアグラのリゾット」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・北新地のフレンチ「カラーズ」の加藤吾郎さん...
「ムール貝とカブのワイン蒸し」塩辛と生米で2度おいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」は冷めてもおいしい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
イタリアンな「魚介のサラダ」時短&失敗ナシなのに主役級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ニンジンのサラダ クミン風味」カレー風味の“なます”です
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のスパイス料理専門店「スパイス・カフェ...
和食の基本と潔さ 手間をかけただけおいしくなる「煮ガキ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「サバのフリッタータ」本場のオムレツをサバ味噌煮缶で作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...