「肉体関係は神聖なもの」頑なに恋人を抱かない36歳男の事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-30 06:00
投稿日:2022-04-30 06:00
冷酷と激情のあいだvol.88〜女性編〜」では、恋人のヨウヘイさん(仮名・36歳)と、交際開始から一度もカラダの関係がないことに悩む女性・華絵さん(仮名・34歳)の苦悩をお届けしました。
 お付き合いを始めてすでに4カ月以上が経過。キスはするけれどエッチには至らないことについて、ヨウヘイさんはどのように捉えているのでしょうか。

結婚すると決めた女性以外とはしたくない

形式にとらわれてるんじゃない?(写真:iStock)
形式にとらわれてるんじゃない? (写真:iStock)

「もう大人だから仕方ないのかもしれないけれど、付き合ったらカラダの関係を結ぶのが当たり前みたいになっていることが不思議だし、僕はそういうことは、結婚をするって決めた女性以外とはしたくないんだよね。

 華絵ちゃんは、僕と違って一度は結婚して失敗しているから、次は失敗したくないって思いは強いみたいなんだけど、それでも僕に対して簡単にカラダを許そうとしてくるところは、僕には理解に苦しむというか……。

 まだそんな関係になる前の段階で、お互いをよく知ることを優先したほうがいいと僕は思うのに、華絵ちゃんは形式にとらわれている感じがするんだよね」

 身近な知人に対して、こう漏らしていたというヨウヘイさん。華絵さんとは交際はしているものの、「将来を約束した関係でもないのに、肉体関係を急ぐ必要なんてどこにもない」と認識しているとのこと。

理解してほしいけど、激怒された過去も…

どうすれば傷つけずに伝えられる?(写真:iStock)
どうすれば傷つけずに伝えられる? (写真:iStock)

「それに今は、コロナ禍だから安易に他人と距離を近づけすぎないほうがいいっていうのもあるんじゃないかなって。僕は自分でも認める潔癖タイプなので、余計にそういう考えが強いのかもしれないけれど、華絵ちゃんがやけにカラダを求めてくることには、ちょっとした嫌悪感も覚えているのが正直なところかな」

「今の時代は、婚前交渉をする男女が多いことも知ってはいるけれど」と前置きをしたうえで、「自分はやっぱり肉体関係については神聖なものだと思っているから、気軽にはできない」と考えているヨウヘイさん。

 本当は、この考えを華絵さんにも理解してもらいたいそうですが、どう伝えれば華絵さんを傷つけずに理解してもらえるのかがわからず、苦悩を抱えているそうです。

「前にちょっとだけ付き合った彼女も華絵ちゃんみたいな感じで、付き合ってしばらくしたらエッチをしたいって言ってきたんですよ。

 そのときは、僕は素直に事情を話して、“だから結婚したいって思えるくらいに、お互いの愛情が深まったときにそうしよう”って提案したんだけど、その子にはまったく理解してもらえなかったばかりか、気持ち悪いものを見るような目で僕のことを見て、そして激怒されちゃったんですよね。

 そういう経験があるから、華絵ちゃんにはそうなってもらいたくなくて、どうやって伝えればいいのかなぁって迷っています」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ