「肉体関係は神聖なもの」頑なに恋人を抱かない36歳男の事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-04-30 06:00
投稿日:2022-04-30 06:00
冷酷と激情のあいだvol.88〜女性編〜」では、恋人のヨウヘイさん(仮名・36歳)と、交際開始から一度もカラダの関係がないことに悩む女性・華絵さん(仮名・34歳)の苦悩をお届けしました。
 お付き合いを始めてすでに4カ月以上が経過。キスはするけれどエッチには至らないことについて、ヨウヘイさんはどのように捉えているのでしょうか。

結婚すると決めた女性以外とはしたくない

形式にとらわれてるんじゃない?(写真:iStock)
形式にとらわれてるんじゃない? (写真:iStock)

「もう大人だから仕方ないのかもしれないけれど、付き合ったらカラダの関係を結ぶのが当たり前みたいになっていることが不思議だし、僕はそういうことは、結婚をするって決めた女性以外とはしたくないんだよね。

 華絵ちゃんは、僕と違って一度は結婚して失敗しているから、次は失敗したくないって思いは強いみたいなんだけど、それでも僕に対して簡単にカラダを許そうとしてくるところは、僕には理解に苦しむというか……。

 まだそんな関係になる前の段階で、お互いをよく知ることを優先したほうがいいと僕は思うのに、華絵ちゃんは形式にとらわれている感じがするんだよね」

 身近な知人に対して、こう漏らしていたというヨウヘイさん。華絵さんとは交際はしているものの、「将来を約束した関係でもないのに、肉体関係を急ぐ必要なんてどこにもない」と認識しているとのこと。

理解してほしいけど、激怒された過去も…

どうすれば傷つけずに伝えられる?(写真:iStock)
どうすれば傷つけずに伝えられる? (写真:iStock)

「それに今は、コロナ禍だから安易に他人と距離を近づけすぎないほうがいいっていうのもあるんじゃないかなって。僕は自分でも認める潔癖タイプなので、余計にそういう考えが強いのかもしれないけれど、華絵ちゃんがやけにカラダを求めてくることには、ちょっとした嫌悪感も覚えているのが正直なところかな」

「今の時代は、婚前交渉をする男女が多いことも知ってはいるけれど」と前置きをしたうえで、「自分はやっぱり肉体関係については神聖なものだと思っているから、気軽にはできない」と考えているヨウヘイさん。

 本当は、この考えを華絵さんにも理解してもらいたいそうですが、どう伝えれば華絵さんを傷つけずに理解してもらえるのかがわからず、苦悩を抱えているそうです。

「前にちょっとだけ付き合った彼女も華絵ちゃんみたいな感じで、付き合ってしばらくしたらエッチをしたいって言ってきたんですよ。

 そのときは、僕は素直に事情を話して、“だから結婚したいって思えるくらいに、お互いの愛情が深まったときにそうしよう”って提案したんだけど、その子にはまったく理解してもらえなかったばかりか、気持ち悪いものを見るような目で僕のことを見て、そして激怒されちゃったんですよね。

 そういう経験があるから、華絵ちゃんにはそうなってもらいたくなくて、どうやって伝えればいいのかなぁって迷っています」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテ期と錯覚した女の孤独 フェイクと本物の明確な違いは?
「私、モテ期かも……」と複数の男性とのやりとりを楽しんでいたつもりなのに、気がついたら孤独になっていた。そんな女性が増え...
内藤みか 2022-10-06 06:00 ラブ
あなたはふりかけ星人?「料理にケチをつける男」対処法4つ
 料理にケチをつける男にイライラした経験のある人は多いですよね。普通の仕事とは違い、家事には休みも定年もお給料もありませ...
恋バナ調査隊 2022-10-06 06:00 ラブ
彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ