withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2022-05-23 06:00
投稿日:2022-05-23 06:00

出会う手段が変わってきている

あなたの相手はどこにいる?(写真:iStock)
あなたの相手はどこにいる? (写真:iStock)

 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されていますが、男女の出会いを見つけること自体も、とても難しくなってしまいました。

 かつては職場や友人との飲み会、習い事などで自然に出会うこともあったし、合コンや婚活パーティーなどにも、参加しようと思えばすぐにできたはず。

 しかし、コロナ禍の今、リアルな対面が敬遠されるため、出会いの中心は「マッチングアプリ」「結婚相談所」になっています。

「まずは恋愛がしたい」という恋活層はマッチングアプリに、「真剣に結婚をしたい」という婚活層は結婚相談所に登録するのが王道です。両方活用して、より出会いの間口を広げている人も多くいます。

 実際に、この2年でマッチングアプリは多種多様な新しいサービスが登場していますし、機能もどんどんアップデートされ、登録者も増加し続けています。結婚相談所も同様です。

 ということで今回は、昨今の出会いの2大トレンドといわれる「マッチングアプリ」と「結婚相談所」について、最旬情報を押さえていきましょう。

今どきのマッチングアプリって?

田中亜依さん
田中亜依さん

 まずは「好きな人が欲しい」「彼氏を作りたい」という恋活層の人には、マッチングアプリの活用からおすすめしますが、コロナ以降で変わったことはあるのでしょうか?

 大手マッチングアプリ運営会社の結婚相談所で講師をしている田中亜依さんに、最近のマッチングアプリの傾向についてお伺いしました。

1. 対面する前の「オンラインデート」や「ビデオ通話」の活用

 コロナ以前までは「マッチングしたら対面する」という流れでしたが、コロナ以降は「マッチングしたら対面する前に、オンラインデートやビデオ通話などを挟み、オンライン上で確認してお互いにOKであれば、リアルな対面に移行するケースが増えている」とのこと。

 マッチングアプリのプロフィール情報では、顔写真やスペックはわかりますが、話し方や雰囲気まではわからないので、オンライン上で確認できるのは安心感がありますね。

 ただし、「画面で主に見える範囲は顔と上半身なので、実際に対面してみて“背が低かった”とか“想像していた体格と全然違った”という意見や、“体臭がくさかった”、“後頭部がハゲていた”など、オンライン上では確認できない部分にガッカリする人が多いのも事実です」と、田中さんは言います。

 やっぱり実際に会ってみないと、相手の全体の雰囲気まではわからないものです。メッセージのやり取りやオンライン上の会話で、信頼できそうな相手かをしっかりと確認し、良さそうであれば対面するということを繰り返し行うことで、自分に合うパートナーを見つけられるということでしょう。

 時にはアプリ疲れしてしまうこともあるかもしれませんが、根気強さも必要ですね。

コロナ禍でコミュニケーション力が低下?

マッチングはしたけれど…(写真:iStock)
マッチングはしたけれど… (写真:iStock)

2. 対面後のアプローチ

 前出の田中亜依さんが、昨今の出会いを求める人々に対して懸念していることがあるといいます。

「アプローチ力の低下です。仕事でもリモート化が進み、これまではあった友人との飲み会や合コン、婚活パーティーといった出会いの場も激減している中、会話をする機会も減っています。そうすると、会話力やコミュニケーション力も落ちていくので、マッチングアプリや結婚相談所で条件が合い、いざ対面することになってもうまくアプローチができず、恋愛に発展させられないケースが目立っているんですよね」とのこと。

 運動をしないと筋力が落ちていくように、人と話さないと会話力も落ちるということでしょう。

 マッチングした男性と対面することになったものの、「そもそも男の人と2人で会うだなんて何カ月ぶり!?」と緊張して、何を喋ったらいいのかわからずに終了してしまう気持ちもよくわかりますが、せっかくのチャンスを無駄にしないように、日頃から人とコミュニケーションを取る意識をしておくことが大切だと思います。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...