withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2022-05-23 06:00
投稿日:2022-05-23 06:00

出会う手段が変わってきている

あなたの相手はどこにいる?(写真:iStock)
あなたの相手はどこにいる? (写真:iStock)

 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されていますが、男女の出会いを見つけること自体も、とても難しくなってしまいました。

 かつては職場や友人との飲み会、習い事などで自然に出会うこともあったし、合コンや婚活パーティーなどにも、参加しようと思えばすぐにできたはず。

 しかし、コロナ禍の今、リアルな対面が敬遠されるため、出会いの中心は「マッチングアプリ」「結婚相談所」になっています。

「まずは恋愛がしたい」という恋活層はマッチングアプリに、「真剣に結婚をしたい」という婚活層は結婚相談所に登録するのが王道です。両方活用して、より出会いの間口を広げている人も多くいます。

 実際に、この2年でマッチングアプリは多種多様な新しいサービスが登場していますし、機能もどんどんアップデートされ、登録者も増加し続けています。結婚相談所も同様です。

 ということで今回は、昨今の出会いの2大トレンドといわれる「マッチングアプリ」と「結婚相談所」について、最旬情報を押さえていきましょう。

今どきのマッチングアプリって?

田中亜依さん
田中亜依さん

 まずは「好きな人が欲しい」「彼氏を作りたい」という恋活層の人には、マッチングアプリの活用からおすすめしますが、コロナ以降で変わったことはあるのでしょうか?

 大手マッチングアプリ運営会社の結婚相談所で講師をしている田中亜依さんに、最近のマッチングアプリの傾向についてお伺いしました。

1. 対面する前の「オンラインデート」や「ビデオ通話」の活用

 コロナ以前までは「マッチングしたら対面する」という流れでしたが、コロナ以降は「マッチングしたら対面する前に、オンラインデートやビデオ通話などを挟み、オンライン上で確認してお互いにOKであれば、リアルな対面に移行するケースが増えている」とのこと。

 マッチングアプリのプロフィール情報では、顔写真やスペックはわかりますが、話し方や雰囲気まではわからないので、オンライン上で確認できるのは安心感がありますね。

 ただし、「画面で主に見える範囲は顔と上半身なので、実際に対面してみて“背が低かった”とか“想像していた体格と全然違った”という意見や、“体臭がくさかった”、“後頭部がハゲていた”など、オンライン上では確認できない部分にガッカリする人が多いのも事実です」と、田中さんは言います。

 やっぱり実際に会ってみないと、相手の全体の雰囲気まではわからないものです。メッセージのやり取りやオンライン上の会話で、信頼できそうな相手かをしっかりと確認し、良さそうであれば対面するということを繰り返し行うことで、自分に合うパートナーを見つけられるということでしょう。

 時にはアプリ疲れしてしまうこともあるかもしれませんが、根気強さも必要ですね。

コロナ禍でコミュニケーション力が低下?

マッチングはしたけれど…(写真:iStock)
マッチングはしたけれど… (写真:iStock)

2. 対面後のアプローチ

 前出の田中亜依さんが、昨今の出会いを求める人々に対して懸念していることがあるといいます。

「アプローチ力の低下です。仕事でもリモート化が進み、これまではあった友人との飲み会や合コン、婚活パーティーといった出会いの場も激減している中、会話をする機会も減っています。そうすると、会話力やコミュニケーション力も落ちていくので、マッチングアプリや結婚相談所で条件が合い、いざ対面することになってもうまくアプローチができず、恋愛に発展させられないケースが目立っているんですよね」とのこと。

 運動をしないと筋力が落ちていくように、人と話さないと会話力も落ちるということでしょう。

 マッチングした男性と対面することになったものの、「そもそも男の人と2人で会うだなんて何カ月ぶり!?」と緊張して、何を喋ったらいいのかわからずに終了してしまう気持ちもよくわかりますが、せっかくのチャンスを無駄にしないように、日頃から人とコミュニケーションを取る意識をしておくことが大切だと思います。

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ