「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答

若林杏樹 漫画家
更新日:2022-05-25 06:00
投稿日:2022-05-25 06:00
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。
「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。また、相手との関係性でまだ言いたくない(言えない)趣味の場合もごまかすにも苦労します。
 ですが、恋愛において、「特にないです」とバッサリ会話を終了してしまうと、相手があなたに、ものすごーく好意を持っているケースでない限り、場の空気が凍りつきます。そして、せっかくの出会いのチャンスをムダにしてしまうかもしれません。
 今回は、印象がバッチリ良くなる「趣味は何ですか?」のモテ回答についてお伝えしていきます。
 
 

 

 
 

 

 
 

 

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

 

趣味は「おさんぽです」でOK。次のデートの約束もしやすくなります

 あなたが、これといった趣味がなかったり、言いたくない趣味をお持ちなのであれば、「おさんぽです」と回答してみてください。

「別にそんなにさんぽしませんが……」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、ひきこもりでもない限り、歩くことはありますよね。

 通勤、帰宅、お買い物、旅行中……ほとんどの人間は歩きます。だからウソではありません。

 この「おさんぽ」の回答、メリットが2点あります。

 1つ目は、男性側が“次のデートにつなげやすい”のです。

 さんぽのエピソードは、旅行に行った時の景色や、近所での平和な1日を話すのもいいですし、何でも構いません。男性が「どこかで軽くご飯を食べて、景色でも見にさんぽしませんか?」と誘いやすい趣味なのです。

 2つ目のメリットは、“背伸びしなくても一緒にいれる”と思ってくれるのです。

 いくらお金持ちの男性でも、ずっと頑張らなくてはいけない女性相手だと、本気でのお付き合いや、将来の結婚までは考えられないと思ってしまうのです。

 一緒に出来る、かつハードルが低い「おさんぽ」の回答は、男性にとってかなりグッとくる回答になります。

“動かない男”はシャットアウト

 もちろん、「オレ、歩くのキラーイ」なんて言う人もいるかもしれませんが、そういう動かない男性をシャットアウトできる良い趣味だと思います。

 さんぽは気軽なデートプランとして使えます。景色を見たり、ゆっくり話したり……。付き合う前でも、後でもお互いの関係を作ってくれます。

 当たり前なのですが、健康にもいいので、全く歩かない方はスマホをポケットに入れて、友達とさんぽしてみてください。意外と盛り上がりますよ。

 無理に男性に合わせた趣味を作らず、ありのままのあなたと向き合い、一緒に歩んでくれる人をぜひ見つけてみてくださいね。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん (漫画:若林杏樹)

ダラ先輩
女子は血流のために一日2時間歩いたほうがいいらしいです。2時間!? って思ったけれど、8000歩〜1万歩になるみたいです。いや〜、リモートワークの日は無理だな!

ギャルちゃん
リモートワーク増やしたら、まじ太ったー! 笑えないっ! 通勤って運動だったんだな……。歩くって大切だな〜! 夜のおさんぽデートが、好きです☆

若林杏樹
記事一覧
漫画家
初の著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がベストセラーに。前職は私立大学職員。ニックネームはあんじゅ先生。
漫画ブログX

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ