「駆け引き上手」はやっぱり恋愛上手なのよ【モテ診断付き】

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-06-04 06:00
投稿日:2022-06-04 06:00
 いつの時代も駆け引き上手な人は恋愛上手。いくつもの駆け引きをさりげなく実践している女性は、恋愛のチャンスだって多いのです。
 果たしてあなたはモテ女でしょうか? 当てはまる項目数によって、あなたのモテ度を診断してみましょう。

恋愛で使える駆け引きテクニック5選

焦らすテクニックは有効!(写真:iStock)
焦らすテクニックは有効! (写真:iStock)

 まずは、恋愛で使える駆け引きテクニックを5つご紹介します。あなたがよく実践する項目がいくつあるか、チェックしながらご覧ください。

1. 返信に時間をかける

 これは実践している女性が多いかもしれませんね。男性の気持ちを膨らませるには、LINEの返信に時間をかけるのが効果的。返信が来ない間、男性はあなたのことを考えるため、気持ちが大きくなりやすいです。

「え、好きな人いるのかな?」(写真:iStock)
「え、好きな人いるのかな?」 (写真:iStock)

2. 不安を与える

 男性を安心させてばかりいると、過剰な余裕を与えてしまいます。仮に「好き」とアピールしすぎていれば、男性は「自分のものになった」と捉えて、あなたを追いかけなくなるでしょう。

 そのため、ときに不安を与えるべき。不安になった男性は、安心感を得たくてあなたを求めてきます。

3. いつもと違う自分を見せる

「普段明るい女性が二人きりになった途端に弱音を吐いた」といったギャップに、男性は弱い傾向にあります。

 自分が抱いていた女性のイメージがいい意味で覆されたとき、男性は一気に心を奪われるようです。そして同時に「もっと知りたい」と強い興味を持ちます。

名前を何度も呼んでみて♪(写真:iStock)
名前を何度も呼んでみて♪ (写真:iStock)

4. 他の男性を匂わせる

 男性は競争率が高い女性を見るとスルーできません。モテる女性だとわかると、つい自分のものにしたくなるのでしょう。

 そのため、女性から他の男性の存在を明かされると追いかけたくなるようです。

5. 名前を何度も呼ぶ

「〇〇くんはどう思う?」「ねぇ〇〇くんってさ」と、なにかと名前を呼ぶ女性は駆け引き上手! 心理学ではネームコーリング効果と言われていますが、名前を呼びながら会話をすると、相手に親近感や好感を抱いてもらいやすいのです。

 好きな男性を呼ぶときはつい恥ずかしく感じるかもしれませんが、「ねぇ」などと呼ぶよりしっかり名前で呼んだほうが距離を縮められますよ。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


貴女の度数は? カレに好かれるクリスマスver.「フェロモンジャッジ」
◇  素敵な女性はいい香りがする――。  そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高...
太田奈月 2023-12-05 06:00 ラブ
30女40女たちの大後悔! 恋は盲目とはいえ、貢いだ私のバカ話4選
 あなたは、男性に貢いだ経験がありますか? 「好きな人を振り向かせようと頑張っているだけ」と、自分を納得させて大金を使う...
2023-12-05 06:00 ラブ
いま彼との恋愛、見切らないと時間の無駄かも?「損切り基準」6項目
 アラサー・アラフォーになると「今の彼を失ったら結婚できないかも……」と不安を抱えるときもあるでしょう。  でも彼との...
恋バナ調査隊 2023-12-04 06:00 ラブ
運が悪かっただけ? 私が出会ったクズすぎた九州の男の特徴
 九州の男といえば、豪快で男気があり、人情に熱いイメージがありますよね。男らしい人がタイプの女性にはたまらないでしょう。...
恋バナ調査隊 2023-12-04 06:00 ラブ
「今度は生ませるから」自分の元から去った元カノに再び妊娠を迫る40男
「冷酷と激情のあいだvol.171〜女性編〜」では、交際中のモラハラを理由として、ドロ沼の末に恋人と別れた明美さん(38...
並木まき 2023-12-02 06:00 ラブ
「中絶費用払って…」復縁を懇願するモラハラ元彼に38歳女の切ない願い
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-12-02 06:00 ラブ
あんた何様ですか? いい加減つら、理想が高い夫を持つ妻たちの愚痴5選
 夫の理想が高ければ高いほど、妻たちの不満は膨らむ様子。「なんなのコイツ!」と怒りがこみあげ、離婚を考えるようになる女性...
恋バナ調査隊 2023-12-01 06:00 ラブ
コロナ後のいま“レス不倫”増殖中! 2度目も3度目も食事だけデートのワケ
 コロナが5類に移行してから、くすぶり始めているのが、不倫です。濃厚接触を避けていたコロナ禍では自粛傾向にあった禁断の関...
内藤みか 2023-11-30 06:00 ラブ
不倫も人生経験、不倫してよかったと語るツワモノたち 一体何を学んだ?
 誰もが「不倫はいけない恋愛」と思っているでしょう。でも「不倫してよかった」「不倫も人生経験の1つ」と考えるツワモノもい...
恋バナ調査隊 2023-11-30 06:00 ラブ
あなたは何のため? 女性が入籍・結婚を望む5つの理由を考えてみた
「大好きな人とずっと一緒に過ごしたいから」「子どもが欲しいから」などなど、結婚したい理由は人それぞれ。あなたが結婚したい...
恋バナ調査隊 2023-11-29 06:00 ラブ
男の「よく食べる人が好き」発言に裏ナシ? “食好き女”アピる前に読んで
「好きな女性のタイプは?」という質問に対して、「よく食べる女の子が好き!」と答える男性って結構いますよね。でも、その言葉...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
家事をしない夫への「プチ仕返し」私ばっかりしんどいの、おかしくね?
 男女平等が常識になってきた現代ですが、まだまだ男女の差は存在します。その差が特に顕著なのが家庭の中。夫婦共働きであるに...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
現在イイ感じの彼に「過去の恋愛」どこまで話す? 許容範囲はどこ
 男女が距離を縮めていく中で、話題になりやすい内容といえば“過去の恋愛”。ですが、「どこまで話していいのか……」と、迷っ...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
「一生独身でいいかも…」推し活で満足する40代独女の心理とよぎる心配
 好きなキャラクターやアイドルなどを追いかけて応援する「推し活」。40代独女の中には最近では「推し活」だけで満足してしま...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
スイカから保険金殺人に発展!? 夫が戦慄する妻の「ヒス構文」LINE3選
 皆さんは「ヒス構文」を知っていますか? 「ヒス構文」とは、お笑い芸人のラランドさんのネタから生まれた言葉で、ヒス...
彼の人間性を疑ったあり得えない4つの言動、不信感を抱いた感覚は大事に
 彼氏や夫の言動に「そんな人だったの?」と引いた経験はありませんか? 人間性を疑うほどの出来事があると、大好きだった彼へ...
恋バナ調査隊 2023-11-26 06:00 ラブ