本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-05-21 06:00
投稿日:2022-05-21 06:00
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあるので、どう対処していいかわからない人もいるでしょう。
 今回は白髪を抜くのはやめたほうがいい本当の理由と、白髪の本数別におすすめの対処法をご紹介します。

どうして? 白髪を抜くのはやめたほうがいい5つの理由

白髪が気になるお年頃(写真:iStock)
白髪が気になるお年頃 (写真:iStock)

 実は、「白髪を抜くと増える」という噂に科学的根拠はないそうです。ではなぜ、白髪は抜かないほうがいいと言われているのでしょうか? 5つの理由を見ていきましょう。

1. 炎症が起きる

 白髪を抜くと毛根が傷ついてしまい、毛穴に炎症が起こるケースがあります。また、髪はひとつの毛穴から3本ほど生えているため、1本の白髪を抜くと、ほかの2本の黒髪にダメージを与えてしまう場合もあるようです。

2. 毛穴が歪む

毛根が歪む?(写真:iStock)
毛根が歪む? (写真:iStock)

 白髪を無理矢理抜いて毛根が傷つくと、毛穴の形が歪んでしまう可能性があります。毛穴の形が歪むと、その毛穴からまた生えてくる白髪や黒髪が縮れたり、くせ毛になったりして、より目立ちやすくなる可能性もあります。

3. 近くの髪が白髪になる可能性

 白髪を抜くと、その毛穴の「毛根細胞」にダメージを与えてしまう場合があります。同じ毛穴からは3本程度の毛が生えているとお伝えしましたが、ごく稀に、ダメージを受けた毛根細胞がメラニン色素を作らなくなり、残りの黒髪も白髪になってしまうケースがあるようです。

4. 黒髪になる可能性があるから

まだ黒髪になる可能性もある!(写真:iStock)
まだ黒髪になる可能性もある! (写真:iStock)

 実は、白髪の一部は、白髪になってしまう原因が解消されれば黒髪に戻る可能性が残っています。でも、白髪を抜いて毛根を傷つけてしまうと、せっかくの黒髪になる可能性を途絶えさせてしまうことにもつながるそうです。

5. 生えてきた短い白髪は目立つから

 毛根へのダメージ以外にも、抜かないほうがいい理由はあります。白髪を抜いた毛穴からは、再度白髪が生えてきますが、生えてきた短い白髪はピンと立ってしまい、非常に目立つのです。

 数本ならいいかもしれませんが、何十本も抜くとなると生えてきた時が大変になってしまうでしょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...