無意識のモテ術! 着飾る“キレイすぎる女”がモテにくい理由

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-10-31 16:05
投稿日:2019-04-30 16:40
 皆さんは「無意識のモテ術」って知ってますか? これ、私が恋愛に困っている女性たちにレクチャーしている恋愛術のひとつなんです。私を懇意にしてくださる女性編集者さんで、薫子さん(仮名/ 29歳)という方がいるのですが、今回は彼女のお話を例に無意識のモテ術をお教えしたいと思います。

徹夜仕事の多いバリキャリ女性が…

普段は綺麗な恰好でも…(写真:iStock)
普段は綺麗な恰好でも… (写真:iStock)

 彼女は月刊誌の仕事で多忙を極める、いわゆるバリキャリウーマンです。平時はきれいに化粧し、パリッと清潔な衣類を着て、ハツラツとした笑顔で働いていします。

 しかし彼女には月イチで徹夜仕事が発生し、会社に泊まり込まなくてはならないことがあるのです。

 もちろん、化粧は落ちっぱなし。シャワーも浴びられなければ、パンツを履き替えないこともあるといいます。多くの女性にしてみれば、不潔といいますか、不衛生といいますか、とても信じられない状況でしょう。

 実は、下着メーカー大手「ワコール」の調査によると、パンツを洗うタイミングの質問に対し「1回履くたびに洗う」と回答した女性は95%でした。(集計期間 2014年11月1日-11月30日、総計 4551人)

 つまり、残る5%は1日では履き替えず、2日ないし3日で履き替えると答えた女性が4%に上るという驚きの結果だったのです。

合コンでモテたのは彼女のみ

 薫子さんは会社で仕事をしつつ、会議室で寝て過ごす日々が続きます。1日目は清潔なパンツ。2日目になると裏返して履くことも。

 この件に関して彼女は「裏返せば裏面はきれいだから」と、根拠のない弁解をしていたのを覚えています。毎日パンツを履き替えない女性にはこのタイプが多いみたいです。

 そんな人は絶対にモテるわけがない……そう思うのが普通ですが、そこに「恋愛の妙」があるのです。

 彼女が仕事に追われて4日目。ひどいコンディションで合コンに参加した日のことです。くたびれて化粧もボロボロ。なのに、その合コンでモテたのは彼女のみ。そして彼氏を作ったのも彼女だけでした。

 どうしてだと思いますか? その合コンが汚ギャル好きの男性ばかりが集まる会だったわけではありませんし、それを補って余りあるほどの美人だったわけでもありません。

スキがあったからモテたという現実

「気が楽そう」という雰囲気がモテる(写真:iStock)
「気が楽そう」という雰囲気がモテる (写真:iStock)

 これ、実は彼女がヨレヨレだったからこそ、モテたのです。

 男性はスキがある女性に行きがちです。スキがあるほど「落としやすい」(お持ち帰りしやすい)からです。疲れていると心身ともにベストではないので、素が出がちです。

 男性はそんな女性に対して、「本心を出している、猫をかぶっていない女性」と判断します。

 さらに男性には「気が楽そう」という心理が働きます。私は、一緒にいて気が楽な相手こそ、ベストな恋愛ができると考えています。身なりに気を使わない女性は、男性にとっては気楽なのです。

 でも、人間性が疑われないか心配……。そう思う女性もいるでしょう。

 大丈夫です。性格がだらしないからではなく、仕事が忙しいからという不可抗力ですので、男性が彼女の人間性を疑うことはないのです。むしろ、努力家だなあと思われますのでプラスになります。

恋人にならない「石原さとみ」より…

 そもそもですが、男性にとって、たとえ美人が目の前にいようと、好みの女性がいようと、ゲットできなければ意味がありません。絵に描いた餅なのです。

 本当に恋人を求めている男性が欲しいのは、目の前の恋人にならない「石原さとみ」より、恋人になってくれる、スキのある女性なのです。

 あなたの周囲にもいませんか? 身なりをしっかりしてて、化粧もバッチリきめて、さらに美人なのにモテない女性が。正確にはモテないのではなく、男性が手を出しにくい、つまりは敷居が高いのです。

 なにより、着飾りすぎることなく、素の自分を出している人には、他人が心を許しやすいものです。

 無意識のうちにモテるとはそういうこと。ただ仕事が忙しくて化粧も身なりもボロボロだったら「必然的にモテた」のは、そういう理由があるからです。

自分なりのスキを見せていこう

自分なりの緩さでスキをみせてみるのも(写真:iStock)
自分なりの緩さでスキをみせてみるのも (写真:iStock)

 もちろん、「男になんて媚びないわ」「男ウケを狙った合コンなんてまっぴら」という女性もいることでしょう。素晴らしい精神だと思います。でも「男性とラブラブになれるなら背に腹はかえられない」というのであれば、今回の無意識のモテ術を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 徹夜で働いたり、不潔にしたり、そういう点を真似しろとは言いません。真似しなくていです。

 自分なりのスキを見せて、男性をゲットしていきましょう。ということなのです。合コンも気合入れた女性より緩い女性のほうがモテますからね。ほいじゃーね、チャオ!

エロコク 新着一覧


アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク