無意識のモテ術! 着飾る“キレイすぎる女”がモテにくい理由

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-10-31 16:05
投稿日:2019-04-30 16:40
 皆さんは「無意識のモテ術」って知ってますか? これ、私が恋愛に困っている女性たちにレクチャーしている恋愛術のひとつなんです。私を懇意にしてくださる女性編集者さんで、薫子さん(仮名/ 29歳)という方がいるのですが、今回は彼女のお話を例に無意識のモテ術をお教えしたいと思います。

徹夜仕事の多いバリキャリ女性が…

普段は綺麗な恰好でも…(写真:iStock)
普段は綺麗な恰好でも… (写真:iStock)

 彼女は月刊誌の仕事で多忙を極める、いわゆるバリキャリウーマンです。平時はきれいに化粧し、パリッと清潔な衣類を着て、ハツラツとした笑顔で働いていします。

 しかし彼女には月イチで徹夜仕事が発生し、会社に泊まり込まなくてはならないことがあるのです。

 もちろん、化粧は落ちっぱなし。シャワーも浴びられなければ、パンツを履き替えないこともあるといいます。多くの女性にしてみれば、不潔といいますか、不衛生といいますか、とても信じられない状況でしょう。

 実は、下着メーカー大手「ワコール」の調査によると、パンツを洗うタイミングの質問に対し「1回履くたびに洗う」と回答した女性は95%でした。(集計期間 2014年11月1日-11月30日、総計 4551人)

 つまり、残る5%は1日では履き替えず、2日ないし3日で履き替えると答えた女性が4%に上るという驚きの結果だったのです。

合コンでモテたのは彼女のみ

 薫子さんは会社で仕事をしつつ、会議室で寝て過ごす日々が続きます。1日目は清潔なパンツ。2日目になると裏返して履くことも。

 この件に関して彼女は「裏返せば裏面はきれいだから」と、根拠のない弁解をしていたのを覚えています。毎日パンツを履き替えない女性にはこのタイプが多いみたいです。

 そんな人は絶対にモテるわけがない……そう思うのが普通ですが、そこに「恋愛の妙」があるのです。

 彼女が仕事に追われて4日目。ひどいコンディションで合コンに参加した日のことです。くたびれて化粧もボロボロ。なのに、その合コンでモテたのは彼女のみ。そして彼氏を作ったのも彼女だけでした。

 どうしてだと思いますか? その合コンが汚ギャル好きの男性ばかりが集まる会だったわけではありませんし、それを補って余りあるほどの美人だったわけでもありません。

スキがあったからモテたという現実

「気が楽そう」という雰囲気がモテる(写真:iStock)
「気が楽そう」という雰囲気がモテる (写真:iStock)

 これ、実は彼女がヨレヨレだったからこそ、モテたのです。

 男性はスキがある女性に行きがちです。スキがあるほど「落としやすい」(お持ち帰りしやすい)からです。疲れていると心身ともにベストではないので、素が出がちです。

 男性はそんな女性に対して、「本心を出している、猫をかぶっていない女性」と判断します。

 さらに男性には「気が楽そう」という心理が働きます。私は、一緒にいて気が楽な相手こそ、ベストな恋愛ができると考えています。身なりに気を使わない女性は、男性にとっては気楽なのです。

 でも、人間性が疑われないか心配……。そう思う女性もいるでしょう。

 大丈夫です。性格がだらしないからではなく、仕事が忙しいからという不可抗力ですので、男性が彼女の人間性を疑うことはないのです。むしろ、努力家だなあと思われますのでプラスになります。

恋人にならない「石原さとみ」より…

 そもそもですが、男性にとって、たとえ美人が目の前にいようと、好みの女性がいようと、ゲットできなければ意味がありません。絵に描いた餅なのです。

 本当に恋人を求めている男性が欲しいのは、目の前の恋人にならない「石原さとみ」より、恋人になってくれる、スキのある女性なのです。

 あなたの周囲にもいませんか? 身なりをしっかりしてて、化粧もバッチリきめて、さらに美人なのにモテない女性が。正確にはモテないのではなく、男性が手を出しにくい、つまりは敷居が高いのです。

 なにより、着飾りすぎることなく、素の自分を出している人には、他人が心を許しやすいものです。

 無意識のうちにモテるとはそういうこと。ただ仕事が忙しくて化粧も身なりもボロボロだったら「必然的にモテた」のは、そういう理由があるからです。

自分なりのスキを見せていこう

自分なりの緩さでスキをみせてみるのも(写真:iStock)
自分なりの緩さでスキをみせてみるのも (写真:iStock)

 もちろん、「男になんて媚びないわ」「男ウケを狙った合コンなんてまっぴら」という女性もいることでしょう。素晴らしい精神だと思います。でも「男性とラブラブになれるなら背に腹はかえられない」というのであれば、今回の無意識のモテ術を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 徹夜で働いたり、不潔にしたり、そういう点を真似しろとは言いません。真似しなくていです。

 自分なりのスキを見せて、男性をゲットしていきましょう。ということなのです。合コンも気合入れた女性より緩い女性のほうがモテますからね。ほいじゃーね、チャオ!

エビオス嬢
記事一覧
恋愛マネジメント
恋愛マネジメントの第一人者であり、多数の女性たちに希望と絶望を与えている。複数の女性向けサイトに匿名でアドバイザーとして参加。毎年、大晦日にはイイ男子に出会えない女子を集めて“メンヘラ餅”を作って食べる会を主催。好きな食べ物はオムライス。

エロコク 新着一覧


コスパ感も◎! 小さなボディに似つかわしくないハイパワー
 昨年から続く物価高。何もかもが値上がりしていて、お買い物に慎重になっている人は多いと思いますし、私もその例に漏れません...
桃子 2023-02-05 06:00 エロコク
ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク