離婚成立で「おめでとう!」と祝福を受けた悪妻との別離3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-25 06:00
投稿日:2019-04-25 06:00
 離婚を経験した男性たちから話を聞くと、それはそれは壮絶なエピソードも珍しくない実態に驚き。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、男性たちが離婚成立後に、周囲から「おめでとう」と祝福を受けたという離婚エピソードをご紹介します。

1:親戚づきあいができない女

離婚=悪妻からの解放(写真:iStock)
離婚=悪妻からの解放 (写真:iStock)

「元嫁は、俺の母親や家族、親戚中に嫌われていたんですが、それは全て本人に原因がありました。

 法事に参加すれば途中で勝手に帰ったり、親戚で集まる会があっても手伝いすらしないどころか、ひとりでどこかに抜け出したりするような変わった女で…。

 結婚前には、そんなに人間関係が苦手な印象じゃなかったんですけど、年月が経つにつれ“やりたい放題”って感じでしたね。

 俺の堪忍袋の尾が切れて離婚が成立したことを知ると、両親のみならず親戚からは口々に『おめでとう』と言われました。

 評判の悪い妻だとは薄々わかっていましたが、まさか祝福の言葉をかけられるほどとは思っていなかったので、苦笑いでした…」(42歳男性/サービス)


  ◇  ◇  ◇

 結婚となれば、当人同士だけでなく実家や親族との関係も無視できません。親戚中から嫌われるような言動を繰り返していた元妻がいると、予想外に祝福の言葉をかけられることもあるようです。

2:気づかぬうちに「不幸オーラ」

結婚してからどんどん不幸オーラが…(写真:iStock)
結婚してからどんどん不幸オーラが… (写真:iStock)

「3歳年上だった元妻がいるんですが、今振り返ると、結婚したのは向こうの策略にハメられた感が強かったです。

 外堀を埋められ、向こうが40歳になる直前に結婚したんですけど、年上なのに蓋を開けてみたら収入はほとんどなく、家のことは手抜き、年齢的に子作りを断念するのを理由にカラダの関係も拒否…という、妻としての責務をなにも果たさないダメ嫁でした。

 なんの幸福も感じないまま、幸福な結婚生活は諦めて仕事に明け暮れていた俺でしたが、あるとき好きな女性ができて、その子と付き合いたい一心で、元妻とは離婚しました。

 離婚となると、まわりからは色々言われるんだろうな…と覚悟していたんですが、実際には職場の仲間から『おめでとう』『よかったね』という言葉しか出てこず、それほど元妻の悪妻っぷりが知られていたんだと驚きましたね。

 なんでも、元妻と結婚してからの僕は、いつも顔色が悪くて暗い顔をしていたそうで、みんな密かに心配してくれていたようです」(43歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 結婚後に、どんどん不幸そうな表情になっていく同僚がいれば、心配になるものです。本人が多くを語らずとも、身近にいる仲間は察しますよね…。

3:実家と無理やり縁を切らされた

「実家と縁を切れ」という理不尽な命令は言語道断(写真:iStock)
「実家と縁を切れ」という理不尽な命令は言語道断 (写真:iStock)

「元妻は、なぜか僕の実家を毛嫌いし、年末年始やお盆などの長期休暇ですら接触を避けていました。

 僕にも『実家とは縁を切れ』と命令し、最初のうちこそ口論になりましたが、相手が一向に折れないので、そのうちに事実上、実家と絶縁させられているような状態に陥っていました。

 そのうちに親が病気になったんですが、おおっぴらに看病にすら行かせてもらえず、妻に隠れてこっそり病院通いをしていました。そんな様子は、友人や親戚も冷静に見ていたみたい。

 結局、そんな生活にウンザリした僕が家出する形で離婚しましたが、協議離婚が成立したと伝えると、元妻を知る人からは揃って『おめでとう!』『ご両親が元気なうちで、本当に良かった』とお祝いの言葉をかけられました…」(41歳男性/飲食)

  ◇  ◇  ◇

 実の親との縁を無理に切らせるような妻は、言語道断だと感じる人も多いでしょう。離婚できたと聞けば、周囲も思わずホンネがポロリ…といったところでしょうか。

 本来離婚は「おめでとう」と声をかける出来事ではないはず。しかし世の中には、まわりが祝福の言葉を述べるほどの不幸な結婚生活に陥っていた男もいるようです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM