同情の余地なし…鬼嫁に「自業自得」な制裁がくだった日

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-15 06:00
投稿日:2019-05-15 06:00
 周囲から見て「鬼嫁」と評される女性には、制裁がくだることもあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁にまつわる自業自得なエピソードを3選ご紹介します。

1:毎晩、酒浸りの鬼嫁に、自業自得な悪夢が…

「時すでに遅し」(写真:iStock)
「時すでに遅し」 (写真:iStock)

「家の近くにある小料理屋に行くと、毎晩ひとりで来て大酒を飲んでいる40代女性に遭遇していました。

 その人はいつも『旦那は、家でひとり、コンビニ弁当食べてればいいのよ』とか『たいした稼ぎもない旦那だから、私はこのレベルの居酒屋にしか飲みに来れない』とかって、聞いている私が不快になるような発言が多い人でした。

 明らかにご主人をバカにした発言が多くて、こういう人を鬼嫁って言うのだろうなーって感じでしたね。
そんなある日、いつものようにそのお店に行くと、カウンターでその女性がギャン泣きしていたんです。

 聞けば、ご主人に女性がいたそうで、その人と再婚したいからと離婚届を置いて家を出て行ったとのこと。

 そりゃあ、あんな失礼な鬼嫁だったら、よそに女性を作りたくもなるよね…と、面識もないご主人に思わず同情しました。

 こういうのを、自業自得って言うんですよね、きっと」(33歳女性/製薬関連)

  ◇  ◇  ◇

 明らかに夫をバカにし、毎晩自分だけが酒浸りになっていれば、いつか愛想を尽かされても無理はありません。

 こちらの鬼嫁嬢は、気付いたときには「時すでに遅し」だったのでしょう……。

2:やりたい放題の鬼嫁に、姑からの制裁が…

姑と同居という新展開(写真:iStock)
姑と同居という新展開 (写真:iStock)

「前職の同期だった女性は、結婚後は仕事をせずに、ご主人の稼ぎでやりたい放題に振る舞っていました。

 インスタでも、やけにリア充アピールが激しいうえに、合コンなんかも独身だって偽ってよく参加していたみたい。

 たまに女子会で会うと『みんなも、ウチの旦那みたいなボンクラと結婚しなよ。そしたら好き勝手な生活ができるよ!』って勝ち誇ったように言っていましたね。

 ところが、そんな彼女に天罰が下りました。

 ご主人のお母さんが大けがをして、ひとりで暮らすのが困難になったために、息子夫婦と同居することになったのだとか。

 これまで、嫁の悪行をさんざん黙って見ていたお姑さんは、同居を開始したと同時に、そんな嫁に厳しく接しはじめたそうです。

 ご主人も、嫁にバカにされていたのは気付いていたみたいで、姑が嫁いびりをしても『今まで好きにしていたんだから、自業自得でしょ』としか言わないそう。

 姑からいびられるのはかわいそうだけど、目に余るほど好き勝手にしていた人だったから、その話を聞いて私までちょっとスーッとしました」(44歳女性/保険)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦だけで暮らしているときに夫をないがしろにしてしまうと、いざというときに夫も妻を助けなくなりがちです。

 嫁いびりをする姑にも問題はあれど、夫を大事にしていれば、夫だけは味方でいてくれたかもしれないのに……。

3:浮気ざんまいの鬼嫁に、ついに夫から制裁が…

離婚せずとも慰謝料の請求はできる(写真:iStock)
離婚せずとも慰謝料の請求はできる (写真:iStock)

「親しい飲み友達の女性が、既婚なのに浮気しまくりで、いつも年下男性とのアバンチュールにうつつを抜かしていました。

 それで、ご主人にはバレていないって聞いていたけど、実際には違ったみたいです。

 あるとき、その女性がとある年下男性に本気になり、離婚をしようとご主人と話し合ったところ、ご主人はこれまでの浮気を全部把握していたそう。

 さらには、慰謝料を請求してきたうえに『離婚だけは、絶対にしてやらない』と宣言したそうです。

 鬼嫁の悪行を知りつつも、時期を見て静観し、彼女が一番ダメージのあるタイミングで慰謝料請求とは、さすがだなって思いましたね。

 しかも協議で離婚できなければ、調停、裁判となるので離婚までに年月もかかるそうで、ご主人なりに悪妻を困らせようとしているんだろうなって感じました。

 実際、そんな彼女に愛想を尽かし、その年下彼氏も逃げたみたい。

 動揺せずに、きちんと制裁を下すご主人に、アッパレだと思いましたよ」(40歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 離婚せずとも慰謝料の請求はできるので、もっともダメージを与えられそうな時機を見計らっていたのでしょう。

 浮気は許されることではありません。

 鬼嫁としての生活を謳歌していた女性には、制裁がくだることもあるみたいです。

 本来なら周囲に同情してもらえそうな出来事でも、“鬼嫁”のレッテルがあると「自業自得でしょ」としか思ってもらえないのも現実かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ