同情の余地なし…鬼嫁に「自業自得」な制裁がくだった日

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-15 06:00
投稿日:2019-05-15 06:00
 周囲から見て「鬼嫁」と評される女性には、制裁がくだることもあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁にまつわる自業自得なエピソードを3選ご紹介します。

1:毎晩、酒浸りの鬼嫁に、自業自得な悪夢が…

「時すでに遅し」(写真:iStock)
「時すでに遅し」 (写真:iStock)

「家の近くにある小料理屋に行くと、毎晩ひとりで来て大酒を飲んでいる40代女性に遭遇していました。

 その人はいつも『旦那は、家でひとり、コンビニ弁当食べてればいいのよ』とか『たいした稼ぎもない旦那だから、私はこのレベルの居酒屋にしか飲みに来れない』とかって、聞いている私が不快になるような発言が多い人でした。

 明らかにご主人をバカにした発言が多くて、こういう人を鬼嫁って言うのだろうなーって感じでしたね。
そんなある日、いつものようにそのお店に行くと、カウンターでその女性がギャン泣きしていたんです。

 聞けば、ご主人に女性がいたそうで、その人と再婚したいからと離婚届を置いて家を出て行ったとのこと。

 そりゃあ、あんな失礼な鬼嫁だったら、よそに女性を作りたくもなるよね…と、面識もないご主人に思わず同情しました。

 こういうのを、自業自得って言うんですよね、きっと」(33歳女性/製薬関連)

  ◇  ◇  ◇

 明らかに夫をバカにし、毎晩自分だけが酒浸りになっていれば、いつか愛想を尽かされても無理はありません。

 こちらの鬼嫁嬢は、気付いたときには「時すでに遅し」だったのでしょう……。

2:やりたい放題の鬼嫁に、姑からの制裁が…

姑と同居という新展開(写真:iStock)
姑と同居という新展開 (写真:iStock)

「前職の同期だった女性は、結婚後は仕事をせずに、ご主人の稼ぎでやりたい放題に振る舞っていました。

 インスタでも、やけにリア充アピールが激しいうえに、合コンなんかも独身だって偽ってよく参加していたみたい。

 たまに女子会で会うと『みんなも、ウチの旦那みたいなボンクラと結婚しなよ。そしたら好き勝手な生活ができるよ!』って勝ち誇ったように言っていましたね。

 ところが、そんな彼女に天罰が下りました。

 ご主人のお母さんが大けがをして、ひとりで暮らすのが困難になったために、息子夫婦と同居することになったのだとか。

 これまで、嫁の悪行をさんざん黙って見ていたお姑さんは、同居を開始したと同時に、そんな嫁に厳しく接しはじめたそうです。

 ご主人も、嫁にバカにされていたのは気付いていたみたいで、姑が嫁いびりをしても『今まで好きにしていたんだから、自業自得でしょ』としか言わないそう。

 姑からいびられるのはかわいそうだけど、目に余るほど好き勝手にしていた人だったから、その話を聞いて私までちょっとスーッとしました」(44歳女性/保険)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦だけで暮らしているときに夫をないがしろにしてしまうと、いざというときに夫も妻を助けなくなりがちです。

 嫁いびりをする姑にも問題はあれど、夫を大事にしていれば、夫だけは味方でいてくれたかもしれないのに……。

3:浮気ざんまいの鬼嫁に、ついに夫から制裁が…

離婚せずとも慰謝料の請求はできる(写真:iStock)
離婚せずとも慰謝料の請求はできる (写真:iStock)

「親しい飲み友達の女性が、既婚なのに浮気しまくりで、いつも年下男性とのアバンチュールにうつつを抜かしていました。

 それで、ご主人にはバレていないって聞いていたけど、実際には違ったみたいです。

 あるとき、その女性がとある年下男性に本気になり、離婚をしようとご主人と話し合ったところ、ご主人はこれまでの浮気を全部把握していたそう。

 さらには、慰謝料を請求してきたうえに『離婚だけは、絶対にしてやらない』と宣言したそうです。

 鬼嫁の悪行を知りつつも、時期を見て静観し、彼女が一番ダメージのあるタイミングで慰謝料請求とは、さすがだなって思いましたね。

 しかも協議で離婚できなければ、調停、裁判となるので離婚までに年月もかかるそうで、ご主人なりに悪妻を困らせようとしているんだろうなって感じました。

 実際、そんな彼女に愛想を尽かし、その年下彼氏も逃げたみたい。

 動揺せずに、きちんと制裁を下すご主人に、アッパレだと思いましたよ」(40歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 離婚せずとも慰謝料の請求はできるので、もっともダメージを与えられそうな時機を見計らっていたのでしょう。

 浮気は許されることではありません。

 鬼嫁としての生活を謳歌していた女性には、制裁がくだることもあるみたいです。

 本来なら周囲に同情してもらえそうな出来事でも、“鬼嫁”のレッテルがあると「自業自得でしょ」としか思ってもらえないのも現実かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ