出版社OLが“人妻風俗”に転落した理由 美沙さんのケース#4

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:07
投稿日:2019-05-16 06:00
 職場の人たちからも、実家の家族からも距離を置いてしまった美沙さん。一人の給料で健斗と二人の生活費をまかない続けてきましたが……。

禁断の世界に足を踏み入れるしかない

女性上司の優しい言葉も…(写真:iStock)
女性上司の優しい言葉も… (写真:iStock)

厳しい人だと思っていた女性上司から

 美沙さんの危険な兆候に気づいたのは、例の女性の上司でした。

 いつも顔色が悪く、朝からあくびをしている、食欲がないのか昼食をとっていない、洗濯していない服を着ている……など、黄色信号が赤信号に変わりつつあると感じたとき、上司は美沙さんを呼び出し、残業をやめて体調管理するように、と言い渡しました。

「実は私も過労から鬱病になりかけたことがあるの。美沙さん、何か無理をしていない? 失礼だけど、当時の私に似ているような気がしているんだ。仕事以外のことでもかまわないから、私に話してくれないかな?」

 上司のことばは胸にしみました。親身な良い人だったんだ、と気づいたのです。

 それなのに家に帰り、ドアを開け、健斗が散らかし放題に脱ぎ捨てた衣服やシンクにためた食器と残飯の匂いを吸った瞬間に、

「上司は仕事で言っているだけだ。私の人生を賭けられるのは会社の人じゃない、健斗しかいない」
と思ってしまうのでした。

彼を失わないで済むのなら、何でもする!

「俺が負担なんでしょ?」(写真:iStock)
「俺が負担なんでしょ?」 (写真:iStock)

 困ったことになった、と美沙さんは焦りました。残業ができなくなれば生活費が足りなくなります。健斗に相談しましたが、

「わかりにくいな、ハッキリ言えよ! 俺が負担なんでしょ? わかったよ、実家に帰るよ!」
と言われると、

「そんなこと言わないで……! 私のやりくりがヘタなだけだよ。ごめんね、これからはちゃんとするね」
と、心にもなかったことを言ってしまいます。健斗に洗脳され依存していた美沙さんは、健斗を失うことが何よりも怖くなっていたのです。何とかして収入を増やす方法を見つけよう、と決心しました。

 見つけたのは、絶対に健斗に知られてはならない方法でした。健斗が寝ている深夜にネットで「高額バイト」を検索したのです。

 キャバ嬢、コンパニオン、ソープ嬢、AV女優、パーツモデル、脚フェチマッサージ、デートクラブ、チャットレディ……何をするのか想像がつかないものもありました。

 堅い家庭に育った美沙さんには、一生縁がなかったはずの仕事ばかり。それでもこの中から自分にできるバイトを探さなければ、健斗と二人の生活を維持していくことはできません。

 水商売はダメだと思いました。お酒の匂いで健斗にバレてしまいます。デートクラブも、お客の食事やバーに同伴するのでダメ。AVはネットからバレてしまいそう。選択肢は風俗しかありませんでした。

エロコク 新着一覧


圧迫されると興奮…学生時代の経験が招いた新しい快楽の世界
「性癖という自覚はなかったけど、好きだった」という“ある行為”が、何かのタイミングでセクシャルな喜びにつながることがある...
大泉りか 2021-04-20 06:10 エロコク
小さなボディに似つかわしくない強振動!10秒で迎える絶頂♡
 最近、「極天クリサリスローター」が手放せません。全長9・2センチと小ぶりで、シンプルを極めたフォルム。鏡と見まごうほど...
桃子 2021-04-18 06:00 エロコク
思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選
 官能作家を生業としている筆者のパソコンとスマホの中は、一般の方はまず使わない「官能用語」のオンパレードです。まるで「体...
蒼井凜花 2021-04-16 06:00 エロコク
水分98%の「iroha petit」 プニプニ触感で全身を愛撫して
 ラブグッズの醍醐味は、人の体からは繰り出せない刺激を体験できるところにある、と私は思っています。振動や回転は生身の人間...
桃子 2021-04-11 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#5
 イケメン俳優Oさん(36)とついにセックスに至ったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。しかし、彼のセックス...
蒼井凜花 2021-04-09 06:45 エロコク
吸盤のようにピタッと張り付き…2種類の刺激で極上の時間を
 クリトリスが性的に敏感な器官であることは、いまさら説明の必要もなく、ピンポイントで攻めると強い快感が得られます。一方で...
桃子 2021-04-03 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#4
 イケメン俳優・Oさん(36)とついにセックスすることになったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。濃厚なフェ...
蒼井凜花 2021-04-09 06:42 エロコク
まっすぐ挿れればヘッドの先端が“ちょうどいいところ”を刺激
 棒の先に、うずらの卵を2回りほど大きくしたような楕円体がついている――。 「Gストレート」の形状を言い表すとこう...
桃子 2021-03-28 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)...
蒼井凜花 2021-04-09 06:47 エロコク
カップル向けバイブを一人で…ハンズフリーで深い快感に酔う
 U字形バイブはカップル向けに作られているものが多いので、自分ひとりの密かなお楽しみのために使いたい……という女性からは...
桃子 2021-03-21 06:00 エロコク
イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#2
 SNSがきっかけでイケメン俳優・Oさん(36歳)と知り合い、LINEで親交を深めて付き合いが始まったR子さん(31歳独...
蒼井凜花 2021-04-09 07:13 エロコク
スイッチオンで…クリがまっすぐきゅーっと吸い上げられる!
 基礎化粧品をシリーズ使いしている女性は少なくないですよね。相乗効果を狙うほか、シリーズへの信頼感というものがあるのでし...
桃子 2021-03-19 17:53 エロコク
上級者も満足♡多彩な機能で身も心もヒートアップ間違いなし
 バイブ選びはビギナーの方が難しいと思われがちですが、実は中~上級者の方がハードルが高いものです。あの機能も欲しいし、こ...
桃子 2021-03-07 10:43 エロコク
コンパクトな見た目を裏切るパワフルな振動にうっとり♡
 ゆっくりとセクシュアルな妄想を広げて、じっくりと自分の体を気持ち良くしていく……。そんなセルフプレジャーを楽しみたい夜...
桃子 2021-02-28 06:00 エロコク
終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク