出版社OLが“人妻風俗”に転落した理由 美沙さんのケース#4

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:07
投稿日:2019-05-16 06:00
 職場の人たちからも、実家の家族からも距離を置いてしまった美沙さん。一人の給料で健斗と二人の生活費をまかない続けてきましたが……。

禁断の世界に足を踏み入れるしかない

女性上司の優しい言葉も…(写真:iStock)
女性上司の優しい言葉も… (写真:iStock)

厳しい人だと思っていた女性上司から

 美沙さんの危険な兆候に気づいたのは、例の女性の上司でした。

 いつも顔色が悪く、朝からあくびをしている、食欲がないのか昼食をとっていない、洗濯していない服を着ている……など、黄色信号が赤信号に変わりつつあると感じたとき、上司は美沙さんを呼び出し、残業をやめて体調管理するように、と言い渡しました。

「実は私も過労から鬱病になりかけたことがあるの。美沙さん、何か無理をしていない? 失礼だけど、当時の私に似ているような気がしているんだ。仕事以外のことでもかまわないから、私に話してくれないかな?」

 上司のことばは胸にしみました。親身な良い人だったんだ、と気づいたのです。

 それなのに家に帰り、ドアを開け、健斗が散らかし放題に脱ぎ捨てた衣服やシンクにためた食器と残飯の匂いを吸った瞬間に、

「上司は仕事で言っているだけだ。私の人生を賭けられるのは会社の人じゃない、健斗しかいない」
と思ってしまうのでした。

彼を失わないで済むのなら、何でもする!

「俺が負担なんでしょ?」(写真:iStock)
「俺が負担なんでしょ?」 (写真:iStock)

 困ったことになった、と美沙さんは焦りました。残業ができなくなれば生活費が足りなくなります。健斗に相談しましたが、

「わかりにくいな、ハッキリ言えよ! 俺が負担なんでしょ? わかったよ、実家に帰るよ!」
と言われると、

「そんなこと言わないで……! 私のやりくりがヘタなだけだよ。ごめんね、これからはちゃんとするね」
と、心にもなかったことを言ってしまいます。健斗に洗脳され依存していた美沙さんは、健斗を失うことが何よりも怖くなっていたのです。何とかして収入を増やす方法を見つけよう、と決心しました。

 見つけたのは、絶対に健斗に知られてはならない方法でした。健斗が寝ている深夜にネットで「高額バイト」を検索したのです。

 キャバ嬢、コンパニオン、ソープ嬢、AV女優、パーツモデル、脚フェチマッサージ、デートクラブ、チャットレディ……何をするのか想像がつかないものもありました。

 堅い家庭に育った美沙さんには、一生縁がなかったはずの仕事ばかり。それでもこの中から自分にできるバイトを探さなければ、健斗と二人の生活を維持していくことはできません。

 水商売はダメだと思いました。お酒の匂いで健斗にバレてしまいます。デートクラブも、お客の食事やバーに同伴するのでダメ。AVはネットからバレてしまいそう。選択肢は風俗しかありませんでした。

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレで...
蒼井凜花 2020-11-20 17:00 エロコク