価格2倍のボージョレは無理!感動級“山梨ヌーボー”はいかが

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2022-11-30 06:00
投稿日:2022-11-30 06:00
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「WSET(level3)」を取得。皆さんにもっと手軽にワインを飲んでいただきたい、ただただその一心で、1000円台で買える“神旨”ワインをご紹介します!

今年のボージョレ・ヌーボーは本当に高い(涙)

ガラス瓶ではなくペットボトルに入れ、コストダウンを図るものも…(写真:iStock)
ガラス瓶ではなくペットボトルに入れ、コストダウンを図るものも… (写真:iStock)

 今年も待ちに待ったボージョレ・ヌーボー(フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で造られた新酒。ヌーボーは「新酒」の意)が11月17日に解禁されましたね!

 でも対ユーロの円安、そしてロシアのウクライナ侵攻の影響で輸送コストが急騰し、昨年に比べて2倍近く値上がりしちゃいました。なので私は、今年のボージョレ・ヌーボーを買っておりません……。

 ですが、朗報です!

「ボージョレの新酒」を無理して買わずとも、負けずとも劣らないおいしくて素晴らし~い「日本の新酒」があるんですよ! しかも、1000円台!!

山梨ヌーボー!「山梨」で造られた「新酒」♡

盛田甲州ワイナリーさんが手掛ける「シャンモリワイン」の新酒(写真:市野瀬瞳)
盛田甲州ワイナリーさんが手掛ける「シャンモリワイン」の新酒 (写真:市野瀬瞳)

「シャンモリ 山梨 マスカット・ベーリー A 新酒」(税込1760円)

 その1本は、“山梨ヌーボー”。山梨で造られた新酒です。山梨は日本のワイン産業を常に支えてきた県で、日本初「地理的表示(GI)」という厳しい基準を通ったワインだけに与えられる称号を取得した県でもあります。

 さらに山梨は、標高が高くて降水量が比較的少なく一日の寒暖差が大きい冷涼気候。葡萄栽培に非常に適した場所で育った、日本ワインの主要原料品種のひとつ「マスカット・ベーリーA」(以下MBA)を100%使用した新酒です。

 この品種は生食用としてもおなじみで、そのまま食べても美味ですよね。熟成させずに瓶詰めする新酒は、なんといってもその若々しくフレッシュな果実感がウリ。ブドウ本来の味わいも十二分に楽しめるというわけです。

早速いただきます!

ラズベリーやチェリー、苺のようなチャーミングな香り(写真:市野瀬瞳)
ラズベリーやチェリー、苺のようなチャーミングな香り (写真:市野瀬瞳)

 グラスに注ぐと、明るい紫がかったルビー色。そして、華やかで甘やかなキャンディーのような芳香がすぐにふわ~っと広がります。

 口に含むと、果実のフレッシュ感とやさしい酸味。タンニン(渋味)はあまり感じず、まさに新鮮さを全面に出した軽やかな飲み口です。

 スイスイ飲めちゃう味わいなのに、グビグビと飲むにはもったいない! と感じさせる繊細で甘やかな果実感がもう最っ高です!

 この新酒は、「GI山梨」(上述の地理的表示)の厳しい規定をクリアするために良いブドウを厳選し、じっくり仕込んでいるので、他社ブランドの新酒より色も味わいもしっかりしているんですね。

 だからライトボディなのに、舌の上で赤いベリー系果実の存在感を強調しながら喉を通っていき、飲み込んだ後の余韻までしっかりおいしいんです♡

(私このワインを一口飲み込んだ後、リアルに「うわっ、ウマッ…」と言っちゃいました笑)

マリアージュ(お料理との相性)は…

たこ焼きと合わせてみる?(写真:iStock)
たこ焼きと合わせてみる? (写真:iStock)

 MBAの特徴香である苺のようなフラネオールの香りはトマトにも含まれているので、トマトを使ったお料理との相性は抜群です。フレッシュな新酒の味に合わせて、カプレーゼなんかもいいですね♪

 あとは、トマトケチャップ的なお料理で、ナポリタンやピザトースト、オムライスのようなカジュアルな家庭料理と合わせてもGoodです!

 さらにウスターソースにも合うと思いますので、お好み焼きやたこ焼きにもバッチリかと!

 ですが、、、

 おいしすぎるこの山梨ヌーボーは人気の銘柄で、かつ新酒=限定品なので、すでに完売状態……。(だったら紹介するなよ! というお声は十分承知でございます…すみません…泣)

 ですが!!

ワイナリー定番品を飲んでみてほしい

今宵もおいしくいただきます!(写真:市野瀬瞳)
今宵もおいしくいただきます! (写真:市野瀬瞳)

 今回ご紹介した理由は、ぜひ来年の新酒に備えてチェックしてほしいという願いから。

 まずはワイナリーの定番品を飲んでみてください! さらにはどうしてもこの山梨ヌーボーを飲んでみたい! と渇望される方は、2021年版ならネットで購入できますのでぜひ!

 21年版の“山梨ヌーボー”は昨年のものなので、熟成されて、今年の新酒よりも味が乗って落ち着いた風味に仕上がっていますよ♪

 年々レベルが急上昇している日本ワイン、特に山梨ワインは、今や世界を代表するワインになりつつあります。

 世界のワインラバーからも注目され始めている山梨で造られたこの新酒は、「このヌーボーぜひ飲んでみて!」と自慢したくなる1本に違いありません♪

※「シャンモリワイン」の公式webショップはこちら

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、ZIP-FM「JOYFUL」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」にレギュラー出演中。

TwitterInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


やる気3%なのに5分で天国!紙ワザ炸裂の即席ふわふわ親子丼
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れるレシピ。一...
およね 2023-01-30 06:00 フード
おうちでパン飲みしよ!“鬼コスパ”赤ワインと最強ペアリング
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2023-01-31 17:26 フード
「ステラおばさん」は10枚540円こそ買い!2023.1.24(火)
 毎月19日開催、「ステラおばさんのクッキー」“詰め放題”イベントの復活が話題を呼んでいます。筆者も手帳に《「ステラおば...
マヨと黄身が絡む…ハーブが効いた「漬けマグロのユッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の「farm studio #20...
鬼リピ確定!「豚ねぎ塩鍋」がおいしすぎる 2022.1.19(木)
 本格的に鍋がおいしい季節になってきました。肌寒くなると筆者は、スーパーに陳列された鍋スープ各種を片っ端から買い漁ります...
「ゆで鶏のマーラーソース」やさしく火を入れて鶏肉ふっくら
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の「farm studio #20...
正月ボケした舌に効く~!お口が欲するジャンクなオムハヤシ
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2023-01-16 06:00 フード
茅場町「BANK」のクロワッサンを買うには?2023.1.14(土)
 人生思い通りにならないことだらけだし、物価高で家計もきゅうきゅうですが、たまには好きな食べ物をたらふくいただき、お腹も...
混ぜるだけ「甘エビのチリソース」はサルサソースがいい仕事
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学の「farm studio #20...
ビール一択から卒業!鶏の唐揚げに辛口の白ワインが合うワケ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2023-01-11 06:00 フード
「暗殺者のパスタ」はお出汁が飛ぶけど激旨 2023.1.5(木)
 運動不足改善&腰痛対策で縄跳びを始めたのですが(80回も飛べば息ゼェゼェ)、飛び終わると「腹が、減った……!」(byゴ...
【2022年アツかった記事】ひとりランチにお金はかけられない!卵かけご飯をチンして「即席チャーハン」に
【およねの爆速!女ひとり飯】 (2022年12月に公開したものを一部変更し、再掲した記事となります)   ※  ...
およね 2023-01-27 19:59 フード
【2022年アツかった記事】吉野家待望の親子丼 不適切発言にマジ切れした40女の食ルポ
(2022年4月に公開したものを一部変更し、再掲した記事となります)  ※  ※  ※
「鶏ハツ焼きとイチジク山椒風味」フルーツとハツと赤ワイン
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・中目黒の「Bar à Vin ムッシュヨー...
KALDIで1年間リピートしまくった食品5つ 2022.12.29(木)
 今年も残すところあと3日。1年間お世話になったKALDIで、リピートしまくった商品を5つピックアップしました。  人...
年越し蕎麦はワインで決まり!「辛口カヴァ」が超絶合うワケ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-12-28 06:00 フード