「先に浮気したのは…」離婚した夫に“異議あり!”な妻の声

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-24 06:00
投稿日:2019-05-24 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なるケースも珍しくありません。夫と妻、双方の言い分をご紹介しているシリーズ「冷酷と情熱のあいだ」。
 Vol.2の今回も魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫から離婚を切り出された妻の「異議」をお届けします。さて、みなさんは夫と妻、どちらの言い分に共感しますでしょうか。

1:「人づきあいが苦手な性格を受け入れてもらえず…」

離婚を切り出された妻にも言い分が(写真:iStock)
離婚を切り出された妻にも言い分が (写真:iStock)

「夫から離婚を切り出された理由は、私が彼の実家や親戚とのつきあいを拒んでいるから、でした。

 確かに、結婚している間、まともに彼の身内と会話をしたこともなければ、親睦を深めようと思ったこともありません。

 でも、私は結婚前に彼に『私は人づきあいが極端に苦手。だから、あなたの実家とも距離を置きたい』ってお願いをしていたし、彼もそれを認めてくれていたはずなんです。

 でも、実際に結婚してみたら『いくらなんでも、最低限のつきあいくらいはしろ』って言い出し、私がそれに対して、どれだけ苦痛を感じているかってことを理解してもらえませんでした。

 元夫の母親は性格的に気弱な人で、確かに嫁いびりなんかはなかったけれど、とにかく他人と接するのが苦手な私には、親戚づきあいなんてとてもじゃないけど、できなかったですね」(42歳女性/福祉)

  ◇  ◇  ◇

 内向的な性格を自覚している人にとっては、多くの人が難なくこなす親戚づきあいですら、大きな苦痛を伴うことも。そんな妻の心情に寄り添える夫であれば、離婚には至らなかったのかもしれません。

 しかし「冷酷と激情のあいだ~夫編~」で、夫は「お義母さんに会いたくない」と勝手に外泊する妻に呆れていました。互いの言い分がこれだけ食い違っていれば、うまくいくはずがありませんね。

2:浮気、モラハラをした夫を許せず…

自分がした浮気は「時効」を主張(写真:iStock)
自分がした浮気は「時効」を主張 (写真:iStock)

「元夫から離婚を切り出され、散々もめた揚げ句に別れました。

 元夫は、私の浮気を理由に離婚したいと言ってきたけれど、実は彼は、新婚当初に浮気をしているうえに、結婚後は、私に優しく接することなく毎日モラハラざんまいでした。

 結婚前にはいいことばかり言って、猛アプローチをして結婚に至ったのに、籍を入れた途端に、私をバカにするような発言ばかりで。

 そんな生活へのストレスから、私も外に男をつくるようになりました。

 確かに浮気はいけないことだけど、先に浮気をしたのは元夫だし、私に優しくしてくれなかったのも元夫です。

 それなのに、自分の浮気は『時効だ』と言い放ち、私に慰謝料まで請求して別れた元夫のことは、当分、許せそうにありません」(37歳女性/服飾)

  ◇  ◇  ◇

 妻の浮気を理由に離婚しているケースでも、実はその前段階として夫の浮気が潜んでいるケースは多いです。

 離婚話では、水掛け論になりがちなテーマですが、関係が破綻してしまえば、一緒に暮らしていくのはいずれにせよ、難しいでしょう。

3:「自由にしよう」の約束があったのに

夫になった途端にリーダー面するなんて(写真:iStock)
夫になった途端にリーダー面するなんて (写真:iStock)

「年下だった元夫とは、同棲からの流れでなんとなく結婚しました。

 でも、お互いに結婚願望はなかったし『適齢期だから、籍でも入れておこうか』みたいな軽いノリだったんですよね。

 だから、結婚しても同棲中と生活は変えないつもりだったし、実際に『お互い、今まで通り自由にしよう』って話で、入籍しました。

 ところが、結婚してしばらくしてから、夫は『妻なら、●●をちゃんとやって』などと、私への要求レベルが上がってきて。

 私は、世間体で籍を入れただけのはずなのに、なんで世間の妻と同じようなことをしなくちゃいけないのか、意味がわかりませんでした。

『話が違う』って常に思っていましたので、当然、元夫へのアタリも強くなっていたとは思います。

 年下なんだから、もう少し私を尊重すればいいのに、“夫”になった途端に自分がリーダーみたいな顔をして、卑怯な男だと思っています」(45歳女性/サービス)

夫と妻、どちらの言い分に共感?

 男女の別れ話は、片方からの話だけだと「それはヒドイ」となる話でも、もう一方の言い分を聞くと、まったく違う感想を抱くケースも少なくありません。

 さて、みなさんは今回の3つの事例について、夫「冷酷と激情のあいだ~夫編~」と妻「冷酷と激情のあいだ~妻編~」、どちらの言い分に共感しましたでしょうか。

ラブ 新着一覧


好きな人とお揃いのグッズが欲しい♡ おすすめアイテムを紹介
 あなたは好きな人とペアグッズを持ったことがありますか? 中には「恥ずかしいから」という理由でペアグッズを持たない人もい...
恋バナ調査隊 2020-12-03 06:00 ラブ
目指すはスルメ系女子? 噛むほどに味が出る女性の特徴7つ
 男女の性質を、「◯◯系」という括りで表しがちな昨今。実は今、見直されているのが、“スルメ系女子”。その言葉の通り、スル...
リタ・トーコ 2020-12-03 06:00 ラブ
彼女がいても…彼が「元カノ」と連絡を取り続ける理由って?
 なぜ、私たちの恋人は元カノと連絡を取り続けるのでしょうか。面と向かって「連絡取らないでよ」というのは重たいけれど、連絡...
ミクニシオリ 2020-12-02 06:00 ラブ
イケメンと付き合いたい女性がすべき5つの行動&出会い方♡
「彼氏がイケメンだったらいいなぁ」と、思う女性は多いのではないでしょうか? 同じセリフや行動でも、イケメンがするだけで特...
恋バナ調査隊 2020-12-02 06:00 ラブ
彼の本性が見える!結婚相手選びでチェックすべき一つのこと
「何で、結婚する前に分からなかったの?」  これは、夫婦仲が悪くなって悩んでいる人に絶対言ってはいけない言葉です。...
田中絵音 2020-12-01 06:00 ラブ
9年前にお見合いした別の優良物件男からクズ過ぎる連絡が。
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-12-01 06:00 ラブ
モテ女子に学べ♡片思い中LINEの注意点&効果的な送り方
 片思いの彼とLINE交換ができたのは良いけれど、どんなメッセージを送れば関係を発展させられるかと、悩んでいる人は多いよ...
2020-12-01 06:00 ラブ
【女性版】マッチングアプリで「モテ無双」できる写真とは?
 日常生活で「いい出会いがない」と嘆いたり、マッチングアプリは昔やっていたけれど、なかなかマッチしなかったと不満に思う方...
若林杏樹 2020-11-30 06:00 ラブ
気分屋の彼氏と幸せになれる?特徴&上手に付き合うコツ4つ
 気分屋の彼氏と付き合っていると、本当に疲れますよね。日によって言うことが違ったり、機嫌がコロコロ変わったり……。好きな...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
満月と女性の密接な関係とは? 体や恋愛に与える影響5つ
 昔から、満月と女性の体には深い関わりがあると言われてきました。実際に、満月が女性に与える影響は大きく、体調不良になった...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ
距離を縮めて♡恋愛に発展させる7つのLINEテクニック!
 今や連絡ツールの主流になっているLINE。男女の出会いの多くも、LINE交換から恋愛に発展するケースが多いのではないで...
恋バナ調査隊 2020-11-29 06:00 ラブ
サプライズはもう古い!必ず喜ばれるプレゼント~選びの極意
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。クリスマスシーズンが近づくと、そろそろプレゼントのことを考えますね。頭を悩ま...
山崎世美子 2020-11-28 06:00 ラブ
「彼女は何も悪くないのに」完璧な妻への劣等感に苦悩する夫
「冷酷と激情のあいだvol.22〜女性編〜」では、結婚わずか1年で夫が別人になったと感じている妻・Aさんの嘆きをご紹介し...
並木まき 2020-11-28 06:08 ラブ
向上心はどこへ…究極のヒモ男を掴んだかもしれない妻の苦渋
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-28 06:07 ラブ
好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ