男性はやっぱり若い女性が好き?大人女性が持つべき魅力とは

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-25 06:00
投稿日:2019-05-25 06:00
 今や、15〜20歳離れた「年の差婚」は珍しくありません。もちろん女性が年上だというケースもありますが、どちらかといえば男性が年上のケースの方が多いでしょう。そこで思ってしまうのが、「男性はやっぱり若い女性が好きなの?」ということ。今回は、その疑問を追究してみようと思います。

男性が25歳以下の若い女性を好きな理由

頼られると嬉しいのが男心(写真:iStock)
頼られると嬉しいのが男心 (写真:iStock)

 一般的に「若い女性」というと、25歳以下の女性のことを指すそう。そこでまずは、世の男性が若い女性を好きな理由から見ていきましょう。

遺伝子レベルの本能

 自分の子孫を残すために妊娠の確率が高い若い女性を求めるのは、男性が持つ遺伝子レベルでの本能ではないかという説があるそうです。

 そもそも、女性である私たちもエイジングケアを意識したり、少しでも若さを保ちたいって思いますよね。これは、自分のためである半面、男性から「若い」と認識されるためなのかも?とも思うのです。

 ちなみに、「自分より年上の男性の方が好き」と思う女性は多いですが、これは産んだ子どもをしっかり育てるために必要な経済力や安心力を年上男性が持っているからなのだとか。年下女性が頼り甲斐のある年上男性をパートナーに選ぶのは、ある意味自然の摂理とも言えるかもしれません。要は、どっちもどっちということですね。

頼られるのが嬉しい

 分からないことやできないことに対して、恥ずかしげもなく「分からない」「できない」という若い女性たち。男性はそんな彼女たちを見て、「教えてあげたい!」「頼られて嬉しい!」「自分がなんとかしないと!」と、つい思ってしまうそう。

 でも、女性に限ったことではないですが、大人になればなるほど、「知らない=無知」ということを露呈していることになります。同じことをアラフォー女性が聞いても「そんなのも知らないの?」となるわけです。

 若い女性だとメリットにもなり得ることが、年を重ねているというだけでデメリットにもなる。とても理不尽な気もしますが、仕方がありません。

若さに負けない!大人女性だからこそ持てる魅力やスキル

年齢と共に重ねてきたスキルもある(写真:iStock)
年齢と共に重ねてきたスキルもある (写真:iStock)

 大人女性は「若さ」を持つ女性の魅力には勝てないのでしょうか?いえ、決してそうではないと思います。そこで、大人女性だからこそ持てる魅力やスキルを見ていきましょう。

年相応の経験

 大人女子が若い女性に優っているもの、それは「経験」です。中には若くても「年の割に充実した経験」を持つ女性もいますが、それは若さがある上での経験。年を重ねながら得る経験とは全然違います。

 ただし、経験といっても恋愛においては「たくさんの男性と付き合う」ということではなく、「男性の本質を見極める力」を育てられるかどうかが重要。

 同じ失敗を繰り返すことなく客観的に状況を見つめて、より自分に合う男性を見極めることができるのも、大人女子が持つスキルの1つだと思います。

品の良さ

「品の良さ」というのは、身に付けようと思って付けられるものではありません。

 若い頃は、育ちの良さが品の良さに直結している部分もありますが、年齢を重ねるにつれて、やはりここでも「数々の経験」が効いてくると思うのです。

 食べ方や歩き方などの立ち居振る舞い、相手に不快感を与えない話し方、物腰の柔らかさ、一歩先を読む気遣いは、大人女性の特権でもあるもの。たくさんの経験をしてさまざまなシーンを超えてきたからこそ、「品の良さ」を手に入れることができるのです。

依存しない

 人にもよりますが、大人女性の魅力は「依存しない」ということにもあると思います。経済的にも精神的にも自立している、今の自分の立ち位置やスキルを把握している、1人の時間を大切に過ごせる、など、依存しない女性の姿は魅力的に映ります。

 恋愛以外で得られる幸せをしっかり持って充実した毎日を送ること、これは、大人女子だからこそ得られるものではないでしょうか。

若くないからこそ持てる魅力はきっとたくさんある!

自分らしく年を重ねていこう(写真:iStock)
自分らしく年を重ねていこう (写真:iStock)

 森高千里さんの「私がオバさんになっても」という曲がありますね。知っている時点で若くないのかもしれませんが、アラフォーに差し掛かる私に、なぜかとても響くのはなぜだろう。

 ご本人が20代の頃に書いたという歌詞の面白さ、キャッチーさ、そして、ミニスカートを履きつつ「オバさん」という単語を歌い上げるギャップが大ヒットの背景にあったと思いますが、50代を迎えてもこの曲を歌うご本人の姿は、むしろ誇りと余裕さえ感じられますね。(そして、ぜんぜんオバさんではない!)

 と、話が飛びましたが。

 アラフォー世代の女性にとっては、お肌がピチピチ、活動的、若さゆえに何事にもチャレンジする20代女性が眩しく見えることもあります。でも、若くないからこそ持てる魅力って、きっとたくさんある!と思うのです。

 年相応の経験を重ねて、飾ることのない自分でいれば、目元のシワも魅力の1つになるのではないでしょうか?(という願望で締めたいと思います。)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ