チョコに合うワインは赤じゃない!?甘口のマデイラが正解です

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2023-02-08 06:00
投稿日:2023-02-08 06:00
 もうすぐバレンタイン♪ いつも頑張っているご褒美として「自分チョコ」を買う人も少なくないのでは!? 今回は、チョコレートと、まずは一度でいいからぜひ合わせてほしい(!)気分まで甘~くなれる意外な1本をご紹介します♪

「チョコ×赤ワイン」の落とし穴

1年365日、いつ頬張ってもおいしいチョコレート(写真:iStock)
1年365日、いつ頬張ってもおいしいチョコレート (写真:iStock)

「チョコに合わせるワイン」ってなあに? 赤ワインをチョイスする方がほとんどだと思います。絵的にもなんとなくハマって良さげな感じがしますし(笑)、女性に人気の組み合わせ。かくゆう私も少し前までは、赤ワインを飲みながらチョコをよくつまんでいたものです。

 ですが、「チョコ×赤ワイン」のペアリングの相性って、実は良くないんですよ! 理由は、チョコの強い甘味がワインの果実風味を隠してしまい、酸味や渋みを強調させてしまうから。

 チョコと一緒に赤ワインを飲むと「なんか酸っぱいかも?」と感じた時、ありませんでしたか? さまざまなワイン資格試験の勉強をする中で、『ペアリングの法則(甘い料理には同等の甘いワインを合わせて同調させる)』を学んでからというもの、チョコ×甘口ワイン派ですっ!(ドヤ顔!笑)

 甘口ワインといっても多種多様ある上に、高かったりするんですよね(泣)。ですが! なんと!! 本連載のテーマでもある1000円台で買えて、かつ一口飲んだら絶対ハマるであろう、最強の“神旨”甘口ワインがあるんですー!

チョコレートに「マデイラ」を合わせる!

ロマンを感じる…(写真:市野瀬瞳)
ロマンを感じる… (写真:市野瀬瞳)

『MADERE CRUZ(クルーズ マデイラ)』。私が購入した成城石井では、1484円(税込み)でした。

「マデイラ」とは、ポルトガルのマデイラ島で造られた酒精強化ワイン(※)のこと。「世界三大酒精強化ワイン」のうちの一つでもあるんですよ。

 レストランで「マデイラソースとともに」みたいなメニュー名、見たことありませんか? アレです! 食前酒やデザートワインとして飲まれるだけでなく、甘味のアクセントとしてさまざまなお料理にも使われるんですね。

 酒精強化ワインは冷却設備のない大航海時代、アルコールを強めてボリューム感を出し、保存性を高める目的で造られました。マデイラ島で積み込まれた「マデイラ」の場合は赤道を横切る航海を終えると……あら不思議、独特の風味(キャラメル風味や酸化臭)がついていい感じに♡ 次第に“赤道を通る酒”として広がっていったわけですが、う~ん、歴史を知ると余計においしく感じるハズ(笑)。

※「酒精強化ワイン」とは:ワイン発酵中or発酵前に、高アルコールのブランデーを加えてアルコール度数を強め、発酵を途中で停止させて残糖を残したワインのこと。そのほとんどが甘口タイプ。

香りも大好き

完全に濃い茶褐色。静かに回してみると…(写真:市野瀬瞳)
完全に濃い茶褐色。静かに回してみると… (写真:市野瀬瞳)

 マデイラを注いだグラスを少し回したのち、グラス内側の壁面に垂れてくるワインの雫(「涙」や「脚」と呼んだりします)を見ると、トロっとゆっく~りと時間をかけて落ちていきます。スローな雫は、ワインの粘性が強い=アルコール度数が高い証しで、実際、この1本は17度もあるんですよ!

 すぐにキャラメルのような甘い香りが立ちのぼり、鼻をグラスに近づけると煎ったコーヒー豆に加え、レーズン、プルーン、イチジクなど凝縮したドライフルーツの香りも♡(私はこの香りが大好きで、鼻をずっとグラスにつけておきたくなります・笑)

 少し口に含むと、とろみのある滑らかなテクスチャーで、口中がキャラメル風味と心地よい穏やかな酸味に包まれます。からの、のどを通した後は熟したブドウの柔らかい余韻――。

市野瀬的イチ押しチョコレートは…

贅沢な時間、すなわちワインを楽しむ時間(写真:市野瀬瞳)
贅沢な時間、すなわちワインを楽しむ時間 (写真:市野瀬瞳)

 そのままでも十分楽しめちゃう甘口ワインなので、どんな種類のチョコでも合うと思いますが、市野瀬的には、カカオ含有量が多めのほろ苦いチョコレートがより合うと思います♪ チョコのほのかな苦味とワインの甘味がそれぞれを引き立たせてくれるハズ♪

 特別な気分でいただく「自分チョコ」とともに、今年のバレンタインにはぜひマデイラを! 今までとはチョコっと違う贅沢な時間を過ごしてみてください♡

 ※本文内のワイン価格等は著者購入時のデータとなります。

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」、2023年2月「J.S.A.ワイン検定認定講師」、2023年4月「日本ワインアドバイザー」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」のレギュラー、テレビCM「みどり法務事務所」に出演中。

XInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード
安いお肉が…!「鶏むね肉の酒蒸し」ぱさぱさ回避、しっとりのコツは余熱
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
「ファミマのPB赤」が高級すぎる、ローソンの爆バズりワインより凄い!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-02-28 06:00 フード
うま味爆弾!のりの佃煮バターパスタ。ズボラ飯こそ最強!!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-26 06:00 フード
山形のソウルフード「どんどん焼き」家呑みはせめてお祭り気分で!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...