転院先に…スーパーポジティブ母とスーパードクター現る

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-17 07:04
投稿日:2019-06-04 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

ツナマヨおにぎりが気づかせてくれた

ひとりで頑張りすぎない(写真:iStock)
ひとりで頑張りすぎない (写真:iStock)

【Note.05】

 がん治療を専門にしているC病院への転院が決まり、母に電話をかけることにしました。がんになったこと、救急車に乗ったこと、今日はかかりつけ病院に来ていること、LINEでは報告していました。

「お母さん? いま〇△病院にいるんだけど、ここから病院を代わることになってね。今から転院先のC病院に来てもらえる!?」

 涙声を悟られないように早口で話します。すると、

「もちろん! 今すぐに出るね!!! C病院だね!」

 40歳を越えてまで母に心配をかけたくないとずっと頑張ってきたけれど、言ってみたらあっさりと母が病院に来てくれることになりました。そういえば、コクリコの母はスーパーポジティブなお嬢様だったんだ……我慢しないでもっと早く頼ればよかったなと当時を振り返ります。ですので、もしも今これを読んでくださってる方が、がんに限らず、つらい思いをひとりで抱えているなら、どうかひとりで頑張りすぎず、誰かに頼ることも必要かなと思います。

 さて、かかりつけ病院からタクシーで15分。C病院の受付で母を待ちます。

 かかりつけ病院からは紹介状と細胞診のデータ、MRI、そして、組織診の結果を後日送る旨を記した先生のお手紙を持ってきました。これを書いていただいてる間もずっと看護師さんが私に寄り添ってくれ、「お腹すいてない? 次の病院でも検査が続くはずだから、行くまでに少し食べたら? 今ここで食べてもいいから」と処置室での飲食を特別に許可してくださったので、隣のコンビニでツナマヨおにぎりとお茶を買って食べました。

 いま思うとびっくりですよね。食欲あるんかい、と。

 でも、ここでちょっとご飯を食べたことで元気が出たのも事実です。がんを宣告されてから、食欲がわかないというのも、もちろんありましたが、仕事以外の時間はすべて病気にまつわることを調べていて時間がなく、食事をおろそかにしがちでした。

 闘うためにご飯を食べることも大切です。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...