「超時短な味玉ニラ玉!」即席で味が染みた煮卵風おつまみ卵

コクハク編集部
更新日:2020-06-01 06:00
投稿日:2020-06-01 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の小料理屋「きになる嫁デラックス」の平野アミさんに、時短でカンタンな「超時短な味玉ニラ玉!」のレシピを教えていただきました。

新しいニラ玉のカタチ

合う酒=辛口の冷酒(C)コクハク
合う酒=辛口の冷酒 (C)コクハク

「“五反田ヒルズ”のレジェンド的名店『食堂とだか』に『ウニ・オン・ザ煮卵』という名物料理があるんです。それにあやかろうというわけでもないと思いますが、卵の上に何かをのせるメニューを出す店がヒルズの中に何軒もあって、私だったら、煮卵に何をのせたいかなあと考えて生まれたのがこの料理。新しいニラ玉のカタチです」

 オリーブオイルで炒めたニラに、塩昆布、みりん、牡蠣醤油を加えてまぜ合わせた熱々のソースをゆで卵にかけるだけ。即席で味が染みた煮卵風のおつまみ卵ができるというわけです。独特のコクと濃厚な風味のミルキーなソースが卵にからみ、エロチックなおいしさ。味の決め手は牡蠣のダシが入っためんつゆで、ママが愛用しているのは「アサムラサキ」。

「普通のめんつゆでもOKです。うちの料理の基本はめんつゆで、料理によって何種類かを使い分けています」

 なるほど、濃いめにバシッと決まっためんつゆベースの料理は、お酒によく合います。

「単身赴任の男性客も多いので、料理の作り方をよく聞かれます。お客さま同士で、この間あれを作ってみた、これを作ってみたと話が盛り上がっているのを聞くと、すごくうれしいですね」

 “みんなの嫁でありたい”というアミママの料理が、孤独に戦うサラリーマンの胃袋と心を癒やしてくれているのです。

【材料】

・卵 10個
・ニラ 1束
・塩昆布 1つかみ
・みりん 大さじ2
・牡蠣醤油 大さじ2
・塩 10グラム
・オリーブオイル 50ミリリットル

【レシピ】

1. 卵を常温に戻し、殻に小さな穴を開けるイメージで、パックの上からスプーンなどで軽く卵の上部をたたく。こうすると殻がツルンとむける。
2. 鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩を入れ、再沸騰したら①の卵を入れて7分ゆでる。その間に、ニラを5ミリ幅に切る。
3. フライパンにオリーブオイルと2のニラを入れて火をつけ、軽く炒める。緑色が鮮やかなうちに塩昆布、みりんを加え、みりんのアルコールが飛んだら、牡蠣醤油を加え、まぜて火を止める。
4. 2の卵を引き上げ、氷水につけて粗熱をとり、冷ましてから殻をむく。
5. 卵を半分に切って深めの鉢に並べ、上から3のニラソースをかける。

本日のダンツマ達人…平野アミさん

▽ひらの・あみ
 岡山県出身。美容専門学校の通信課程を修了後、ヘアメークをしながらスナックや居酒屋の手伝いをする。映画の製作や広告代理業を経て、合コンをコンセプトにした料理教室を主宰。2017年6月に「きになる嫁デラックス」を開く。

▽きになる嫁デラックス
 JR五反田駅西口から徒歩2分。おふくろの味ではなく、“嫁の味”をコンセプトに、野菜や薬味がたっぷりのヘルシーなおばんざいが日替わりで楽しめる小料理屋。メニューはなく、何軒目の来店かによって料理を適当に見繕ってくれる。東京都品川区西五反田1―9―3 リバーライトビル地下1階。

(日刊ゲンダイ2019年7月3日付記事を再編集)

フード 新着一覧


手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...